スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.10.30 (Fri)

ダンスマガジン12月号に兵士の記事

ダンスマガジン12月号の吉田都さんの連載を毎回楽しみにしているのですが
今月号の記事には「兵士の物語」東京公演を見に行かれたと
いうお話と兵士の公演写真も載っていて感激です。
ちょうど、というか兵士の話題のためか「言葉」について
書かれていました。
アダムやゼナイダの台詞に感心しました、とのこと。
みんなとても発声がクリアで素晴らしかったです、とも。
マシューとは、都さんが95年入団でマシューは96年に退団したので
入れ違いでほとんど面識はなかったのでしょうね。
ゼナイダは妊娠中で、私服ではわかったふくらみが
舞台ではわかりませんでした、と書かれているので
楽屋へ訪ねて久々の再会をされたのでしょう。

他に兵士の記事はカラー写真2ページとレポ1ページで
マシューは最後の悪魔姿でジャンプしている写真と
酒場での4人が揃った写真がのっています。
ジャンプの写真は小さいけれどすごいです。
空中でしっかりいかにも悪魔の恐ろしいポーズ、表情を決めています。
瀬戸秀美さんの見事な一瞬をとらえた一枚です。
最後の1文が素晴らしいです。
「確かにこれは得がたい才能の持ち主たちの集合によって
初めて生まれえた作品なのだろう。
ダンスという枠に拘ることなく、クーパーらの出演する舞台が
今後も日本で観られることを期待したい。」
まさにその通りです。
このキャスト、スタッフでなくては成り立たない舞台でしょう。
こんなに素晴らしい上質の舞台を観られるとは
日本人でよかったとつくづく思います。

あと、ダンスマガジン主催ファンイベントは
ニュースのページにちょこっと載っていました。
マシュー、ゼナイダへのインタビューも欲しかったなー。
次回来日時にはぜひともお願いします。

あと、「首藤康之のいま」という特集がとてもおもしろかったです。
中でも印象に残ったのはベジャール追悼公演でボレロを踊ったときの話。
「ベジャールさんが亡くなったときに空いた大きな穴がゆっくり
一つ一つ埋まっていくのを感じ、これからやるべきことが
見えてきた」と語られています。
本当にこの人は舞台の上で生きている人なんだなーと
強く感動してしまいました。
他にも興味深い話がいっぱいだったので是非本誌でお読みください。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

10:54  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/227-e42fb301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。