スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.05.20 (Thu)

吉田都さん神戸女学院大学にて講義

今日の神戸新聞地域ニュースこうべプラス面に
吉田都さんの大きな写真つきで記事が載っていました。

5/20朝刊より抜粋
「世界のトップバレリーナ 吉田さん」
「折れない心 大切」神戸女学院大で特別講座

バレエの最高峰、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルとして長年活躍してきた
バレリーナ吉田都さんが17~19日神戸女学院大学
音楽学科舞踊専攻の学生35人に講義を行った。
吉田さんは「世界で戦うためには、何がしたいのかをしっかり考え、
何を言われようが折れない心が大切」と呼び掛けた。
~~(これまでの経歴)
2006年に新設された舞踊専攻の教授から依頼され,今年
4月に同大客員教授に就任。17日からの3日間で
計9時間、バレエの基本動作を中心に指導した。
吉田さんは「基本の大切さを伝えたかった。
基本がしっかりしていないと、積み上げても崩れてしまう。」
といい、「今後はダンサーとしても舞台上で日本の若者に経験を
伝えることができれば」と話した。
秋にも集中講義を実施する予定。4年のNさんは「いつもとは空気が違った。
ただ立っている姿がとてもすてきで、見とれてしまった。」と
興奮気味に語った。

都さんは黒のスーツ(?)にオレンジ色のスカーフを首に巻かれていて
素敵な笑顔で、同大の教授らしき男性と話しているところの
スナップ写真がありました。
とても、充実している明るい良い表情をされていました。
英国でのラストステージを終え、いよいよ、来月東京で
最後のロイヤルバレエ団プリンシパルとしてのラストの舞台、
そして、7月にはバレエの神髄、8月にはスターダンサーズとの舞台と
日本での活躍が続くので、とっても楽しみですね。
残念ながら、スターダンサーズの舞台は見に行けませんが
ロイヤルとバレエの神髄は見に行く予定です。
どうか、この舞台が見に行けますようにと祈る毎日です。
日本の若いダンサーに都さんの舞台を絶対に見てほしいですね。
「基本の大切さ」というのは、何度先生から言われるよりも
都さんの舞台で踊る姿を見ると、身に染みて感じることができ、
基本がしっかりしている素晴らしさ、美しさには
本当に心打たれるものがありますから。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

09:35  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/247-54839dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。