スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.07.14 (Mon)

ブラボーロイヤル!!

今回ロイヤルバレエジャパンツアー私の最終日終えて神戸まで
帰ってまいりました。
最高に楽しんできました。シルヴィア3回、ガラ2回、眠り3回と
シルヴィア、眠りは主役はそれぞれ全て違うキャストで見ることが出来て
それぞれ違った個性でとっても素晴らしかったです。
ガラも、素晴らしく、オマージュ トゥ クイーンもとっても
主役カップルが4組見られてそれぞれ違った趣の踊りでものすごく贅沢で
美しい演目でした。
これで、今回来日メンバーほとんどの舞台を一応見ることができました。
疲れてるはずなのに、興奮がさめなくて眠れないので一言感想だけ。
今回の眠りの私の中での勝手なベスト1集。
まだ終わってないのに…。

ベスト オーロラは7/11ソワレのロベルタ・マルケス。
オーロラ姫のキャラに一番はまっていた。
バランスも完璧でかわいらしくて、若さではちきれんばかり。
とにかく輝いてました。

ベストフロリモント王子は、イヴァン・プトロフ(サモ様ごめんなさい)
とにかく甘い、御伽噺の王子様そのもの。ポーズ、身のこなしがいちいち美しすぎる。
踊りもほぼ完璧。ジュテアントルラセが絶品。涙ものの美しさ。

ベストリラの精は文句なしだんとつのマリアネラ・ヌニュス!!
これは他のリラの精を全く寄せ付けない素晴らしさ。絶品!!
リラの精の美しさ、貫禄、オーラにプロローグで密かに涙してしまいました。
それくらい素晴らしかったです。(ちなみに彼女のオーロラは見ていないのでオーロラ部門では
候補に入っていないのであしからず)

ベストフロリナ王女はサラ・ラム。
とにかくほんとに鳥の様に軽い。
青い鳥は私は蔵健太さん2回と、佐々木陽平さんしか見ていませんが
どちらも良かったと思います。
フロレスタンは7/12(土)マチネのダンサー。
キャスト表にはベネット・ガートサイドとなっていますが、
会場には変更と出ていたと思います。メモはしていないので不明。
でも、素晴らしかったです。グランジュテがアメージング!!でしびれました。

ベストパートナー賞はコボーとマルケスです。
急ごしらえのカップリングだったと思いますが
すんばらしいパートナーリング、というかコボーのサポートがすばらしいのでしょう。
グランパのフィッシュダイブ連発がものすごかったです。
危ないっ!とどきどきするほど、瞬間でかかえてマルケスはまっさかさま。
それも全てぴたっと完璧に決まってました。
グランパドドゥが終わった瞬間、コボーは思わずマルケスの手を自分の唇に
引き寄せてチュッとキスしました。よくやったぞ!!という感じで。
それほど、全てが完璧に決まったグランパドドゥでした。
鳥肌ものでした。

敢闘賞は小林ひかるさん。
本日マチネでは魔法の庭の精とフロレスタンと姉妹達にキャスティングされていましたが
ローレン・カスバートソンに変更になってました。
が、私が見たこれまで全ての回(ガラも含めて)ひかるさんは大きな役で出て、
それぞれ、素晴らしい輝きを放ってました。本当に素敵でした。お疲れ様。

そして審査員特別賞はヴァチェスラフ・サモドゥーロフさま。
今回、念願だった初生サモ様を見ることが出来ました。
オリオンと、王子という両極端な役を演じどちらも素晴らしく美しく踊ってくれました。
今回のロイヤルの締めとしてスラーヴァの王子を見ることが出来て感激です。
私の大好きなジュテアントルラセは見せてくれませんでしたが
全ての仕草が美しくクラシックバレエしています。
歩く時さえ音楽にぴたっと合わせていました。
一番のツボは、何度も見せたポーズ5番シュスーでアンウォーのきめポーズ。
それと、クペ、ルティレ。美しいつま先でぴたっと決めます。
軸足プリエで片足クペアンウォーで目線はななめ下のポーズがこの上なくノーブルで美しい。
このポーズがあればジャンプが少々重くても許せます。
アラベスクも美しかったです。
彼のフィッシュダイブ4連発はやはり、優しかったです。
無理矢理かかえないでゆっくりとどうぞという感じ。
カーテンコールではサラの手に、首を傾けて自分の唇をもって行くようにして
優しくキスしてました。
ほんとうに優しい王子です。
細かい点は抜きにして、贔屓目たっぷりでとにかくうっとりさせてくれた王子でした。
とりあえず、本日はここまで。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

01:38  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

★No title

こんばんは!

東京への遠征ご苦労様でした。 楽しまれたようですね。
私ももう少し見たかったです。羨ましい。
ヌニェスが幸せオーラで輝いていましたよね。
ローレン・カスバートソンがパンフレットの写真と違ってとても優雅で、どこかヤノウスキー似のやわらかい笑顔で印象的でした。
大阪でしか見られなかったダンサーがいましたね。
少々小粒になったロイヤルという風評ですが、それぞれのダンサーが個性的でおもしろかったです。
gromit |  2008年07月15日(火) 22:31 | URL 【コメント編集】

★満足しました

gromitさま
本当にどのキャストもそれぞれ個性があり見ごたえがありました。
今までのような圧倒的なスターと言われる存在がいない今回でしたが、みんなこれからどんな風に成長するか楽しみでもありますね。
エドワード・ワトソンは結局東京では出演なしだったのでしょうか。日曜の帰り駅から会場入りする彼を見かけましたが。
きょん |  2008年07月16日(水) 22:58 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/165-0d9e426c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。