スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.04.10 (Thu)

アンディオールするには?

1日あきましたが、前回の続きです。
床に寝転んでストレッチする時は、腰から背中を床から浮かないようにします。
その状態で片足を90度に上げて横に開くとほぼ真横まで開けます。
かなりアンディオールができているということです。
でも、立って同じことをすると、そこまで開けません。
立った時に変るのは腰から背中に湾曲ができることです。
人間の背骨から腰骨は湾曲しているものなんで
普通に立っていたら寝転んだ時のように真っ直ぐにはなりません。
バレエの時には背中をまっすぐにするということは常に言われることなんで
そのことには注意していましたが、自分で思っていた背中を真っ直ぐ立てていた場所、
軸と思っていたラインは正しい位置ではなかったと教えられました。
腰の中心を前にイメージしていて、背中から肩はお尻の真っ直ぐ上の位置という
イメージで体の軸を真っ直ぐと思っていたようで、それだと背中はそっくり返り、
横隔膜は開いた状態になります。
腰骨の一番下にある仙骨を真っすぐに立ててその上に腰椎、背骨を乗っけていくと
そこが本当の真っ直ぐの背中になり、寝転んだ時と同じ状態になります。
そうすると、背中に力を入れる必要が無く上半身も楽になります。
その状態でお尻にも力を入れないで股関節から膝のお皿を外に開くことを
常に意識することが大切ですと言われました。
2番でその背中まっすぐのまま膝を外に向けながらプリエを繰り返します。
上に戻る時に背中の位置を変えないで、膝も外向けたまま戻ってくることに気をつけながら。
でも、だんだんお尻が後ろに突き出してきてお腹が伸びた状態になってきます。
普段のレッスンでも同じことなんだと思いました。
最初立ってプレパレーションのときは背中真っ直ぐお腹引き上げてたっていても
だんだんお尻が出てきて、背骨が真っ直ぐでなくなってきて、
開いた股関節がどんどん内向きになってくるということみたいです。
とにかく、この意識を忘れずにレッスンして下さいと言われ、
そのつもりでレッスンしましたが、複雑な組み合わせや早い動きになると
全くできなくなって、またお腹のびのびの横隔膜開きっぱなし状態でした。
難しいですが、あきらめずに気長にやっていこうと思います。
なんか、最近これ以上の上達があるのかと不安になってきつつあったので
これができるようになれば、もっと楽に踊れると期待が持ててきました。
ポワントを履く上では絶対アンディオールが必要なんで
これに気をつけていけば、4ヶ月ほどでちょっとでも上へ行けると希望を持って頑張ろうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 大人からのバレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

10:38  |  バレエレッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/154-4b09e6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。