スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.04.23 (Mon)

吉田都の魅力 その3

司会:そして2010年にロイヤルバレエのゲストプリンシパルの地位も
去るということになったのですが、これはどのようなことから決断されたのですか?
都:ゲストプリンシパルというのもよかったのですが、
日本にいて舞台のときだけロンドンに行って踊る、というのが…。
ロイヤルにいたときは、本当にめいっぱいやっていたので
舞台のときだけぱっといってぱっと踊る、というのが
そんなに甘いものではないんじゃないか…と思うようになりました。
実は、2005年の来日公演でのシンデレラがロイヤルのダンサーとして
日本で踊る最後だと思っていたのですが、思ったより長く踊ることができて
2010年に日本公演があって、ロミオとジュリエットを持って行くと聞いて
これはいいチャンスだと思い、モニカにこれを最後にしたいと申し出ました。
司会:最後の舞台は特別な思いがあったと思いますが…。
都:それはすごいプレッシャーでしたね。NHKのドキュメンタリーのカメラが
ずっとそばにいたので、それにも段々慣れてはいたのですが、
さすがに、本番前のときにはカメラに出て行って下さいとお願いしたこともありました。
司会:そのときの舞台の映像があるのでみて頂きます。
(最初のパリスと対面する場面と、ラストの場面が映される)
司会:このシーンは14歳の少女だそうですが、14歳に見えますよね。
都:(笑いながら)いやーちょっと無理がありますね。
でも、若いときよりも14歳の役というのはやりやすくなりましたね。
若いときは、若さというものがわからなかったですから。
失って初めて若さというものがわかる!
  ー会場のほとんどの方がうんうんとうなずくー
この映像は初めて見たのですが、もっとこうすればよかった、
と思うところがありますし、後悔が残りますね。
司会:都さんにとってバレエをずっと続けてきた原動力はなんですか?
都:バレエが好き!ということですね。
好きだからもっともっと!と思ってしまうんですね。

ここで、会場の方から質問コーナー
バレエ少女からの質問
「一番思い出に残っている舞台を教えてください。」
都:1度だけあったんですが、舞台の上で自分の身体がなくなったような
感じになった舞台があったんです。無になって、身体が自由自在に動くことが
できたんです。それは苦手な役ですごく追い詰められていた舞台だったんですが、
本番では自由になれて、非常に幸せな舞台でした。
次もバレエ少女からの質問
「一番の思い出の演目はなんですか?」
都:「眠り」でしょうか。苦手だったので辛い思いでも多いのですが
やはりクラシックとしては特別な演目です。
大人の方からの質問
「私は大人からのバレエをやっているんですが、バレエというのも
おこがましいのですが、大人のバレエについてはどう思われますか?」
都:素晴らしいと思うし、そうやってバレエを好きになってくれるのは
すごくうれしいと思います。健康にもいいですし、おすすめですね。
次もバレエ少女から
「ロミオとジュリエットで一番難しかったのはどこですか?」
都:表現面もですが、オフバランスが多いのでそこがむずかしかったですね。
パートナーに体重を預ける所も多いので、パートナーを信じて
思いきってオフバランスにしなくてはいけないところですかね。
その答えを聞いた後、質問した少女が「毎日DVD見てます!」というと
都さんは「ありがとう~!」とうれしそう。
最後の質問もバレエ少女から
「都さんにとってバレエって何ですか?」
と質問した少女は感激のあまり涙ぐんでしまい、涙声になる。
憧れの人に見つめられ話しかけることに感激した様子に
ついついもらい泣きしてしまう。
都:大丈夫~?と彼女に心配そうに声をかけて
バレエを通して全てを学んだし、いろんな人との出会いもあり
今日もそうですし…、バレエは私にとって人生の全てですね。
心からバレエへの感謝の思いを語られる都さんの言葉には
バレエへの愛にあふれていて、また感激してしまいました。
そんな感動のうちにお話は終わりました。

