スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.02.12 (Mon)

マシューボーンのスワンレイクロンドンレヴュー

今年1月、マシュー・ハートがプリンスを演じるマシュー・ボーンのスワンレイク、ロンドンサドラーズウェルズ劇場公演に、私の姉が見に行きました。ついでといってはなんですが、ROHでロイヤルバレエ団「くるみ割り人形」で、サモドーロフ王子も見てきました。その感想を書いてもらったのでアップしました。まずは、「スワンレイク」から。くるみはまた明日アップします。
ものすごーく興味惹かれるキャストなのでないとわかっていても、日本に来てほしいなーと願わずにはいられません。では、貴重なレポお楽しみ下さい。

① 今回のロンドン行きの目的
何といってもマシュー・ハートのプリンスを見る事でした。思えば「オンユアトウズ」最終日出待ちの際、当時出たインタビュー記事でマシューがThe Swanを演じたがっているというのを見て、「次回はスワンレイクで日本に来て・・」と非常につたない英語で伝えた私に「Make a Wish!」と笑顔で人指し指と中指を交差して(おまじないのしぐさですよね)答えてくれて以来その日を待ち続けていた訳ですが、パリ、ロンドンのみとなると見に行くしかないという訳で・・。The Swanではありませんが彼のプリンスはどう考えてもはまりすぎの訳で・・。ただ怖いのは周知の通りキャストは当日発表なのでチケットを購入済みの3回で下手をすれば1回も見られないかもという不安も抱きつつの旅です。出発直前には連日ソルドアウト状態になっていたので、空きの日にロイヤルバレエの「くるみ割り人形」のチケットを妹おすすめサモドーロフ出演日という事もあって購入、3日滞在中4回の舞台鑑賞、トラブル続きでセール中にもかかわらず買い物も出来ずバタバタし通しの旅となりました。地下鉄の各駅では(ポスターの中で)ボネッリ君が美しく舞って疲れを癒してくれました。
② SWAN LAKE 鑑賞時キャスト
1/12 夜 The Swan・・・・Alan Vincennt
         The Prince・・・・Matthew Hart
         The Queen・・・・Nina Goldman
         The Girlfriend・・Agnes Vandrepote
    1/14 昼 The Swan・・・・Alan Vincennt
         The Prince・・・・Matthew Hart
         The Queen・・・・Saranne Curtin
         The Girlfriend・・Nina Goldman
       夜 The Swan・・・・Thomas Whitehead
         The Prince・・・・Simon Williams
         The Queen・・・・Saranne Curtin
         The Girlfriend・・Nina Goldman
まずお断りですが、キャストに関してはキャスト表というものがあったのかどうか、とりあえずロビーが人でごった返していて確認出来ませんでしたので誤りがあるかもしれません。勿論マシューに関しては間違いありませんが・・。という事で日本のスワンファンの皆さんの中には群舞ダンサーのファンの方も多いと思いますが、キャスト確認も出来ずなのでそこまでチェックが行き届きませんでした。しかし前回ツアー時の懐かしい顔も沢山見られ、その方たちお目当てと思われる日本あるいは韓国の方も見かけました。ちなみにウィルの妹デイジー・メイちゃんは(多分)背が高く目立っていましたが踊り、演技はまだまだこれからですかね。しかしケンプ家の皆さんはお兄ちゃんに続き感無量でしょうね。やはりキャスト表はなかったのかなという出来事・・1回目鑑賞時の幕間、トイレで並んでいたところ館内放送で「今晩の王子はマシュー・ハートです」とたった一言。毎回こんな風に教えてくれるのかとも思いましたが、それならThe Swanは?となりますし、結局私の見た日に関してはこの日だけの出来事だったので、想像するにきっと「あの王子をやっているのは誰?」という問い合わせが何件かあっていちいち答えるのが面倒だったのかなと・・。

