スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.03.08 (Mon)

グルジア国立バレエ「ジゼル」西宮公演

3/7(日)兵庫県立芸術文化センター大ホール
グルジア国立バレエ 「ジゼル」
ジゼル:ニーナ・アナニアシヴィリ
アルブレヒト:アンドレイ・ウヴァーロフ
ハンス:イラクリ・バフターゼ
パドシス:テオーナ・アホバーゼ、ニーノ・マハシヴィリ、ラーナ・ムゲブリシヴィリ
ニーノ・マチアシヴィリ、ワシル・アフメテリ、オタール・ヘラシヴィリ
パドシスのソロ:ヤサウイ・メルガリーエフ
ミルタ:ラリ・カンデラキ

ニーナとウヴァーロフの「ジゼル」はとっても素晴らしかった。
でも、まっさらな気持ちで見てほしいなーと思います。
ジゼルとはこうあるべき!というイメージをほとんどの人は
持っていると思いますが、それと違うからだめ、という
固い考えを捨て去って、心のままにこの舞台を楽しんでほしいなと
心から思います。それほど素晴らしかったです。
今までのジゼルに持っていたイメージを全く変えてしまうような
ふたりの、このバレエ団のオリジナルなジゼルで
見終わった後、晴れやかな気持ちになれた。
アルブレヒトの最後のシーンでの表情がまさに
晴れ晴れとした明るい表情で、この人はこれから本当の幸せを
掴むことができるに違いないと幸せな気持ちになりました。
ジゼルを見てこんな気持ちになろうとは想像したことが
ないことでしたし、それに対して「えー、こんなのジゼルじゃない」
とは、一瞬たりとも思わないで演技してる感は全くなく、
観るものに自然と納得させてくれる説得力を持った
ニーナとウヴァーロフの見事な踊りでした。

【More・・・】

ところどころ、他の版とは違っていて、
アルブレヒトが一緒に登場する相手はお付きの人ではなく
キャスト表によると友人で、
剣とマントを無人の小屋(?)に置くのではなくて
ジゼルの家のお向かいの家に住むおばさんに
これを預かってくれと言うとそんな恐ろしいものは無理
とお金を要求し、お金をもらうとそれなら預かるよとなりました。

ヒラリオンでなくて、森番はハンスで、
彼はよく見る粗野で乱暴な感じではなく
とても、優しげで好青年でした。

パ・ド・シスは
男性2名、女性4名で始まり、途中で男性がまた一人登場し
ソロを踊ります。ソロを踊ったのは、ロミオとジュリエットでも
吟遊詩人を踊った、見た目どう見ても「日本人の男の子」だけど
ヤサウイ・メルガリーエフというお名前なので日本人ではないですね。
ロミオとジュリエットでも高い跳躍でかなり目立っていましたが、
背丈が低いのでテクニカルなキャラクターダンサーという
岩田さんのような路線で育っているのでしょう。
ジャンプがものすごーくふわりと高く軽く飛ぶのが素敵ですが
ちょっと軸が斜めになりやすく、安定感に欠けるのがこれからの
課題ですが、あの軽やかなジャンプときれいなアントルラセは目を奪われます。
あと、着地できれいな5番に入れることをがんばってくれたら
岩田さんのような見事なダンサーにもなれるかもしれません。
もちろん岩田さんのようになるのは、内面が大事なのでそう簡単ではないですが。
パ・ド・シスはかなり長く踊る場面があり、とっても楽しめました。
みんな溌剌として、表情が固い人もいましたが、踊りは
ハードだったにもかかわらず、最後までなかなか見応えのある
もので、みんな真面目に上を目指して努力している姿勢が見えて
とても好感が持てました。
と、言うとなんか踊りがいまいちだったような言い方ですが
プロとして一定のレベル以上のものでした。
中でも、女性のテオーナさんでしょうか?とっても柔らかく
安定感もあり、踊りにためもあり速いテンポでもあわてず
とっても華があり素敵でした。

肝心の主役については、
ウヴァーロフのアルブレヒトとニーナのジゼルは
とっても無邪気に初恋を楽しんでいるという感じで
アルブレヒトがだましているとか弄んでいるとかいう風ではなく
対等な関係での恋愛のようでした。
このことが、このあとの流れに説得力を持たせています。
ニーナはとってもかわいらしくて、それが全く無理を感じさせず
ほんとうに少女そのものでした。
ウヴァーロフも高貴な生まれで友人に対しての態度は
それを思わせますが、基本的に普通の若者で
婚約者がいることと、ジゼルと恋に落ちてふたりでいると幸せなことは
それほど深く考えているわけではなく、そのことがジゼルを裏切っているという
感覚もないので、ジゼルに対しても非常に素直に接することができている感じ。
ハンスによって正体をばらされ、バチルドと対面し
それを見てジゼルが取り乱すところを見て、初めてそのことの意味を知る。
ジゼルはそれほどアルブレヒトに深刻に思い詰めた恋ではなかったのですが
無邪気に恋って素晴らしい!って夢のような幸せ気分でいっぱいだった時に
突然、彼の裏切りを知り、それが幼い彼女の許容範囲を超えていたので
狂乱に至ったのが、全く違和感なく受け止められました。
狂乱した感じもやり過ぎ感はなく、ことさら哀れな感じもなくて
よかったです。