最後に司会の方が、せっかくなんで皆さんに
美しい姿を立って見せて頂けますか?とのリクエストに
はずかしそうに立ち上がり笑顔を向けてくれた都さんに
会場からまた大きな拍手。
それでは、さきほどはこちらの通路を通られたので、
今度はこちらを通って退場して頂けますか?の声に促され
また、今度は通路脇の人たちが出した手と握手しながら、
素敵な笑顔で退場して行かれました。
都さんには会うたびに魅了され、本当に素敵な女性だな-と思います。
ダンサーとして素晴らしいだけでなく、普通の女性としても
謙虚であり、魅力的でこんな女性になりたいなと思います。
司会の方も、バレエはそれほど詳しくはないようでしたが、
すごく上手に話しを進めてくださり、楽しい時間でした。
NHK文化センターさんありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:43  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2012.04.22 (Sun)

吉田都の魅力 その2

司会:その後サドラーズでプリンシパルになられ、ロイヤルバレエにプリンシパルとして
移籍されるのですが、移籍に対して周りの反応はどうでしたか?
私は、日本で大きく新聞に取り上げられていたのをすごく覚えているのですが。
都:そうなんですか?周りの反応は…そうですね……どうでしょう。
司会:それほど驚かれなかったのは、自然なこととして受け止められたんでしょうね。
ロイヤルバレエに移籍され、どんな風にかわりましたか?
都:ロイヤルバレエは劇場を持っているので、基本的にツアーがないのが
一番大きな違いでしたね。それに、プリンシパルとして入ったので
毎日踊るわけではなかったので、3、4日空いて踊るというふうだったので
今まで、毎日踊っていたのが、間が空くというところでの身体の管理が難しかったですね。
司会:当時は、同じプリンシパルとしてギエムさんがおられましたが
彼女と比べられたりとかいうことはありませんでしたか?
都:それは、私にできることをするしかありませんので、それほどなかったですが
一度、シルヴィの代役で踊らなくてはいけないときがあって、
その時は、さすがにいやだな…と思いましたね。
彼女を見に来られているお客様の前で踊らなくてはいけないのでね。
でも、その時に私の踊りを見て気に入って下さってそれから
見に来て下さるようになった方もいらっしゃいますし、
逆に、私は代役なんだから……と気楽に踊れるところもありましたので
自分の踊りを見に来たお客様のために!というのよりもプレッシャーは
軽いというところもあり、半分半分でしたね。
司会:都さんが、踊りの中で一番大切にしてらっしゃることは何ですか?
都:表現力もですが、やっぱり「基礎」ですかね。
基礎がしっかりしていなくては表現もできないですし、
逆に「基礎」を大事にしすぎるので、表現としてはあっさりしすぎていると
言われることもありましたね。
司会:(ジゼルの舞台写真をスクリーンに映して)こちらはジゼルという演目ですが
大まかにストーリーを説明し、アルブレヒトのような男性をどう思われますか。
都:若い頃は、絶対許せない!と思っていましたが、年と共に変わってきましたね。(笑い)
ジゼルは好きな役で、未だに多くリクエストをいただく役なんですが
2幕の精霊のふわっとした重力を感じさせない踊りをするのは、
身体にものすごく負担がかかるので、早いうちにギブアップした役の一つですね。
司会:都さんの当たり役といわれる役はいろいろありますが、
シンデレラ、青い鳥  と言ったところで、都さんが「え?それは…」
(客席もざわざわ、青い鳥って多分青い鳥のパドドゥのフロリナのことだろうけど
都さんのフロリナはほとんど見たことも聞いたこともないですね。)
私の資料ではそうなっているんですが、違いますか?失礼しました。
くるみ割り人形の金平糖の精 などがありますが
同じ役を繰り返し踊るのはどんな感じなんですか?
都:同じ役でも金平糖は3つのバージョンがありますし、同じ役でも
毎日踊るたびに違う発見もあったりして、日々変わっていきますね。
司会:都さんは身長的にどんなパートナーとでも踊ることができるそうですが
パートナーとの相性もいろいろなんでしょうね。
都:そうですね。仕事場だけでしか話したりもしないパートナーが多いですが
フェデリコ・ボネッリさんとはプライベートでもお食事にいったりしますし
仲のよいパートナーですね。
パートナーによって何か失敗があったときにズバリと言った方がいいのか
触れないのがいいのか、性格によっていろいろなんでそれは気を遣います。
司会:パートナーと言えば、プライベートでのパートナーとして
ご結婚されましたご主人は、バレエとは関係のない方ですよね。
都:全くバレエとは関係ないサッカー関係の人なんですが
身体作りのこととかトレーニング法でアドバイスをもらったりはしています。
最近は、サッカー選手がバレエのエクササイズを取り入れたりということも
されていて、サッカーとバレエは同じような筋肉の使い方をする部分が多いようですね。
司会:そして、2006年にロイヤルバレエではゲストプリンシパルになられ、
拠点を日本に移されて、Kバレエに入団されましたが、日本のバレエ団は違いましたか?
都:Kバレエはロイヤルにいた熊川君がされているので、イギリス風にしている部分も
多いと思いますが、イギリスとは環境が大きく違って大変でした。
ロイヤルではバレエ団内にフィジオというメンテナンス部門やドクターがいて
バレエ団の中でレッスンからメンテナンスまで全てできたのが
日本では、メンテナンスにそれぞれ別の場所に行かなくてはいけないのが
大変でしたね。
司会:さきほど聞き忘れた事があったのですが、ロイヤル時代に腰を
痛めてしばらく踊れなかったときのお話を聞かせて下さい。
都:それはちょうど、ロイヤルの何年かぶりに生中継されるという舞台で
その主役に選んで頂いてすごくうれしかったのですが、その舞台の前日に
腰を痛めて、立てなくなってしまいました。
あまりのショックにその現実を受け入れたくなかったんでしょうね、
明日になれば踊れるんじゃないか、と軽く考えていましたが、
やはり次の日になっても立てなくて、それからしばらく寝たきりの生活でした。
そのケガをして、しばらくはなぜこうなったのかずっと考えていました。
その舞台に主役に選ばれてうれしくて一生懸命練習し、リハーサルし
オーバーワークになっていたのかな?と
練習はできるだけたくさんしたいけれど、がんばりすぎて本番に踊れなくては
意味がないと気付きました。今でも悩むのですが、その配分をちゃんとしないといけない。
その日の舞台で踊れないことがショックで、その本番の時間が早く終わってくれ!
という気持ちでした。その、本番の時間になると、団のその時オフだったダンサー仲間たちが
来てくれて、ベッドの周りでわいわい騒いで楽しく過ごしてくれました。
それは本当に有り難かったですね。そのときに、周りの人のこういう力があって
自分は舞台に立ててるだなと実感しましたね。
  続く