③ The Swan アラン&トーマスについて
アランスワンに関しては正直見る前は不安で、というよりかなり否定的でした。どう考えても違うだろう・・あの気の良さそうなでっかいあんちゃんが白鳥とはどう考えてもと。でも結論を言うとかなり良かったんですよねこれが・・。確かに白鳥というより鷲とかいう感も否めませんが腕の動きが意外にもしなやかで、まぎれもなく鳥なのです。私のThe Swanにおける第一チェックポイントはオープング登場時(ベッド上せりあがりでの羽ばたき)ここでいまいち・・と思うと全体通してそうなってしまいがちなのですが、まずアランスワンはインパクトという面からはアダム以来の存在感で(あの体ですからね)勿論その他のスワン達の中でもまぎれてしまう事はありません。まさしくリーダーというかボスといった感じです。普段の役のイメージからストレンジャーはお手のものかなと思ってましたが、ここではやはりシャープな動きが求められる分体の重さが少々気になり、とはいえテーブル越し等々無難にこなしていて、あのごっつい体でよく動けるなと感心しました。という事で意外にもアランはスワンの方が良かったですね。全体通してさすが主役を張っているパフォーマー、見せ方を熟知しているなといった全体通しての感想です。マシューのエモーショナルな演技に太刀打ちできるだけのものがアランにはあるので観客にもその熱気が充分伝わってきました。一方トーマススワンですが、アダム以来の現役ロイヤルダンサーですから思い切り期待してました。どなたかのブログでロイヤルではキャラクター的なものでいい味出すタイプだといった内容の評を見た記憶があったのですが、プロモ写真以外に全く知識もなく初見も初見。第一印象は小さいんだなと。まアランスワン2回見た後では・・というのもあります。一瞬アダムっぽいなと思う瞬間もありましたが、やはりこの振付って本当に大変なんだと改めて思い知らされましたし、やはり今ソリストですからまだまだ主役張ってといった経験も少ない訳でそれはアダムスワンと比較しては酷だという事です。ただストレンジャーなんかやってるのを見ると演技も好きなんだなといった感じで今回主役でスタオベ受けたりする快感に味をしめてアダムの様にロイヤル辞めるなんて事にならないかとロイヤルファンでもある私としては少々心配になりましたが・・。
プロモ写真はちょっと暗めの印象でしたがアンコールでは笑顔全開でした!。

④ The Queen & The Girlfriendについて
私の初日の女王は普段ガールフレンドを演じている方でその日のガールフレンドは第2キャストの方だったと思われますが2人とも正直もうひとつといった感じでした。ニーナ女王は演技的にも技術的にもやはり以降2回見たサラーンとはこれまた経験の差でしょうが・・。マシューとの1幕寝室での息詰まる場面も彼女では物足りなかったのが、サラーンとなるとやはりインパクトが違う、これもアラン同様見せ方を知っている、相手の演技を返すだけの力の差でしょう。ニーナもそれ以降のガールフレンド役ではまあまあでしたっていうか、初日のガールフレンドの彼女が何か吉本新喜劇の方?ていう位ベタなテイストでちょっと私は苦手だったので。ただロンドンの観客には彼女は大受けでした。

