スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.01.17 (Tue)

レニングラードバレエ海賊

1/15日曜日午後三時開演
兵庫県立芸術文化ホール
メドゥーラ:イリーナ ペレン
コンラッド:ファルフ ルジマトフ
アリ:ヴィクトル レベデフ
ギュリナーラ:サピーナ ヤパーロワ

2012年もバレエ鑑賞はレニングラードから始まりました。
ルジマトフ版海賊でどんなコンラッドが見られるのか楽しみに行きました。
新年一発目に相応しい、大満足のほんとに楽しい舞台でした。
コンラッドのルジ様は、ジャック スパロウそのままの感じのメイクで、超ワイルドただ、衣装も似ている子分と、顔も肉眼では判別困難。その身体から発するオーラで、判別しました。
最初の場面は、上半身裸で、その身体が、驚くほど、さらに美しく精悍で、
若々しくなっていて、びっくり
踊りのきれもよく、ここ数年見てきた中で最高の状態に見えました。
段々衰えるのは仕方ないと思っていたところに、
このお年になって、まだ上に行けるというのを、軽やかに見せてくれて、
ほんとにオドロキ、感動し、私もまだまだやれるのかなと思わせてくれました。
それに、私にとっては、あんなに男らしいルジ様を見たのは初めてでした。
色っぽい格好良さが、ルジ様のイメージでしたが、このコンラッドは、全く男らしさ全開のルジ様で、また惚れ直しました。
メドーラのペレンも、眩しいほどの美しさで、完璧なメドーラでした。
しかし、この日会場を一番湧かせていたのは、アリを踊ったレベデフ君でした。
全く知らない名前で、何者?と思ったら、何と入団したての超若手ダンサー。
アリと言えばルジマトフというのが、常識のような存在のルジ様の目の前で、新しいアリ~ルジ様によって奴隷から解放され、コンラッドの友人となった、新しいアリ像を軽やかに、
爽やかに、見せてくれました。
なんの気負いもなく、フワリと美しいジャンプをきめまくり、
クルクル超美しく回転し、妖精のようでした。
カーテンコールでも、フワリと爽やかな笑顔でグランジュテで登場し、
そこでも大きな喝采を浴びていました。
これは、この先楽みなダンサーが登場しましたね。
こちらには、サラファーノフがこないので、アリはノーマークでしたが、
思わぬ嬉しいサプライズでした。
余計な場面をカットしたようですが、
生ける花園の場面もあり、見所はうまく残して、短くなり、良い改訂なのでは?
全てにおいて完璧な、楽しい舞台でした。
スポンサーサイト
11:25  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/269-71179946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。