スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.11.26 (Wed)

ボリショイバレエ「明るい小川」滋賀公演

ボリショイバレエ団
「明るい小川」滋賀県立芸術劇場びわこホール
2008年11月24日(月・祝)14:00開演 1幕40分 休憩25分 2幕45分 15:50終演予定

キャスト
ジーナ:エカテリーナ・クリサノワ
ピョートル:アンドレイ・メルクーリエフ
バレリーナ:マリーヤ・アレクサンドロワ
バレエダンサー:セルゲイ・フィーリン
アコーディオン奏者:岩田守弘
女学生(ガーリャ):クセーニヤ・プチェルキナ

ボリショイの今回のツアーは地方からで明るい小川はこの日が日本初日。
とってもカラフルで楽しい舞台でした。
ダンサーの皆さんもとっても楽しんでノリノリの演技を見せてくれて大満足でした。

やはりこの舞台での見物は、フィーリンのポワント&ロマンティックチュチュ姿でしょう。
最高におもしろくて、大いに笑わせてくれました。
チュチュ姿のフィーリンが舞台にいる間中、ちょっとした動作、立ってるだけでも
とにかくおかしくて、ずっとくすくす笑いがおさまりませんでした。
男性ダンサーとしてはそんなにマッチョでもないフィーリンだと思いますが
首から肩のラインがものすごくたくましくてごついのです。
最初にチュチュを着ての登場はラ・シルフィードのように
両手を斜め上に挙げた状態で軽やかに舞台を横切っていくシーン。
これだけで爆笑です。バレリーナの特徴をうまーくとらえて微妙に大げさにして
まじめくさった顔でポーズをとるだけでとにかくおかしい。

マリーヤの男装姿もとってもかわいくてユーモアたっぷりでした。
1幕でフィーリンが踊った、男性ダンサーの振りも踊るのですが、すごくかっこよくて
フィーリンにも負けていないテクニックを見せてくれました。

他のキャストもとにかくクセのある人物ばかり出てくるのですが
皆さんユーモアたっぷりで楽しんで演じていて、笑わせてくれました。
特にアコーデオン奏者役の岩田さんはこの日が初役だったそうですが
大げさにかっこつけて若い女学生を誘う仕草と、犬に吠えられての
びびりっぷりがおかしかったです。
この日の舞台にはテレビカメラが2台入っており、貼紙によると
NHK12/9放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」の岩田さんの回に
使う用の映像を撮っていたようです。
多分この日の映像がちょっとでも見られそうで楽しみです。

ジーナ役のクリワノワもものすごくテクニックがあるダンサーだと思いました。
この演目では普通のクラシックのテクニックを普通に踊るシーンはあまりなく
とにかく早いテンポの音楽に細かいステップやジャンプをたくさん埋め込まなくては
ならないので、相当なテクニックがないと見ていられないものになりそうです。
マリーヤと一緒に同じ振りを踊るシーンもあるのですが全く見劣りはしません。
とても、気持ちのいい踊りをするダンサーです。
「ピルエットの体の引きあがり方はものすごく美しくて
まさに上に上に伸びるつもりで回る」お手本のようなピルエットでした。

フィーリンとマリーヤも普通の踊りのシーンは少ないのですが
1幕ではフィーリンの代名詞とも言えるジャンプでの美しい足さばきも
ちょっとですが見られました。
マリーヤは1幕のコーカサス人とクバン人の男性達の競い合うようなダイナミックな踊りの
最後に激しいリズムに誘われたバレリーナが出て行って
高速グランジュッテで舞台を横切るそのグランジュテはものすごかったです。
すごく早いリズムでそれに少しも遅れずにきびきびとした、
まさにその足で空中を切り裂くかのような動きでした。

派手で豪快な群舞あり、笑いあり、様々なキャラクターありと
細かい所や、テクニックがどうだとか気にしないでとにかく楽しんで見る作品でした。
とにかく楽しむことに徹底できたのはみんなのテクニックが素晴らしいからなのでしょうが。
色々な登場人物がいて主役以外の人物も絡み合ってくるので
特に2幕はプログラムのストーリーを読んでおくとわかりやすく
より楽しめると思います。

ボリショイ公演は大阪の白鳥とドンキはほぼ完売なのですが
この日の舞台は狭い会場なのに客席がかなり空席が目立つ状態で
寂しかったのですが、反応は上々で拍手の音もすごく大きくて(笑い声も)
カーテンコールも大いに盛り上がり主役陣は何度もカーテン前に登場してくれました。
フィーリンはピョートル役のメルクリーエフと色々小芝居をしてくれました。
最初はカーテン前で挨拶をして先に引っ込もうとするメルクリーエフの胸に
こぶしをつきつけてさえぎり、火花ばちばちかと思ったらにっこりと和解して
がっちりと握手をして仲良く退場。
次は、引っ込もうとするメルクリーエフの前に立ちはだかろうとするフィーリンを
メルクリーエフはさっとよけて逃げさる、などして最後までサービス満点。
マリーヤもフィーリンと踊るのは残り少ないので思い切り楽しもうという気持ちが
表れていて、最初の舞台上での全員のカーテンコールで、フィーリンの頬にキスしたように
見えました。耳元で何かささやいたのかもしれませんが、ニコニコでフィーリンを見つめてました。
カーテン前にに出ての挨拶では、フィーリンに飛びついてチュッと頬にキス。
とってもかわいかったです。
それから、フィーリンが恭しくひざまづいてマリーヤの両手にキスをして、
マリーヤはそのフィーリンの後頭部にキスをするというとっても微笑ましい二人でした。
二人のパートナーとしての信頼関係が垣間見えました。
このペアがもう見られないなんて残念です。
フィーリンもマリーヤも中々関西に来てくれなくて、今回が二人とも生で見るのは
初めてでした。フィーリンはやはりまだまだ現役として踊って欲しいとつくづく思いました。
フィーリンは最後まで舞台上で客席にありがとうと言ってくれているようでした。
こちらこそ、この舞台まで踊ることを決めてくれてありがとうと言いたいです。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

19:07  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★No title

はじめまして。
「明るい小川」とてもよかったですね!!
あの楽しかったカーテンコールの様子まで詳しくレポートしていただいてありがとうございます^^
フィーリンは最後までサービス精神たっぷりで、ありがとう気持ちでいっぱいでした。マーシャとのコンビが見納めなのはさびしいです・・。
雪乃 |  2008年11月27日(木) 08:26 | URL 【コメント編集】

★No title

雪乃さまはじめまして。コメントありがとうございました。
雪乃さまのブログも拝見いたしました。
私の書ききれなかった所も細かく書かれていて、そうそう!と思いながら読ませていただきました。雪乃さまもバレエをされているのですね。まだ丸三年の私とはレベルが違うとは思いますが…。これからも読ませていただきますね。
きょん |  2008年11月28日(金) 10:39 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/175-797af868
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。