スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.05.08 (Tue)

バレエ整体行ってきました

先週はふくらはぎを痛めてちょっとへこみぎみでしたが、すぐに痛みもとれました。歩いたり走ったりは平気でできました。それで、よく考えてみると痛いのはふくらはぎというより、足首の筋のようでした。ルルベしたら、足首の内側の筋にちょっと痛みが感じられます。
二回連続、痛ーい目にあったので、今日はレッスンを休んでずっと行こうかなと思っていたバレエ専門整体に行ってきました。
まず、立ち方を見てもらい軽く一番でプリエをして大体の癖を見てもらいました。それから、ベッドに寝て体をほぐしてもらいました。うつぶせ、あおむけで足の裏から頭まで丁寧に状態を見ながらさすったり指で押したりしてもらいました。所々、押されるといたーい所がありました。最初のカウンセリングで足首からふくらはぎが痛かったことを話していたので、そのあたりの痛み具合をチェック。足を開いてつま先を伸ばすとアキレス腱の内側のあたりの筋が引っ張られる感じ。痛みの原因はここのようです。特に痛かったところは、腰辺りの背骨の両側。強烈にきたのは、前腿下から手のひらですーっとさすりあげられると、ぼこぼこと固まりがあるのが感じられて痛いようなこそばゆいようななんとも言えない感じ。あとは、やはり肩、特に左肩。全身をもみほぐしてもらい、再度立ち方から今度はバーを持ってのプリエなどで細かくチェックしてもらう。初めは左肩が上がっていたのがほぐしてもらったので少し落ち着いた状態になっていたそうな。いつもしているように一番でプリエをしてみると、前腿にパンパンに力が入っている。これが普通だと思っていました、というか、自然にそうなるのです。軽くひざを曲げるだけでいいですよと言われても??そこで、先生のおっしゃるとおりにする。まずかかと、親指の付け根、小指の付け根の3点をしっかり床につけて体重を3点に同じ様にかける。それから五本の指をしっかり全部つけて足の裏全体で床を踏みしめる。そのまま、軽くひざを曲げ右足左足に体重移動して真ん中に体重を持ってきたら、足の裏全体で踏みしめながらひざを伸ばす。と、あら不思議。上体の力も抜けていて背中も反らず理想的な立ち方になりました。こうしてみると普段、いかに体中特に上半身に力が入っているかが、わかりました。
それで、先生のおっしゃるには、跳んで着地の時に前腿の力でがんばってしまっているために、前腿が固まると足首あたりの筋も筋肉も固まってしまい、着地の時にその筋が引っ張られて無理な力がかかりぴきーときたのだそうです。なるほど、前腿を固めると足首もあまり曲がらないし、痛いです。なので、足の裏全体を感じることに注意すれば前腿が固くならずに済むそうです。それがかなり難しいことなのですが…。
最近の痛みの原因がわかり、安心しました。これで安心してレッスンに復帰できます。やはり、しばらくはゆっくりのペースで基礎レッスンに励むのが良さそうです。最近色々と悩みながらのレッスンだったので、光が見えてきたような気がします。目指せ、脱、前腿筋!
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:35  |  癒し  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/113-68c5883a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。