スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.01.27 (Sat)

1/26(金)レニ国「白鳥の湖」at神戸こくさい会館

いやー、よかったですね。本当に素晴らしかった。
ルジさま、シェスタコワちゃん、ありがとう。神戸まで来てくれて、あんなに素晴らしい舞台を見せてくれて。本当に神様に感謝です。
東京での白鳥で、シェスタコワちゃんが不調という話を聞いてかなり心配をしていたのと、ルジさまが、本当に出るのか、オデットはシェスタコワちゃんがやってくれるのか当日会場に行くまでどきどきでした。電話で問い合わせればよかったのですが、それも恐くてできませんでした。キャスト表を見てほっとしました。実は、前日の大阪での海賊を見て、パドトロワが終わってすぐ、隅へ行って座ってしまったルジ様を見てかなり心配していました。その日よりも、翌日のことが。しかし、大阪でのカーテンコールでの笑顔を見て、なんだ元気そうだ。この分なら明日は大丈夫だと自分に言い聞かせていました。
さて、白鳥での王子登場場面、明るい表情でさっそうと登場するルジ様を見て心からほっとしました。今日はやってくれそうだー!
思いっきり王子の存在感満開で、美しい手振り、優しい笑顔。昨日は長かった髪が今日は肩までの長さに。くくって中に隠しているのか?頬に一筋の髪を垂らしている。あれはわざと?芸者さんの後れ毛?というのか垂らした髪を思い起こさせる色っぽさです。
でも、レニ版白鳥初めてだったので、というか、ルジさまのを初めてだったので一幕で私の好きな両腕に女の子と腕を組んで踊るところがなかったのが残念。プレゼントの弓もなかったので、弓をかまえる王子も見られなくて残念でした。
なぜか、乾杯をしてもほとんどシャンパン?を口にしない王子。お酒はきらいという設定か?飲む気分でないのか?そんな細かい事にも色々想像をめぐらせてしまう。
椅子にこしかける姿がこの上なく美しい。前に投げ出した足の美しいこと。ほれぼれ。腕を組んでいて、初めは楽しそうにみんなの踊りを見ているが、急にふっと悩んでいる表情になったり、ふっと空をみつめたりする。何を悩んでるの?と声をかけたくなります。空をみつめて何かを目で追う。白鳥の姿が見えたのか?
この場面では王子が走り去っていった女の子をどうしたの?と後を追っていったり(偉そうな王子でなくて友達のことも気遣っている優しい王子なのです)、外の空気を吸いに行ったり、また戻ってきたかと思うとそのまますーっと舞台の奥を横切ってまた去って行ったり、色々言い訳をしては頻繁に消える王子でした。でも、ずっと舞台にいられては、王子から目が離せなくてみんなの踊りを見たくても見られないのでそれは助かりました。
ここまでの、私のツボ。
お母さんが来られますよ、と聞いた時の嬉しそうな表情。母に駆け寄る時の満面の笑み。お母様ー。そのマザコンっぷりが微笑ましい。
この日の王子は、友人たちとも自然に付き合っていて、普通に生きたいのだけれどやはり、いずれこの国の王になる自分を自覚していて、ふとした瞬間に孤独を感じてしまう。とてもナイーブでしかも未来に明るい希望も持とうとしている。今の自分にとって何か大切なものを探し求めている。それを見つければ、自分自身を理解できるという何かを…。とか思わず色々想像してしまう。
ひとまず、今日はここまで。
あとは、涙涙の2場へと続く…。大阪の海賊もそのうちに。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

20:48  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

お久し振りです。
ルジマトフさま大活躍のようですが、ソロルまで大丈夫でしょうか、ちょっと心配しています。週末が楽しみ!!
gromit |  2007年01月30日(火) 23:21 | URL 【コメント編集】

★絶対大丈夫ですよ!!

gromitさま。絶対保証します。
改めてルジマトフ様はすごいお方です。いろんな意味で(?もちろんいい意味ですが)、一体この人って!?並みの人間では絶対ないと見るたびに思います。
疲れてるのかな?と思っても、次の瞬間には驚くべきパワーで登場してくるし、ここぞ!という所へ最高の形で持ってくるという技を見事に持ってらっしゃいます。他の方のソロルよりも、もしかしたらソロの部分が少ないかもしれませんが、(前回は婚約式の有名な場面のソロルのヴァリアシオンがなかったです)でも、それを補って余りある舞台を見せてくれるでしょう。
PS:神戸の白鳥は今まで見た中で一番の愛にあふれた感動的な舞台でした。自分の感想を読んでみて、あまりそれが伝わって来ないので反省しています。
きょん |  2007年01月31日(水) 12:38 | URL 【コメント編集】

★「バヤデルカ」

昨日「バヤデルカ」見に行ってまいりました。
初ルジマトフさまは、昨日はやはり、ヴァリアシオンがなく、全体に無難に踊っていたようですね。本日のラストの舞台はどうだったはのでしょう。
散々映像を見たので、覚悟していきましたら、舞台も観客もすべてが淡白で拍子抜けした感じ。
余り人の意見など当てにせず、自分の見方で見た方がいいという教訓です。
ルジマトフさま、また、見に行こうと思っています。
gromit |  2007年02月04日(日) 19:27 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kyon4211.blog38.fc2.com/tb.php/101-1a1ca0ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック


▲PageTop

 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。