スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.02.13 (Fri)

ポアントの水やり

先日から書いていたポアントのことですが、購入したチャコットの
ベロネーゼⅡなんとか履きこなせないかと思い水やりに挑戦しました。
前のかがった糸を切ったら結構履けたのですが
あとは、サイドの土踏まず部分、かかと、履き口、つまりはつま先のボックス以外なんですが
かぱかぱしています。
よく考えるとつまさき部分しかフィットしていないということ。
選ぶ時につま先の形のみにこだわって選んだらこういうことに…(涙)
ということで、大きいものを縮めるには水やりをすればいいということなので
水やりに挑戦しました。
霧吹きでボックスの固い所以外全部水がぽたぽた垂れるまで
水をかけて、足を入れてドライヤーで乾かしました。
濡れているのでそこに足を入れると足にぴたっとついてきました。
すると、かかとや土踏まずにかなりのしわというか線が折り目のように入っています。
この部分が余っている部分。かなり余っています。
ある程度ドライヤーをかけてあとは吊るして乾かしておきました。
5日ほどたってから履いて見ました。
哀しいことにやはりぶかぶかのままでした。
ほとんど生地が縮んでいません。
チャコットさんは履きこんでも汗で生地が伸びたり縮んだりしないようにと
研究を重ねてよい品質のものを作ってらっしゃるとテレビで拝見しました。
なので、水やりをしても縮まないのでしょう。
さすがのチャコット製品です。
でも、私にとっては最後の望みを断たれました。
サイド、かかとがぶかぶかしているとポアントに立つときに
足にシューズが吸い付いてくれず、ものすごく疲れます。
諦めきれず、再チャレンジとこの前のポアントレッスンで履いてみました。
バーでのエシャッペ、センターでタンジュ、パドブレ、までは
大丈夫じゃない?と言う感じでしたが
センターのエシャッペをしてみて、やっぱりダメ!
諦めてギャンバに履き替えると、やっぱりこれ!!
しっくりきました。無駄なあがきはやめてこのシューズにかけよう。
といいつつ、あとレペットも試してみたい私です。
スポンサーサイト

テーマ : 大人からのバレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:07  |  バレエレッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/190-7edfb148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。