スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.12.31 (Mon)

今年もありがとうございました

2007年も終わりです。思い返してみれば私のバレエ人生で言えば大きな変化を迎えた年でした。昨年の今頃は地道にひたすら同じレッスンをくり返してまだまだ体作り基礎作りと思っていました。それに満足していて難しいアンシェヌマンなど私にはまだまだ踊ることはできないのだと思っていました。それでも、ポワントはそろそろお許しが出て履けるのかなーと期待が出てきていたという年末の状況でした。
それが、年明けからあこがれの慕っていた先生が突然いなくなり、ポワントも買ったもののそのクラスでは履けないと言われ、どん底に陥った気分になりました。熱が上がってきていたバレエのレッスンをこれまでのテンションで続けることができるのかと不安になっていた春。そこから新しく素晴らしい教室を見つけ通い始めたら、大好きだった先生と再会できその先生の新しいスタジオでもレッスンを受けることになりました。結局どちらの教室も絶対続けたいという気持ちで流れから週2回のレッスンに突入。第1の先生の教室ではポワントも月2回少しずつ練習を始めることができ、最近ではやっとセンターでアラベスクもすこーし立てるようになりました。そして、初めて人前で踊る機会にめぐまれ1曲を踊るという経験もできました。第2の教室ではどんどん難しいアンシェヌマンも覚えて新しいパもどんどん増え、グランワルツを気持ち良く踊れるくらいになれました。ドンベ、パドブレグリッサード、グランパデシャ、アラベスクシャセアントルラセ、シュスー、トンベ、パドブレ、グリッサード、パデシャが一応はできるようになっています。今年最後のレッスンでは、先生の「最後は気持ち良く楽しく踊って終わりましょう」という一言に間違えるとかを気にせずのびのびと踊ろう!ということだけを考えて踊ったら初めてあー気持ちいいと思いながら踊ることができました。グランパデシャでは跳んだ後自分であれっと思うほど空中で間がありました。いつも飛んだと思ったらすぐ下に落ちていたのですがあれっまだ空中にいる?と不思議な感覚でした。ちょっと感動しました。レッスンが終わり帰る時に先生に今年一年ありがとうございました、と挨拶したら、「最後のすごく良かったですよ」と言っていただけて超嬉しかったです。自分でもちょっと気持ちよかったです。と御礼を言いました。先生に「あそこまでできるようになっていただけてありがたいです」とのお言葉をいただいて感激してしまいました。こちらこそありがたいのに、なんて素敵な先生なんでしょう。こちらの先生にも一生ついていきたいと思いました。この先生のご主人も素敵な楽しい先生で、こんなに素晴らしい先生方3人に指導してもらえるなんてなんて幸せなんでしょうと改めて感じた年末でした。
来年は、初めて発表会という舞台に立つ予定で、しかもポワントでというバレエを始めたころは夢にさえ思えなかった遠い世界のことを実現できそうです。体を大切にして益々がんばりたいです。
今年も私のとりとめもないブログを読んでいただいてありがとうございました。来年もお付き合いいただけると嬉しいです。
皆さん良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

テーマ : 大人からのバレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:32  |  日々のできごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/147-ec49c857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。