スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.08.04 (Sat)

世界バレエフェスAプロ

8/3金曜二日目みてきました。
ロビーにはダンサーたちのバナーがかかり、ゴージャスな雰囲気で、お祭気分盛り上がります。
会場も満員で、大入の札が出てました。席は三階サイドでしたが、結構近く感じ、見やすかったです。私より舞台側のブロックの人は、端っこで見えない部分多かったみたいでしたが、私の二つ目ブロックは端っこの奥に行った時見えないけれど、全体で見えなかったのは、二、三回くらいでガラなら大丈夫なとこでした。

プログラムはサイトにアップされてるので、省略させてもらい、大まかな感想のみ。
まずオープニングはバレエフェスのチラシの絵が幕に映し出され、オーケストラの音楽とともに、今日のプログラムが順番に映し出され、いつもと違うお祭だなーとワクワクしてきます。
そしてトップはシムキンとヤーナサレンコのフレッシュなスターズアンドストライプス。軍服姿のシムキンお人形のように可愛い。最初は歩いてサポートばっかりだったけど、兵隊さんの歩き方がとってもキュートで、コミカルで笑いを誘ってました。
まってましたのソロは素晴らしかった。生シムキン実は初めてでしたが、やはりすごい。何よりいいのは、なんかワクワクさせてくれて、見てて自然と笑顔になるところ。アンヘル君みたい。すごいテクニックがあっても、そういう雰囲気があるダンサーはあまりいない。で、すごいことがすごく簡単に見えるのもいい。ピルエットくるくるーと回って速度落としていくのは、よく見るけど、そっから上げてる足をフレックスにして伸ばして上げる、とかはっきり覚えてないけど、なんかそんなふうなことしてすごいなーと思った、
身体の中は空気じゃないかと思うような、かるーいジャンプとか、テクニック、キャラクターと存分に魅力を出してくれました。いっぱいすごいの見て、最初の方のは記憶が薄れてしまったけど、楽しかったことは印象的。サレンコもかわいくてよかった。

フォーゲルのモペイはよくわからんかった。コミカルな感じもあったけど、音楽がシリアスっぽくて笑っていいものかわからず、??上半身裸でフォーゲルの肉体美は楽しめました。
次はハンブルグペアの幻想白鳥の湖のように、すごくすごく素晴らしかった。
ティアゴが最後はアレクサンドルリアブコに見えてきた、まだ若手でこれからの人と思ってたけど、もう立派にノイマイヤーダンサーの風格を身につけてた。エレーヌとの息もぴったりで、ノイマイヤーの難度高のリフトも全て完璧に決め、会場中の空気を一変させました。大感動。
次はマシューゴールディング頑張りました。
あまり悪口みたいになるので、言いたくないけど、水香さんあれ程の身体とテクニックがありながら、何故魅力が感じられないのか?不思議で仕方ない。年々オーラがなくなってる気がするのは、気のせい?
バヤを見た時は音楽性のなさが原因と思ったけど、今回はそれはあまり関係ない気がした。トップダンサーたちって、一瞬の動きや、ポーズにハッとさせられる瞬間があるもんだけど、彼女にはそれを感じたことがない。
あのスタイルならポーズの美しさ、手足のラインの美しさだけで、全て許されるみたいなことがあってもいいのに。
ザハロワはそれだけであとはどうでもいいとさえ思える。実際全部素晴らしいんだけど、他が印象に残らないほど、美しさに心奪われるのです。
水香さんローザンヌコンクールの映像は魅力的だったのに、どうして?
指導者の皆さん彼女をどうにかしてあげられないものでしょうか?
それなのに、世界のトップダンサーと並べて踊らせるのは酷じやないでしょうか?
ドリーブ組曲はジョゼさんがあの音楽を聞いたら踊りたくなる、そんな踊りなのに、なーんにも楽しそうじゃないんだけど、楽しくないんだろうか?
不思議です。ゴールディングは一生懸命盛り上げてくれたけど、それが、痛々しくさえ思えました。

休憩
第二部へ続く
スポンサーサイト
17:00  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。