スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.05.17 (Sun)

草刈さん公式サイト更新

草刈民代さんの公式サイトにエスプリを終えての
草刈さんの感想、素晴らしい舞台写真の数々が
アップされています。
最近は周防監督の文章ばかりで
草刈さんご自身の言葉は今年初めてだそうです。
とても素直な率直な文章でそのお人柄が感じられます。
この公演の大成功にはしゃぐこともなく
とても冷静に語られていて、そこが大物だと感じました。
まさにその通りと思うことを語っておられます。

一か所草刈さんのブログから引用させていただきます。
「例えば、ダンサーの肉体の凄さに感じ入るときは、理屈よりも、単に「凄い!」ということでしか表現できないところがあるのではないでしょうか。回転やジャンプなどの技術に目を奪われるときもありますし、ダンサーの立ち姿や、ちょっとした仕草に感動することもあります。
ダンサーは演じているのです。どのダンサーも、踊ることを通して、自分の役柄や役目を演じています。」
まさに今回のムッル、コルプの踊りにはこのようなところがありました。
私がダンサーを好きになるきっかけは「立ち姿、ちょっとした仕草」から
ということが、多いように思います。

とにかく、この文章をみなさんに読んでいただきたいです。
この公演を成功させた自分がいかに凄いか!などは
微塵も感じさせないところに感動いたしました。
写真も美しいものばかりで、草刈さんのというより
他のダンサーの美しさを前面に出しておられるように感じます。
アルルの女のムッルのソロ、『ヴァントゥイユの小楽節』(『プルースト 失われた時を求めて』より)タマラ・ロホ/イーゴリ・コルプの写真の美しいこと。
特にコルプの美しい足のラインが堪能できます。
ムッルの白鳥の背中の筋肉の美しいこと!
背中、腕の筋肉標本のようでここにこんな筋肉があるというのが
はっきりわかります。
手を上に上げるときはこの筋肉、横に伸ばすにはこの筋肉を
使います、とわかるのでバレエのレッスンの時に意識することができます。
この背中を脳に記憶させましょう。
他も全て素敵です。終演後の表情もみんなとてもいい笑顔で
楽しい雰囲気で舞台を作り上げていかれたんだということが
伝わってきます。
草刈さんお疲れ様でした。
これからも輝き続けてください。

http://www.suoz.com/feature.html
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

11:20  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/207-0c22e634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。