⑤ The Prince マシュー&サイモンについて
私にとっては本題となるプリンスですが、1、2回目がマシュー、最後1回がサイモンでアラン&マシュー2回、トーマス&サイモンが1回と当初と違ってこのペアが固定になったのかと思っていましたがSheva様のサイトでのasukoさんの千秋楽レビューを拝見したらやはり第一ペアはアラン&サイモン、トーマス&マシューだった様で、トーマス&マシューペアが見られなかったのが残念でしたが、まあマシュー王子に3回中2回あたったのはラッキーと思わなくては下手すりゃ1回も見れずなんて事もある訳で・・。で1回目鑑賞時は夕方着いてすぐで頭がぼんやりしていたのか肝心の少年プリンスから青年プリンスにチェンジするのを見逃し、気がつくと舞台上にルーニー似(マンチェスター・ユナイテッド所属)の王子が・・あれはもしかして!と双眼鏡で確認するとやはりマシューでした。髪をびっしり七三に撫で付けていたせいもあってか少々ふっくらした様な面持ち。思えば映画「ヘンダーソン夫人の贈り物」で久々にその素顔を見られたものの「兵士の物語」でも「ピノキオ」でも素顔はほとんどわからない状態でしたのでそれだけでも感動。マシュープリンスはスコット・アンブラープリンスの様に若くて美しく地位があっても母親から愛されず寂しさと怒りを秘めている繊細な青年というより、終始一貫おどおどした自信なげな情けない青年といった役へのアプローチだった様に思います。なのでスコットプリンスの時に抱いた王妃が何故この王子を愛せないのかという疑問も今回の場合、母として王妃として厳しく接してしまうのもつじつまがあうといった感じでしょうか。このおどおどぶりが半端でないのです。誰も見てない様なところでのしぐさひとつにも情けなさを醸し出していて、その哀れさがラストの悲劇のクライマックスに向けどんどん観客を引き込んでいくのです。スコット王子の場合ガールフレンドに騙されたと気付いてからは彼女に対しても怒りをあらわにしていると思うのですがマシューの場合それでも自信なげにおどおど、僕のどこが悪かったの?すみませんっていう感じ、皆が踊っている時も物陰から見ていたり・・。マシューってやはり自分自身のキャラを良くわかった上で役へのアプローチをしているなと思います。そりゃ彼の演技力ですからスコットの様な美しく繊細な王子キャラを演じる事も出来たでしょう。ただやはり自分にとってどちらの選択がより訴えるものが大きいかと考えた時こういう選択になったのではと思います。まさにはまっていましたから。彼自身は以前インタビューでキャラクターものばかりでなく王子もやりたいといった事を言っていたと思うのでその心中を察すると複雑なものがあり、私がマシューというパフォーマーに強く惹かれるのは、そういったジレンマを常に抱えている様な複雑な部分を、素顔の彼自身からも感じ取れるからなのですが。横道にそれましたが演技だけでなくダンスパフォーマンスはいうまでもなく素晴らしかったです。サラーン女王との1幕寝室のからみも、スワンクバーの外でのソロ!これはもう圧巻でした(涙)。ですがやはり何と言っても2幕。やっぱり何回見ても素晴らしいですよね・・。それをマシューが踊っているんだから悪い訳がないです。アランとのコンンビネーションも非常に良かったと思います。さすがにアランを持ち上げるのは重そうでしたが(^_^;)。とはいってもasukoさんの様に、うまくてもお姉キャラはちょっと・・という方にはサイモン王子のさわやかな少年の様な王子が確かにつぼかと思います。こればかりは趣味の問題で、勿論経験からしても、演技・踊り共マシュー王子と比べるのは酷でしょう。ですがサイモン王子は、今この時しか出来ない、等身大のピュアな王子像をきちんと見せていたと思います。最初は少々淡白でもの足りない気もしましたが、2幕からラストに向けては、トーマスとのコンビネーションも良く、やはり感動的でした。ディープ系がお好みならアラン&マシュー、さわやか系ならトーマス&サイモンて感じだったからこそ、組み合わせが変わったらどうなるのか是非見て見たかったです。アラン&サイモンはasukoさんが書かれていた通りまさに父子といった感じでいいだろうなと想像がつきますがトーマス&マシューはどうなんだろうと・・。ああ見たかった・・。

⑥ 総括
という事で3回とも日本での千秋楽の如くの大盛況でした。アダムスワンのオリジナルキャストでのビデオを見続けて以来、サドラーズでの初鑑賞はスワンで・・それも願わくばアダム、ウィル、マシューいずれか(勿論一同会してくれれば夢ですが)の出演でという念願がやっと叶いました。やはり何回見ても、誰で見てもボーン版「スワン・・」は素晴らしいのですが(とはいってもビデオで見る度オリジナルキャストを越えるキャストはまずあり得ないなと思うのですが)少々気になったのは劇中劇(バレエ)の様ないわゆるおちゃらけ場面のおちゃらけ度が見るたびにエスカレートしているのが今回も気になりました。少々品がない様な・・。ただロンドンで見ているとそれも仕方がないのかなと思うのはそういうのが受けるんですよねロンドンの皆さんに。とにかくよく笑いますよね、何故何がおかしいの?と思う様な場面でも。でもロンドンで舞台を見ていつも驚くのは観客層の幅広さ。特にどんな舞台でも年配の方が多い。例えば一昨年見たガエル・ガルシア・ベルナールの舞台なんて日本でなら観客の大半は若い彼の女性ファンで埋めつくされると思いますが、ここでも若いいわゆるミーハーファンていう感じの方は殆どいなくて、いかにも演劇通といった感じの年配の方が多かったのです。今回の「スワン・・」の舞台にも知的障害の子供さん達の団体の方が車椅子で観に来られていたり、小学生位の子供連れのご家族とお祖母さんお祖父さんとか、やはり芸術を見る目がこうやって成熟していくのかなと常に感心させられます。日本ではこういった演目を母子では観にいっても家族総出では観ないだろうなと・・。トーマス&マシューペアを観たかったとか言えばきりはないのですが、とりあえずやっとサドラーズウェルズで「スワン・・」の舞台を、しかもマシュー・ハートの王子で見る事が出来た。それだけで大満足でした。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

15:09  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

★詳しい感想ありがとうございました

はじめまして。マシュースワンの大ファンの者です。舞台の様子がとてもよくわかる感想でありがとうございます>お姉さま。とても嬉しかったです。
サドラーズには行けませんでしたが、オーストラリアで見られたらなんて思っています。しかしマシュー・ハートは出ないんですよね。
「ヘンダーソン夫人の贈り物」も見てきて、マシューも素敵でしたが映画そのものもとても良かったです。
多分ここでの感想を目にしなかったら見ていなかったと思いますので、ありがとうございます。
naomi |  2007年02月13日(火) 22:02 | URL 【コメント編集】

