スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.01.29 (Sun)

ボリショイバレエ「ライモンダ」びわ湖ホール

1/28(土)びわ湖ホール大ホール
17時開演 第1幕 50分 休憩25分 第2幕40分 休憩 25分 第3幕35分 計3時間
ボリショイバレエ マリーヤ・アレクサンドロワのライモンダを見てきました。
踊りの見所満載でみんなキラキラした素晴らしい踊りを見せてくれて
大満足の舞台でした。
みんなスタイルも踊りも美しく、目の保養になり、本当に幸せな気持ちになりました。
特に、マーシャ!!ライモンダはほぼ出ずっぱりで、
ゆっくりな踊りからテンポの速い踊りと
踊りまくらないといけないので、かなりハードだと思うのですが、
最初から最後までめいっぱい踊ってくれて本当にブラヴォー!!でした。
男前イメージのマーシャですが、おっとりお嬢様キャラのライモンダにも
ぴったりの奥ゆかしく、優雅な美しいお嬢様っぷりでした。
最初ピルエットの軸がちょっと斜め気味かな?と感じましたが、
徐々に軸もぴたっと決まり美しい回転、軽やかなジャンプで
観客をうっとりとさせてくれました。

彼女の踊りで素晴らしいと思ったところは、
あの美しい音楽に見事に乗っていて、全ての踊りが途切れることなく
ゆったりスムーズに、流れるように優雅に、しかも早いところはシャープにと
まさに、見事というしかないライモンダでした。
キラキラした輝きも半端無くゴージャス!

ライモンダは、演技とかよりも踊りの美しさが全ての演目で、
テンポが非常にゆっくりだったり、徐々に早くなったり
地味に難しいテクニックの連続だったりで
非常にしんどい役だと思います。
この役でお客を満足させるには、テクニック、体力、音楽性
オーラ、全ての面でパーフェクトなバレリーナでないといけないと
いう私の考えですが、まさにこの日のマーシャは
それら全てを兼ね備えたものだったと思います。
体力が必要だけど、若さだけでは難しいところ
油の乗りきった彼女の踊りはライモンダのお手本と言ってもいいのでは?
ライモンダ全幕をそれほど見たことはないけれど
そう言いたいくらい感動しました。
1幕見ただけで、感動して、はるばる滋賀県まで来て良かった~~
と心から思いました。

ジャン役のルスラン・スクヴォルツォフもまさに「ジャン」というべき
優しくノーブルで落ち着いて美しい踊りっぷりでした。
アブデラマン役のパーヴェル・ドミトリチェンコもすらりとした長身(に見えたけど)
を生かして、ダイナミックで迫力あるアブデラマンで良かったです。
全身全霊でライモンダへの愛?愛というより物欲とか支配欲に
感じられる愛情表現で、人の愛し方がわからない不器用な人なんだなと感じました。
振付のせいでしょうが、あんなに激しいアブデラマンは初めて見ました。
あれは、誰でも引くでしょう。男らしくて魅力的というレベルを
遙かに超えていて、この人のとこへ嫁に行ったら
食い殺されるんではないかと思って恐くなりました。
踊りとしては、手をつかない側転を何度もしていて、ジャンプも高く
パワフルで非常に素敵でしたよ。

たくさんのダンサーがソロやペアで踊り、全然それぞれのダンサーの
見分けがつかないので、誰が良かったとかは言えませんが、
みんな素晴らしかったです。スタイルのいいダンサーが
次から次へと出てきて、交代で踊り、
また、大勢で踊りまくるのを見るのは、夢のように素敵な時間でした。
キャストは追記にて

【More・・・】

ドリス伯爵夫人シビル:エカテリーナ・バリキナ
ライモンダ:マリーヤ・アレクサンドロワ
アンドラーシュ2世:アレクセイ・ロパレーヴィチ
ジャン・ド・ブリエンヌ:ルスラン・スクヴォルツォフ
アブデラフマン:パーヴェル・ドミトリチェンコ
クレマンス(ライモンダの友人):エカテリーナ・シプーリナ
アンリエット(ライモンダの友人):アンナ・ニクーリナ
ベルナール(吟遊詩人):ウラディスラフ・ラントラートフ
ベランジェ(吟遊詩人):デニス・ロトキン
執事:アレクサンドル・ファゼーチェフ
ふたりの騎士:エフゲニー・ゴロヴィン、カリム・アブドーリン
第1ヴァリエーション(夢の場面):チナーラ・アリザーデ
第2ヴァリエーション(夢の場面):ダリーヤ・コフロワ
6人の踊り手:マリーヤ・ヴィノグラードワ、マリーヤ・ジャルコワ
      アンナ・オークネワ、オルガ・マルチェンコワ
      ユリア・グレベンシコーワ、アンジェリーナ・ヴラシネツ
サラセン人の踊り:ユリア・ルンキナ、デニス・メドヴェージェフ
スペイン人の踊り:クリスティーナ・カラセワ、マリーヤ・ジャルコワ
マズルカ:クリスティーナ・カラセワ、アントン・サーヴィチェフ
ハンガリーの踊り:アンナ・レベツカヤ、アレクサンドル・ヴォドペトフ
グラン・パ:マリーヤ・ヴィノグラードワ、ユリヤ・グレベンシコーワ
      オルガ・マルチェンコワ、アンジェリーナ・ヴォロンツォーワ
      ヤニーナ・パリエンコ、スヴェトラーナ・パヴロワ
      カリム・アブドーリン、アルテミー・ベリャコフ
      デニス・ロトキン、ミハイル・クリュチコフ
      バチィール・アナドゥルディーエフ、ミハイル・コーチャン
      マクシム・スーロフ、ディミトリ・ドロホフ
4人の踊り手のヴァリエーション:アルテミー・ベリャコフ、デニス・ロトキン
      カリム・アブドーリン、ミハイル・クリュチコフ
ヴァリエーション:ダリーヤ・コフロワ
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

16:05  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/270-4f87e380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。