2幕
ミルタかなと思いますが、ブランコみたいなのに乗って
身体を横向けで空中を飛んでいくのがあまり見たことがない感じで
ちょっとびっくりしました。
ウィリたちが3人くらい並んで1つのヴェールを被って舞台はしに登場し
ヴェールがさっと飛んでいき踊り始める。
でも、ジゼルはヴェールを被らず登場するという
逆のパターンでした。
アルブレヒトの登場も遅かったような気がします。

ミルタのラリ・カンデラキは素晴らしかったです。
さすがの安定感で、最後のポーズでかなり長くキープしていたのがよかった。

ニーナはジャンプものはあまり跳ばなかった印象。
跳んで足を打つのもアラベスクとか回転ものにしていた。
体力的なものか苦手なのかわかりませんが、
そこでおたおたの踊りを見せるよりも
自分が美しくできる踊りを見せてくれる方が
よいと思うし、別にその振り付けに変えたからといって
その踊りが劣るとも思わないのでよいと思います。

しかし、ウヴァーロフはジャンプするは廻るは
疲れ知らず、衰え知らずの踊りでした。
ロミオとジュリエットでも驚きましたが
彼のジャンプの高くて美しいこと。
しかもほとんどの場合(昨日はたまに軽くドスンありでしたが)
着地音が無音です。あんなに高く跳んでいるのにです。
アントルラセはものすごく後ろ足もきれいにぴーんと上がるし美しい。
回転も安定していて美しいし、アラベスクのまた美しいこと。
彼のルルベシュスーは非常に高くて、きれいに内ももから5番にしまっているので
頭の先からつまさきまでぴーんと細い1本のラインが
それだけでうっとりする美しさ。床にコンパスの針がささってるみたいです。
変なたとえですが、まさにそのつま先が針のように見えるのです
それと、ブリゼの美しさといったらなかったです。
あの大きな身体で、ほんとに宙からつられているかのように
軽く跳んでつま先までまっすぐ伸びきったラインのまま
上体が少しもぶれることなく、進んでいくのです。
なんか不思議なものを見た気分でした。
その浮遊感というのか、霊によって踊らされているようでした。
この振り付けってそういう踊りなんだよねって改めて思い出しました。
いやー、ほんとに見事でした。ニーナももちろん見事でした。
ニーナのジゼルは霊になっても、冷たい感じはなく
でも、生気はなく、感情があるわけではないけれど
大きな気持ちを感じさせる、なんといっていいかわかりませんが
不思議な存在感、包容力がありました。
鐘が鳴って彼が助かったのがわかった瞬間、
ふっと感情が表れたように思いました。聖母のような表情が浮かんだように感じました。
霊になったジゼルは、アルブレヒトに対してまだ愛情があるという感じではなく
この人は悪くありません。この人には、私の死の責任はないのですから
許してくださいと言いたかった感じがします。
この人との恋は私が選んだので、私も幸せでした。
私の死も不幸な出来事ですが、この人のせいではないので
この人を解放してあげたい、というジゼルに思えました。
助かったアルブレヒトも、そのジゼルの気持ちが通じて
ジゼルとの幸せな恋を思い出にして前を向いて生きていこうと
思えたと思います。ただ、アルブレヒトは本当に人を愛することの意味を
知ることができた。だから、これからは、決して人を傷つけないだろうし
愛のある幸せな人生を歩むことができるだろうと確信できました。
それを感じて、こちらもとても幸せな気持ちになれました。
こんな前向きなジゼルになったのは、やはりニーナの陽性のオーラからくるのでしょうか。
ウヴァーロフも、私は前回のグルジアでのニーナとの
白鳥とドンキと今回の2作品で以外はルンキナとの白鳥しか見たことがないのですが、
ニーナと踊る時の彼はものすごく、若々しく(髪が白いのは気になるが)
喜びにあふれていて、心から彼女と踊ることを楽しんでいる気がして
とっても素敵です。いつまでも、ニーナと踊ってほしいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

13:27  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/242-247a53d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。