★こちらこそありがとうございます

naomiさま、はじめまして。
姉の感想喜んでいただいてよかったです。ヘンダーソン夫人も見ていただいてよかったです。私もマシューが出ていなければ見なかったと思いますが、とてもよい映画だったのでそう言っていただけて嬉しいです。ありがとうございました。
きょん |  2007年02月13日(火) 23:45 | URL 【コメント編集】

★マシューのプリンスは…

hello hello hello!
Thank you thank you thank you!
すばらしいレポートありがとう!!
ほんっとにうらやましい!
私もマシューがみたいです~(泣)
でもすばらしい!
超興奮ですわ。
サモドゥーロフさまもお気に入り頂ありがとうございます。
サモドゥーロフさまはレスコーが最高でしたの♪
語りだすと止まらないのでまたあした来ます。
Sheva |  2007年02月14日(水) 23:08 | URL 【コメント編集】

★よかったです

shevaさま、お読みいただきありがとうございます。姉に代わりお礼申し上げます。
サモドゥーロフさまも、あまりとりあげられることがないのですが、shevaさまのロイヤルレポでのあのサモドゥーロフがロイヤルボックスのサモドゥーロフと最近まで一致していなかった私です。まさか、ロイヤルにいるとは思ってもいなかったもので。残念ながら、私の見た公演には一度も出演せずでした。(涙)ご遠慮なく、大いに語って下さいませ。私もかなり、気になっている存在ですので。
きょん |  2007年02月15日(木) 10:54 | URL 【コメント編集】

★王子アナウンスの理由

はじめまして。
私もスワンもくるみも同じ回を
みました!ので思わずコメントを。

王子アナウンスは
ロビーに張ってあって配役表が
間違っていたので訂正のアナウンス
のはずだと思います。

私はこれがサイモン王子?
噂と違って上手すぎると感心と
不審が入り混じってました。
prin |  2007年02月15日(木) 15:54 | URL 【コメント編集】

★日本でも・・・

はじめまして。素敵なレビューをありがとうございます。

私もサドラーズでマシューのスワンレイクを観るという夢を昨年12月初日~数公演で果たしました。
アランスワン&サイモン王子とトーマススワン&マシュー王子でした。
私が見たときの王子は二人ともおどおどしているというより、ぽや~っとしてました。なので、王子が現実逃避する動機がいまひとつ弱く感じました。きょんさまがご覧になったおどおど王子を観たかったです。
マシュー王子は表現力が素晴らしくてスワンくバー前のソロなどは独白が聞こえてきそうなくらいでしたね。トーマスとマシューのペアは互いの息が顔にかかるくらいの距離で踊っていてぶつかるんじゃなかろうかとドキドキしました。それがスワンと王子の魂の距離とも感じられて更にドキドキでした。
アランとサイモンペアは何故だかわからないのですが、非常に心に響く出来。会場の盛り上がり方も凄くて、観客に愛されてるんだなーと感じました。

今回のツアーでも是非来日して欲しいですね。
miki |  2007年02月16日(金) 01:32 | URL 【コメント編集】

★ありがとうございます

私のつたないレビューを皆さんに読んで頂いた上に素敵なコメントまで頂きありがとうございました。naomi様オーストラリア、マシューはいませんがクリスも素晴らしいダンサーなので新スワントーマスとのコンビも楽しみですよね!sheva様喜んで頂けましたか!?ほんとに日本のマシューファンの皆さんに見て頂きたかったですよ。サモドーロフも今月シアター・・ロイヤルボックスインタビューで興味もたれる方もいるのでは?prin様アナウウンスの件納得です!毎回ぎりぎりの時間でロビー見回す暇もなかったもので。くるみはいかがでしたか?私は席が遠かったせいかああいう感想を持ったのですがどうお感じになったでしょうか?miki様もトーマス&マシュー、アラン&サイモンでご覧になったのですね。見たかったな~。舞台は生ものですから開幕当初と後半、ペアによっても変わってくるんでしょうね。だから何回も見ちゃうんですよね。本当にロンドンでも盛り上がってましたし日本でのこのメンバーでの公演是非是非お願いしたいですね!!
きょん姉 |  2007年02月16日(金) 08:15 | URL 【コメント編集】

