スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.04.13 (Fri)

タマラ・ロホENBへ

みなさんもうご存じと思いますが、
タマラ・ロホがイングリッシュナショナルバレエの
芸術監督兼プリンシパルダンサーになることが
発表されていました。
ロイヤルにも籍を置きながらかなーと
かすかに期待していましたが、
ロイヤルからも正式に発表がありました。
ロイヤルバレエを離れ、ENBへ移ります。
現在予定されている役は全て踊ります。
ということです。

決まっている分は踊りきるというところが
ケガとかではないので、当たり前と言えば当たり前ですが、
ファンにとっては安心できるというものです。
今後のタマラの踊る日はチケット争奪が大変そうですね。

私は、タマラは最近まで食わず嫌いというか
ロイヤルの来日公演でも、見なくてもいいか、という位置づけでした。
が、前々回のロイヤル日本ツアーで、大阪での行われた
ロイヤルガラで、女王に捧げるバレエのクイーンなんとか~と
いうので彼女の踊りを見て、すごく好きになりました。
今まで見なかったことを後悔しました。

前回のマイヤリングは、これはタマラ&アコスタで見なくっちゃ!
ということで、初めて全幕を生で見ました。
出番は少なかったけれど素晴らしかったです。
インタビューを読んでも、すごく頭のいい人で
バレエに対して熱い思いを持ち、いろんな勉強をしている
姿は、本当に素敵だなと、その男前ぶりを
尊敬していました。
実際に会うと、とっても小さくてかわいらしい人で
ファンひとりひとりにとても誠実に接してくれて
何だか全てを兼ね備えた人だとますます惚れ直しました。
なんといっても、あの素晴らしい「足の甲」は
甲がまったくない私には憧れです。

ENBも今はなんだか大変そうですが
彼女の人柄とクレバーさでみんなをまとめてくれるでしょう。
応援したいですね。

そして、夏のバレエフェスで見るのがますます楽しみです。
全幕のドンキは、ポルーニンのお騒がせ発言で
チケットの売れ行きが鈍るかと思われましたが
タマラ見たさに、チケット争奪が大変になるかも?

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:15  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.27 (Mon)

ブライアン・アダムス2012

ブライアンのライブ終了からすでに10日以上たっていますが、
まだ引きずっています。
今回のツアーはブライアンのジャパンツアーで最高のツアーでした。
私は、レックレスツアーから途中2回抜けていますが
他は、毎回大阪のみ参加してきました。
毎回ブライアンのライブは楽しく最高~~、と
思っていましたが、今回は楽しかったーだけではない感動が。

ブライアンの声、歌、バンドの演奏、チームワーク、
ファンの熱い気持ち、ブライアンの日本のファンへの熱い思い、
全てが完璧にかみ合っていて、ものすごいパワーを
生み出したような、まさにこの瞬間にこの場に
いられた幸せを感じたライブでした。
私は、最初と最後の2日間だけでしたが、おそらく4日間を
通じてそれは同じだったと思います。

デビューから30年以上の経験を全て自分の中に昇華し
52歳の今の自分がやりたい音楽はこれだ!と
しっかりした自信と確信に満ちていました。
彼の声は明らかに全盛期と言われた80年代よりも
よく出ていたし、伸びのある、深みのある素敵な声になっていました。
そして、何より歌詞に込めた気持ちを
オーディエンスに伝えようという思いがびんびん伝わってきました。
彼の英語は、日本人にもとてもわかりやすいものですが
それが、CDで聴くよりも、ライブで聴くと一層一語一語がよく聞き取れて
英語がさほどわからない私にもその意味が
全てとは言えませんが、かなり理解できました。
彼がみんなにしっかり伝えようとしていたからでしょう。
いつもは一緒に歌うことがお決まりの「Heaven」でも
彼の歌に引き込まれて、歌うことも忘れて口を開けたまま
うっとりと聞き惚れてしまいました。
こんなことは初めてでした。
それに、今回はブライアンとの距離がすごーっく近く感じました。
物理的に近いこともそうでしたが、それは前回、前々回も
1列目、2列目で見ていたのでそれだけではないはず。
彼がとても自然体でそこにいて、オーディエンス1人1人に
歌いかけてくれ、話しかけてくれているように感じました。
前回まで見えない壁が舞台と客席との間にあったのが
今回は、彼もこちらに下りてきてくれていたような感覚でした。
ブライアンも心地よさそうに見えました。

