スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.02.20 (Mon)

ディアウェンディー

今日神戸ではレイトショーというよりも、アフタヌーンショー?というか最もお客が入らないであろう時間帯のみの1回の上映の「ディアウェンディー」を見てきた。
たまたま、見ていた番組であの「リトルダンサー」のジェイミー・ベル君の主演作で銃をテーマにした映画ということで紹介していた。ジェイミー君は学校を卒業してから最近また映画に出演しているが、少し前に出た戦争映画もみのがしていたので、今度こそ見に行こうと思っていた。リトルダンサーでは文句なく素晴らしくて魅力的で子供なのになんて色気のある子だろう、末恐ろしいわーと思って期待していた彼も、来月には20才になるそうだ。学生時代に出演したというテレビ映画「ニコラス・ニックルビー」たまたまケーブルテレビのチャンネルを替えていて、ふっと見るとジェイミー君が出ていたので、「おやっ」と思い途中からだったけど思わず引き込まれた。ジェイミー君ほんとにすごい役者だと思った。目の表情でいろんな感情を語ることができるんですよ。
ということで、大人になったジェイミー君に注目しつつ「ディアウェンディー」ですが。
はっきり言ってずーんと来る映画。ものすごく怖かった。結構笑えたり無邪気で楽しい場面もありつつ、待っているであろう結末(決してハッピーエンドにはならないのははっきりしているし、彼らも薄々予想しているだろう)を考えると怖い。そのギャップがすごくて見事。見終わってから考え込んでしまった。
ジェイミー演ずる主人公ディックのお父さんが炭鉱夫で息子も炭鉱で働かそうとするが息子はそれを拒んだというところから話が始まり、「リトルダンサー」や「ブラス」を思い出した。途中まで、イギリスが舞台だと思っていた。しかし、途中で舞台はアメリカだと気付く。保安官も出てくるものね。簡単に説明すると、炭鉱の町で炭鉱で働かないものは負け犬とみなされている。そんな若者が偶然に銃を手にして、思いがけなく銃の魅力に取り付かれていく。そして、「平和主義的に」銃を持つことで「負け犬」から自信にあふれた男「ダンディー」へと変貌をとげる。自分と同じような負け犬たちを集めてグループを結成し、秘密基地を作り、自分たちのルールを決め、結束を強めていく。そこへ、一人の新しいメンバーが加わり、メンバーたちの関係に微妙な変化が現れ始める。そこから、悲劇へと転がり始める。
考えてみるとこの若者たちの考えはまさに、アメリカの銃社会の根本的な考えそのもの。銃を持つことで自分は強いと感じ、堂々と外を歩くこともできる。決して、人に対して銃を向けることはせず、平和主義的に銃を持つのだから何も悪いことはしていない。自分は自分で守るということで、人に迷惑はかけない。銃で自分が守られるという保証がないとまわりの何も信じられないのだ。そんな風に誰でも銃をもつことを許しておきながら、ひとたび政府や警察などという権力に向って銃をつきつける相手は、なんのためらいもなく撃ち殺しても良い。それがアメリカの「正義」である。これってぞーっとすることだ。でも、アメリカが他国が核兵器を作っていると聞くと、平気で攻撃する。たとえ一般国民が犠牲になろうとそれが正義だと胸をはって堂々と言う。その、アメリカの社会を恐ろしさ、異常さを表している映画だ。アメリカの人々はこの映画を見て一体どう感じるのかと思った。
ジェイミー君、やっぱりすごい。これという、おおげさな演技は決してしない。が、「眼」で様々な感情を表現している。いろんなことを語る眼だなー。他のキャストもそれぞれ個性的ですばらしかった。みんな違った意味での負け犬であるが、とても魅力的な人間。方法は間違っていたがみんな自信をつけて輝き始める。それを活き活きと表現していた。
気分的に明るくなる映画ではないが、たまにはこういうことを考えるために見てもよいんではないかなーという映画でした。
スポンサーサイト

テーマ : 見た映画 - ジャンル : 映画

21:13  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/39-08ff744f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。