★ご無沙汰しております。

きょん様、こんにちは。
ご無沙汰しておりました。
お姉様、詳細なレポをありがとうございました。そしてお姉様の貴重なレポをアップしてくださったきょん様、有り難う御座います!
大変嬉しく、一息に読んでしまいました。読みながらドキドキして、スワンが観たくてたまらなくなってきました。
また来日公演が実現すると良いですね!私は飛んで行けないので、彼らの方から飛んできて下さらなくては~
Elie |  2007年02月16日(金) 16:09 | URL 【コメント編集】

★マシュー王子

きょん姉様、おとといはすいません。興奮してしまって。
マシューの王子はやっぱり~すごかったようですね。見たかったです(そればっかり)。目に浮かぶようなレポ、ほんとに感謝です。どんなこまネタでもいいので思い出したらお願いします。
記事をLINKさせていただいて失礼いたしました。ほんとに感謝です。
Sheva |  2007年02月16日(金) 21:36 | URL 【コメント編集】

★マシュー王子、舞台をさらう

いやいや、スワンのこととなるとしゃしゃり出ます。サランの女王さま、よかったですね。鏡の前のpddや王子の手術前後、どうしたらいいのか本当はわからない悲しさがよく出てて可哀想でした。千秋楽一度見ただけのトーマスさん、ずっと弱々しく見えたので四幕の必死さが泣けました。でも、二幕は王子のほうが踊りがうまいので
スワンの影が薄かったのが残念という感想です。今振り返ると、マシュー王子は存在感ありすぎ。お姉キャラで乗り切れなかったわたしでさえ、彼がいると他の人が目に入りませんでした。舞台をさらってしまう人なんですね。それを思うと、四幕のトーマスは負けずによく頑張ったと思います。楽日に舞台に飛ぶ赤いバラ、トーマスと指揮者さんが拾ってマシューさんにあげたら、彼は「うーん、いいのに」みたいな感じで肩をすくめて受け取ったよ。切り替えが早い人なんですか?
asuko |  2007年02月17日(土) 17:45 | URL 【コメント編集】

prinさま、はじめまして。
同じ回をご覧になったなんてすごい偶然ですね。情報ありがとうございました。
mikiさまもサドラーズswanを見るというswanファンの夢を実現なさって羨ましいです。役作りも初めの頃と変わってくるのでしょう。というより、相手役によって、はたまたその時の舞台に立ってみてその時感じたままの王子を生きているのでしょう。よく、舞台は始まってみないとわからない、今日はこうしようとか考えてできるものではないと言うことを聞きますから。
マシューの踊りからは本当にせりふが聞こえてきそうなんですよね。とえらそうに言っても私が生でマシューを見たのは、オンユアトウズだけなので本当にせりふをしゃべっている踊りだけなんですが…。
Elieさま、本当に飛んできてほしいですよね。あの舞台は何度見ても新たな発見があり、本当に飽きませんね。
asukoさまも、感想ありがとうございました。先にアップされていたasukoさまの感想を引用させていただきました。asukoさまの感想も本当に興味深く読ませていただきました。ありがとうございました。
マシューの踊りはとても個性的で人とは違う踊り方をするので、どうしても気になってしまいます。それが、私にはとても魅力的でした。
切り替えが早いかどうかはわかりませんが、あまり自分がスポットを浴びることが苦手な人なんです。舞台で演じている時は思いっきり目立っているのに、普段はとてもシャイでできるだけ目立たないようにしたいのですよね。そういう仕草がとてもキュートなんです。すみません。なんか色々思い出してしまいました。
では、みなさんありがとうございました。
きょん |  2007年02月18日(日) 21:48 | URL 【コメント編集】

Elie様、本当に今回のツアーが日本に来ないなんて悲しすぎます。来年でも再来年でもこのキャストで是非飛んできてもらいましょう!!asuko様千秋楽レポ拝借させて頂きありがとうございました。非常に興味深く読みました。やはり千秋楽は特別ですよね。アランの執事も見たかったなー。アンコール時、確かに私が見た時もアランスワンが満場の拍手受けてるのを1歩下がって嬉しそうに見ている感じでした。マシューってあの見た目なんでとても近づきやすく思うのですが案外出待ちとかしてもそっと逃げたがるタイプの様に思えて、いまだかつてロンドンでのマシューの出待ちに成功した事がない事もあり今回ははなからあきらめたんですが、会われた方おられましたら今後の予定等々その時の様子教えて頂けたら嬉しいです。
きょん姉 |  2007年02月19日(月) 12:26 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/105-8667ed75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。