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:01  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.04.21 (Sat)

NHK文化センター吉田都の魅力

本日4/21(土)NHK文化センター大阪での
「吉田都の魅力」に行ってきました。
会場が最初の案内と変わっていて大きな会議室になっていました。
1時から開始なので、12時半くらいに会場に入ると
既に前方から真ん中くらいまで一杯の人で後ろの方しか空席がなく
後ろの方に座りました。参加者は250名とのこと。
参加者は老若男女、様々な顔ぶれで、きれいなシニヨンにまとめた
バレエ少女の姿も目立ちました。
縦に長い会場の壇上正面に大きなスクリーンと
真ん中の両端にテレビが2台置かれていて、
映像も見せてくれるんだ、と期待が膨らみました。
そして、5分前に司会の女性が登場。NHK大阪文化センターの方とのこと。
少し会場の空気を和ませ、そして時間になると、
司会者の「さあ、お待ちかねの都さんの登場ですが、
会場後方の扉にご注目下さい!」との声に
一斉にみんながそこに注目!
私たちの席はちょうどその扉の位置の中央の席だったので
「えっ、ここから?」とそわそわ。
その扉が開いて、都さんの姿が少し見えたかと思うと
会場中からわーっと大きな拍手が!!
そして、そこから一番後ろまで行かれて、
私たちの席の横の通路を通って、大きな拍手に送られながら
恥ずかしそうに、前の壇上まで行かれました。
シルバーに黒のラインが入った、ノースリーブで
ウエストからスカート部分が広がったとっても素敵な
ワンピースで、髪はストレートでした。
すぐ横を通られたのですが、横から見ると
本当に細くてきゃしゃでした。
みんな、もうその時点で都さんの美しさに魅了され
拍手とともに思わず感嘆の声があちこちからもれていました。
早くも大興奮の会場。
前に着いた都さんに、司会の方の
関西にはあんまり馴染みがないんでしょうか?の問いに
「公演でお邪魔することはありますね。」
「公演ではもちろんあるでしょうが、これだけ多くの関西人に
囲まれることは初めてかもしれませんね。
これだけの関西人に囲まれた感想はいかがですか?」
「なんかすごいですね。」
関西人の素直な反応に、都さんも圧倒されていらっしゃった様子。

