スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.05.19 (Sat)

バレエに関するニュース色々

このところバレエに関する大きいニュースがあって悲喜こもごもです。
嬉しいニュースは、ルジマトフがレニングラード国立バレエの芸術監督に就任ということ。ほとんどレニングラードと一緒に行動を共にしている感のあったルジマトフですが、やはり今まではあくまでもゲストという印象もありました。でも、これほど永く一緒に踊ってきてこちらのダンサーたちとの信頼関係もかなり強くなっているだろうし、必要とされているのは確かだと思います。彼から多くのことを今までも学んでいるでしょうが、もっと学びたいという気持ちもあったのだろうと思われます。こういう立場になればお互いに堂々と教え教えられるということでしょう。喜ばしいことなのでしょうが、自分の踊りに集中していてほしいというのもファンとしてはちょっぴりあります。まだまだ引退ということではないようですが、どうしても自分だけに集中してはいられない状況にもなるでしょう。複雑な気持ちではありますが、ルジ様が常々語っているように、立ち止まっていることは意味がないので先へ進むことの一つなのだと思い、見守って行きたいと思っています。つくづくいつも驚かせてくれる方です。
もうひとつは、熊川哲也氏が右ひざ十字靭帯損傷で「海賊」降板のニュース。これにも驚きました。彼の怪我というのはあまり聞いた記憶がなかったし、舞台上での怪我というのでちょっとショッキングでした。今日又ネットで見たら記者会見の様子がYahoo芸能会見で動画配信されていました。やはり、熊川氏は大物ですね。他のダンサーが怪我しても動画配信までされないでしょう。会見を見ましたが、ご本人もかなりショックのご様子。落ち着いて語ってはいるもののいつものザ・ディレクターのオーラが影を潜めて見えました。やはり、こんな大きな怪我は初めてだそうです。自身の大好きなアリを踊れないのは悔しいと本音を語っていました。若手にチャンスになると言いながらも、自分以外他の誰にも踊って欲しくないと、本心を語る彼の姿に初めて人間としての熊川哲也を見たような気がしてちょっと感動しました。不便なことは?と聞かれ踊ることが自然なので踊れないことが不自然だとも。踊ることが好きなので踊れないのはつらいとも語っていました。その気持ちよーくわかります。私のようなつい2年前に始めたような素人ダンサーでもちょっと足を痛めて一週間レッスンできないだけでもとてもつらい気持ちです。レッスンしたくてたまらなくなります。ましてや彼のように物心ついた時から常に踊っている人にとっては、踊れないことがどれほどつらいことか想像しただけでもたまらない気持ちになります。私も最近足を続けて痛めたりしているので怪我に対して恐怖心を持っているので人事とは思えなくて…。本当は踊る時間と同じ時間メンテナンスにかけるのが理想だと整体のトレーナーさんに先週言われこれを肝に銘じて行きたいと思っています。
熊川氏も今回のことで自身色々考えることもあるでしょうし、今までと違ったことも感じることもあるでしょう。復帰した彼の踊りを楽しみにしていたいと思っています。焦らずじっくり治して下さいね。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

20:48  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/115-7c2918b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。