思えば、前回の来日から7年の間には、彼の日本に対する態度に
正直ショックを受け、もう彼の歌を今までのように楽しむことは
できないかも……。と気持ちが離れた瞬間もありました。
けれど、昨年の震災後、彼がいち早く日本への思いを
Twitterで発言してくれたとき、心からうれしく思いました。
彼の中でも、捕鯨に反対する気持ちと
日本のファンに対する気持ちとは別の問題として考えるべきだと
気付いてくれたのだと想像します。
あのひと言で、またブライアンの音楽を聴こうと思えました。
そして、今年来日してくれるにあたり、すっかりそんな気持ちも忘れ
また、彼のことを大好きになっていました。
そして、大阪での初日、目の前に現れたブライアンは
私たちが好きだったブライアンと何にも変わってないと
思うと、瞬間的に涙が溢れました。
そして、そこからは会場中が18歳に戻って
すごく一体感を感じました。

本当に心地良いライブでした。
招待券で彼をあまり知らないけどとりあえずやってきたという
人も多かったのが今回のライブでしたが、
そんな人たちにも、これがブライアン・アダムスのライブだ!
とファンの私たちも誇らしく思えるライブでした。
そして、そんな人たちに、ファンが温かくて一体感がすごい
と言ってもらえたのもとてもうれしかったです。
今回、武道館最終日の「Do it for You」を聴きながら、
(その日彼のマイクの真っ正面の席だったので
彼は、ずーっと私の目を見つめながらこの歌を歌ってくれました
ほぼ、妄想の世界ですが、私はそう信じています。)
一生あなたについていきます、ブライアン、
と彼に誓った私なのでした。

あー、これでもまだ言い足りないことがたくさん。
気が向いたらまた書くかも……。
コジョカルプロの感想も…。

テーマ : 音楽 - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:09  |  ブライアン・アダムス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.19 (Sun)

ブライアンアダムス武道館その2

ブライアン武道館最終日のサプライズについて
wygでみかちゃんが出てくるのを待つ間に、ベストオブミーツアーでやっていたブルースジャムの
If you wanna be bad ya gatta be goodを演ってくれた。
あの時はブライアンはブルースがブームだったようで、ストーンズのカバーで大好きなリトルレッドルースターもやってくれたっけ?
次のルームサービスのツアーだったかもしれないけど。
ブルースをやるブライアンも渋くてかなり好きだった。これからこっちの方面へ行くのかな?とあの頃は思ってたんだけど、なんとそんな予想も裏切り、バリバリのストレートロックを引っさげての姿で現れるとは、ブライアンほんとにいい意味で私たちを裏切って驚かせてくれます。
そんなことを思い出させてくれた瞬間でした。
前回のルームサービスツアーは会場も大阪は厚生年金とゼップと小さい会場だったし、そのまた前の2000年ベストオブミーツアーも厚生年金で今回のように走り回るスペースもなかったので、今回の走り回る姿はほんとにビックリ。
今回は私は初日とラストだけだったのですが、初日の方がラストより、より走り回ってたような。
しかし、ブライアンそんな走り回って元気になってたのに加えて、今回は歌のうまさが際立ってました。
みんな変わらない歌声という感想が多かったのですが、私は確実に昔よりどんどん歌がうまくなってると思う。
今回はお決まりの大合唱のヘブン、フロムザハートでも、歌うのを忘れ、ついついその歌声に引き込まれて聴き入ってしまった。
だんだん客席の歌うのが小さくなっていったのは、盛り下がったとか知らないとかでなく、皆ほんとに聞き惚れてたのです。あんなにヘブンで歌わずに聴いたのは初めてでした。
ますます、惚れ直してしまった。
23:01  |  ブライアン・アダムス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.19 (Sun)

ブライアン・アダムス武道館最終日

ブライアンアダムス2012ジャパンツアー最終日、武道館公演行って来ました。
ブライアンのライブはレックレスツアーで初めて見てから、ウェイキングアップざネイバーズツアーと、ソーファーソーグッドツアーの二回は出産のため見逃した以外はずっと行っていますが、考えてみると、大阪以外に見に来るのは実は今回が初めてでした。
もちろん武道館で見るのも初めて。
ブライアンは今回武道館で、22回目のショーで、自分にとっても記念のショーだと言ってました。

