スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.07.31 (Tue)

ルグリと輝ける仲間たち 大阪公演

2007年7月30日(月)大阪フェスティバルホール
第1部 18:30~19:15
「タランテラ」メラニー・ユレル、アクセル・イボ
「白鳥の湖」(黒鳥のパ・ドトロワ)ローラ・エッケ、オドリック・ベザール(王子)、ステファン・ビュヨン(ロットバルト)
「小さな死」ミュリエル・ズスペルギー、マニュエル・ルグリ
「ドニセッティーパ・ド・ドゥ」(ルグリ振付 初演)ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ

休憩15分

第2部 19:30~19:55
「ビフォア・ナイトフォール」
第1パ・ド・ドゥ ミュリエル・ズスペルギー、マチアス・エイマン
第2パ・ド・ドゥ エレオノーラ・アバニャート、ステファン・ビュヨン
第3パ・ド・ドゥ ドロテ・ジルベール、オドリック・ベザール
3組のカップル マチルド・フルステー、ローラ・エッケ、シャルリーヌ・ジザンダネ、アクセル・イボ、グレゴリー・ドミュニャック、マルク・モロー

休憩 15分

第3部 20:10~21:00
「ドリーブ組曲」ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン
「アベルはかつて」グレゴリー・ドミニャック、ステファン・ビュヨン
「ジュエルズ」よりダイヤモンド アニエス・ルテステュ、ジョゼ・マルティネス
「オネーギン」モニク・ルディエール、マニュエル・ルグリ

会場に入った所に掲示と配られたキャスト表の裏にオレリー・デュポンからの自筆メッセージのコピーと日本語訳がありました。結構長い文面でこの公演に参加できなかった無念さが伝わってきました。ルグリさんの最後のグループ公演ということでやはりかなり残念な思いがあったことでしょう。
でも、それに引き換え日本に来てからリハーサル中に怪我をして急遽降板となったヤン・サイズですが、大阪公演でも「アベルはかつて」にステファン・ビュヨンとともに出演と発表されていました。NBSのサイトに怪我のため~という発表があっても大阪の主催者読売テレビサイトには何も発表がなく当日のキャスト表で発表ということかなーと思っていましたが、なんとキャスト表にもヤン・サイズのことをなーんにも触れられておらず、何事もなかったかのように普通にキャスト表にグレゴリーの名前が載っていました。ちょっとこれはあんまりな扱いでは?実は姉もお気に入りだったので、私も楽しみにしていたのです。前も怪我のため降板になっていたので今度こそと思っていました。ヤン・サイズが出ようが出まいが誰も気付いてないだろうということでしょうか?それって主催者の読売テレビさん、観客の気持ちを無視した扱いではないですか?どんなダンサーにも彼を楽しみにしているファンがいるのだと心に留めておいてほしいものです。

【More・・・】

「タランテラ」バランシン振付
初めて見ましたがとってもいきのいいスピード感溢れる作品。ユーモラスな所もあり幕開けにふさわしい楽しいものでした。若手が踊るのにぴったりでルグリのバレエレッスンでしごかれてちょっとかわいそうな感じだったアクセル君がのびのびと生き生きと踊っていて好感が持てる出来でした。昇進も果たし自信と実力もつけたようです。

「白鳥の湖」もちろんヌレエフ版
パリオペラ座版初めて見ました。
このシーンは普通パドドゥなのがパドトロワでロットバルトがずっとからんでて、ロットバルトのソロもあり中々新鮮でした。
最近考えたら、私はガラ公演を見ることが多くどの公演でも必ずあります。(発表会を含めて)これって派手で見ごたえがあり、盛り上がりやすいのですが、本当にすごーいと思えるのって中々ないですね。若手が集まるガラ公演で見ているせいなので、仕方ないのですがそれだけに難しいんだろうなーと思ってしまいました。
これを見て、改めて前日のニーナとウヴァーロフの素晴らしさが改めてわかりました。彼らと比べるのはどちらにとっても失礼な話しかもしれませんが、あの域まで到達するのはそう簡単なことではないでしょう。でも、彼らにもこのような時期があったのだろうなと思うと感慨深いものがあります。
「小さな死」キリアン振付
お待ちかね本日の主役ルグリ先生登場。
相手役のズスペルギーというダンサーさんはパリオペにあまり詳しくない私は名前を聞いたことがない方でしたが、とっても素晴らしかったです。ルグリさんとの息もぴったりで流れるような動きでうっとりと魅せられました。衣装のせいか、体が割りとがっしりと見えてなんだか親近感が湧きました。(実際は私のほうがかなり太いでしょうが)ルグリさんはさすがの存在感とエレガントさでした。しっとりと胸にしみいる作品でした。
「ドニセッティーパ・ド・ドゥ」
初のルグリさん振付作品(ですよね?)しかも世界初演ということでどんなものかとちょっとドキドキ。
バリバリのクラシックの振付でしかも超絶技巧を見せるというもので衣装も斬新。ルグリさん曰く「この最高にブリリアントな音楽はクラシックの手法を用いた超絶技巧を持つ二人の踊り手によるパドドゥのためのものです」まさにそのとおりの作品でした。
ドロテもマチューも見事にルグリ先生の期待に応えていました。このようなガラ公演に持って来いの作品です。かなりの実力がないと見るほうがちょっとつらいとは思いますが、これからパリオペラ座で踊っていってほしいですね。楽しめます。衣装がちょっと微妙でしたが。美しい二人なのでかっこいいーと思いましたが、マチューの衣装は赤系の仮面ライダーみたいで何とか戦隊っていう感じにも見えないでもなかったです。ドロテのは同じ色調で赤と黒を基調としたクラシックチュチュで黒の足首までのタイツ。こちらの方はドロテに良く似合っていてありかな?という感じ。
色々と超絶技巧があった中意外にあまり見たことがなかった技は、ドロテの連続ダブルのピルエットで途中で軸足を変えてまた元の軸足になって回るというもの。これって私のような素人からすると体重移動が苦手なのでしっかり体重移動できないと無理。しかもプレパラシオンをしっかりできるほどのタイミングでなく、同じ軸足で回り続けるのと同じタイミングなんです。でも、彼女はとっても自然にこなしてました。そんなに難しくないことなんでしょうか?マチューも回転もジャンプもやわらかく、とってもきれいにプリエで着地。スートニュターンもルグリ先生がレッスンで口をすっぱくして若手に注意していたしっかり5番に入れてからターンっていうのをお手本どおりとてもきれいにできてました。やはり美しいです。パリのエレガンスさ、ルグリさんの胸のラインの美しさをしっかり受け継ぎつつも、マチューには何かもっと彼独特の華があります。素のマチューは見たことがありましたが、ずっと見たいと思っていた舞台での彼をやっと見ることができたので、期待が大きかったのですが、期待を裏切らない踊りでした。
実は舞台の前日、ニーナの白鳥の舞台を見終わって会場を出たところ偶然お出かけするところのマチュー、アクセル、ミリアム他のご一行に出会うことができ、2004年偶然品川駅から同じ新幹線で大阪まで移動した時に続いてオフのマチュー遭遇となりました。何だかマチューとは縁があるのかしら?シーユートゥモローと声をかけると「シーユートゥモローベイビー」と答えれくれて手を振りながら大阪の街に消えていきました。「ベイビー」って「あんたはミッチーか」と突っ込みつつ見送りました。別に私だけでなく他にも数人のファンが取り囲んでの話ですが。
そんなこぼれ話をはさみつつ舞台の続きは、また明日以降に。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:40  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/127-936c437b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。