スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.02.19 (Sun)

ブライアン・アダムス武道館最終日

ブライアンアダムス2012ジャパンツアー最終日、武道館公演行って来ました。
ブライアンのライブはレックレスツアーで初めて見てから、ウェイキングアップざネイバーズツアーと、ソーファーソーグッドツアーの二回は出産のため見逃した以外はずっと行っていますが、考えてみると、大阪以外に見に来るのは実は今回が初めてでした。
もちろん武道館で見るのも初めて。
ブライアンは今回武道館で、22回目のショーで、自分にとっても記念のショーだと言ってました。

雪のちらつく中武道館へ会場前では
多くの人がブライアンの横断幕のかかる武道館の写真をとっている。
警備員さんが、写真は歩道からとってくださいと繰り返ししいて、歩道からだと屋根が入らないと思いつつも、
歩道から撮影。
この写真は終演後、向こうの歩道から撮りました。
グッズ売場ソコソコ並んでいましたが、大阪ではレディースTを買ったのですが、ツアー地が書かれてなかったんで、他のでキッズエルサイズのあるのが欲しいなーと思い、列にならび、サイズのチェック。少し大きいなと思ったけど、思い切って買いました。
今回タダ券を配りまくって頑張ってくれたウドーさんへの感謝の印と思って。
会場に入ったのは既に6:30位でしたが、武道館アリーナへの道程は長く、いよいよ客席入口前まで来たら女子トイレの列、並んでおきました。なんとそこのトイレ個室が四つほどしかなく、かなり並んで出て来たら更に列が長くなっていてすぐ並んでよかった。
いよいよ客席内へ、初めての武道館アリーナにドキドキ。
前の方なので延々歩き中央ブロックへ。最初間違えて一列前の席へ入ってしまい、すみませんと言いながらその列から出て後ろの列へ。やっと自分の席へ。隣のやはりお一人様の女性と話しながらドキドキして開演を待つ。
驚いたことに7時には既に客席がほぼ埋まっており、皆の気合を感じ嬉しくなった。これは早く始まりそうと期待してると、10分になるかならないかで、暗転し、もうそっから総立ち、うわーっとパーティー開始。
オープニング曲のとおり、家ごと逮捕の上をいか、会場ごと逮捕の盛り上がりでライブ始まり。
今回のブライアンの衣装黒の長袖Tシャツに暗めのストレートブルージーンズ、やわらかそうなはき心地のよさそうなジーンズで思い切り動き回ります。こういう、ちょっとだらっとした服でもものすごくかっこよくきまってしまう52歳はすごい。
この日は大きなサプライズで、herei amのあと、ブライアンが全員に何やら後ろ向いて指示を出していて、バンドの皆か何って?とか言ってる様子。
これはなんか予定変更してサプライズ曲に違いないと期待が膨らみ、客席が固唾をのんで見守る中なんとサプライズとしても予想外のリメンバーの前奏!
もうこれ聞いた時はえー!すごいすごい!と大興奮で飛び跳ねてしまいました。
前回大阪ではロンリーナイト、クリスマスタイムもやってくれたし、毎回驚かせてくれる。
それに、この日はもう一つリアリーラブドウーマンもしてくれた。
大阪ではこの曲の前奏だけちらっとギターで弾いてて、もしか?と思ったら違う曲でやられた!と思ってたんで、ほんとに聴けて嬉しかった。
その二曲で満足して、大好きなオールアイウォントイズユーとキースのギターがかっこよかったイッツオンリーラブをしなかったことに全く気づかなかった私です。
この二曲外すのはもったいないけど、私は初日思い切り、ブライアンにオールアイウォントイズユー!と何度も言い合えたので、十分堪能したので、オッケー。イッツオンリーラブも目の前でキースがギター弾きまくるの見れたし満足。この曲でもキースのソロの間ブライアンが舞台の端から端へ走り回り、キースとタッチしながら入れ替わるのやったと思うので、
これがなかった分、そのシーンが最終日少なかったなと思ったのはこのせいのよう。
この日は初日よりしゃべりが少ないように思ったけど、少しでも多く曲を聴かせようとしてくれてるんだろうなと感じました。結局曲数は大阪より少なかったものの、そんな印象もなく、大満足でした。
最後に、震災のことにふれ、日本は大変な時に辛抱強く耐えた姿に感服した、のようなことを胸に手を当てながら心をこめて言ってくれた。
退場前は客席からものすごい数の花束を持った女子たちが前方に集まり
、それを一人一人から目を見て丁寧に手を出して構えながら受け取りキャッチするたび客席から拍手、届かなかった分もスタッフから受け取りその相手にきちんと目を見てありがとうと言い、しまいには持ちきれないくらいの花束でブライアンの顔が見えなくなるほど。そして、こんな花束もらって結婚式みたい!って嬉しそうに言って、シーユースーン!と言ってくれた。
ブライアンギターも持ってたのでギター置けばいいのにと思ってたらやっと退場時にギターをスタンドに置こうとするも、花束を落とすまいと苦労してるのを、カメラマンかわ見かねて手伝ってくれた。そして、花束を大事そうに抱えて名残りおしそうに手を降りながら消えていきました。
何度も言うけど今度はほんとに7年も待たせないてね。ブライアン。
ウドーさんもありがとう。次もよろしく。
とりあえずの感想はこんなとこだけど、ブライアンのこと今回で更に惚れ直してしまって、まだまだ語り足りないので、また続きます。
バレエの感想ものちほど。
スポンサーサイト
13:59  |  ブライアン・アダムス  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/275-0b407f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。