雪のちらつく中武道館へ会場前では
多くの人がブライアンの横断幕のかかる武道館の写真をとっている。
警備員さんが、写真は歩道からとってくださいと繰り返ししいて、歩道からだと屋根が入らないと思いつつも、
歩道から撮影。
この写真は終演後、向こうの歩道から撮りました。
グッズ売場ソコソコ並んでいましたが、大阪ではレディースTを買ったのですが、ツアー地が書かれてなかったんで、他のでキッズエルサイズのあるのが欲しいなーと思い、列にならび、サイズのチェック。少し大きいなと思ったけど、思い切って買いました。
今回タダ券を配りまくって頑張ってくれたウドーさんへの感謝の印と思って。
会場に入ったのは既に6:30位でしたが、武道館アリーナへの道程は長く、いよいよ客席入口前まで来たら女子トイレの列、並んでおきました。なんとそこのトイレ個室が四つほどしかなく、かなり並んで出て来たら更に列が長くなっていてすぐ並んでよかった。
いよいよ客席内へ、初めての武道館アリーナにドキドキ。
前の方なので延々歩き中央ブロックへ。最初間違えて一列前の席へ入ってしまい、すみませんと言いながらその列から出て後ろの列へ。やっと自分の席へ。隣のやはりお一人様の女性と話しながらドキドキして開演を待つ。
驚いたことに7時には既に客席がほぼ埋まっており、皆の気合を感じ嬉しくなった。これは早く始まりそうと期待してると、10分になるかならないかで、暗転し、もうそっから総立ち、うわーっとパーティー開始。
オープニング曲のとおり、家ごと逮捕の上をいか、会場ごと逮捕の盛り上がりでライブ始まり。
今回のブライアンの衣装黒の長袖Tシャツに暗めのストレートブルージーンズ、やわらかそうなはき心地のよさそうなジーンズで思い切り動き回ります。こういう、ちょっとだらっとした服でもものすごくかっこよくきまってしまう52歳はすごい。
この日は大きなサプライズで、herei amのあと、ブライアンが全員に何やら後ろ向いて指示を出していて、バンドの皆か何って?とか言ってる様子。
これはなんか予定変更してサプライズ曲に違いないと期待が膨らみ、客席が固唾をのんで見守る中なんとサプライズとしても予想外のリメンバーの前奏!
もうこれ聞いた時はえー!すごいすごい!と大興奮で飛び跳ねてしまいました。
前回大阪ではロンリーナイト、クリスマスタイムもやってくれたし、毎回驚かせてくれる。
それに、この日はもう一つリアリーラブドウーマンもしてくれた。
大阪ではこの曲の前奏だけちらっとギターで弾いてて、もしか?と思ったら違う曲でやられた!と思ってたんで、ほんとに聴けて嬉しかった。
その二曲で満足して、大好きなオールアイウォントイズユーとキースのギターがかっこよかったイッツオンリーラブをしなかったことに全く気づかなかった私です。
この二曲外すのはもったいないけど、私は初日思い切り、ブライアンにオールアイウォントイズユー!と何度も言い合えたので、十分堪能したので、オッケー。イッツオンリーラブも目の前でキースがギター弾きまくるの見れたし満足。この曲でもキースのソロの間ブライアンが舞台の端から端へ走り回り、キースとタッチしながら入れ替わるのやったと思うので、
これがなかった分、そのシーンが最終日少なかったなと思ったのはこのせいのよう。
この日は初日よりしゃべりが少ないように思ったけど、少しでも多く曲を聴かせようとしてくれてるんだろうなと感じました。結局曲数は大阪より少なかったものの、そんな印象もなく、大満足でした。
最後に、震災のことにふれ、日本は大変な時に辛抱強く耐えた姿に感服した、のようなことを胸に手を当てながら心をこめて言ってくれた。
退場前は客席からものすごい数の花束を持った女子たちが前方に集まり
、それを一人一人から目を見て丁寧に手を出して構えながら受け取りキャッチするたび客席から拍手、届かなかった分もスタッフから受け取りその相手にきちんと目を見てありがとうと言い、しまいには持ちきれないくらいの花束でブライアンの顔が見えなくなるほど。そして、こんな花束もらって結婚式みたい!って嬉しそうに言って、シーユースーン!と言ってくれた。
ブライアンギターも持ってたのでギター置けばいいのにと思ってたらやっと退場時にギターをスタンドに置こうとするも、花束を落とすまいと苦労してるのを、カメラマンかわ見かねて手伝ってくれた。そして、花束を大事そうに抱えて名残りおしそうに手を降りながら消えていきました。
何度も言うけど今度はほんとに7年も待たせないてね。ブライアン。
ウドーさんもありがとう。次もよろしく。
とりあえずの感想はこんなとこだけど、ブライアンのこと今回で更に惚れ直してしまって、まだまだ語り足りないので、また続きます。
バレエの感想ものちほど。
13:59  |  ブライアン・アダムス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.15 (Wed)

ブライアン小ネタその2

ブライアンの大阪での小ネタ
まだありました。
三曲目ヒアアイアムのとき、
ヒアアイアム~と自分で自分を指差しながら歌ってくれた。
その指差し方がとっても可愛くてツボ。
ブライアンがヒアアイアムと目の前で言ってくれる日を待ち望んでたので、
まさにそれが実現して、胸いっぱい。

フロムザハート演奏前に、初めて日本に来たのが1981年だからえーと…と指で数えながら笑って、31年前か…あり得ない!と笑う。
ほんまにあり得ないようなほんとの話。

補足
前回来日時は、ブライアンの赤のカルバンクラインの見せパンが話題でしたが、
今回は私の見る限りジーンズもきちんとウエストで履いて、見せパンなし。
キースはジーンズ腰ばきだったけど、上の丈長く、見せパン確認できず。
12:12  |  ブライアン・アダムス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | HOME |  NEXT

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。