そしていよいよ本編の開始。
※録音禁止だったので、以下の内容は私の記憶で書かせていただきます。
だいたいのニュアンスで文章に起こしていますのでご了承下さい。

まずは都さんの2、3歳の頃の多摩川河川敷でのスナップ写真が映し出され、
幼少期から年代を追って、都さんの人生を色々聞いていくという形で進みました。
司会: この頃にはバレエは始められてたんですか?
都: まだですね。ちょうどバレエに出会った頃ですね。お友達のバレエの発表会を見に行って、私も踊りたいと。トゥシューズを履きたかったです。
それから最初はリトミックを始めました。音楽に合わせて踊るリズム体操のようなものですが、
楽しくて大好きでした。それに、自分ではバレエを習ってるつもりでした。段々とおかしいな、いつになったらトゥシューズ履けるのかな?と思いだして、お母さんに聞いてみました。それで、トゥシューズを履きたいということで、やっとバレエ教室へ行くことになりました。
それが小学三年生の時です。
司会 三年生からというのは遅いのではないかと思いますが、そのあたりはどうでしたか?周りのお友達より遅れているとかで、悲しくなったりはなかったですか?
都: 周りの皆から遅れていたので追い付くのに必死でした。必死だったので、悲しくとかはなかったてすね。
司会: そしてコンクールなどにも出場されるようになり、14歳でヴァルナ国際コンクールで6位、国内のコンクールでも1位になるなど、素晴らしい結果を残されていますが、なんといってもローザンヌコンクールでローザンヌ賞を
受賞されたところから、留学につながり、現在の経歴のスタートとなったんですよね。
ローザンヌはどんな感じでしたか?
都: やっぱりうれしかったです。自分の踊りに集中することができていたので
舞台で踊っている途中に照明が割れたのですが、全然気付かずに踊りきりました。
あとで、周りから照明が割れて大丈夫かな?と心配したけど……と言われて
そういえば、パリンという音が聞こえたな…くらいな感じでしたね。
司会:授賞式で名前が呼ばれたときは、信じられないという感じでしたか?
都:全てフランス語だったので、何を言っているのか全く分かっていなくて
わけのわからないうちに、前へ押し出されたという感じで、
えっ、何?私?…みたいな気持ちでしたね。
司会:海外留学できるのは、うれしい気持ちでしたか?
都:やはりバレエ少女にとっては海外留学というのは夢だったのでうれしかったです。
司会:そんな気持ちで実際行ってみてどんな感想でしたか?
都:ロンドンに行く前に、モンテカルロへサマースクールに行っていたので
モンテカルロは、明るくてきれいでとっても楽しかったのですが、
そこからロンドンへ行くと、暗くて、着いていきなりトラブルに見舞われたり
正直こんなところに住めない、と思いましたね。
学校が始まる前に、下見に行っておこうと思い、出かけたのですが
自分のイメージでは森の中に大きな建物があるホワイトロッジを
思い描いていたんですが、私が行くアッパースクールは
街中にあって、普通のビルだったので、わからず何度も通り過ぎて
おかしいなと探し回って、いろんな人に聞きながらやっとたどり着いて
えーここ?という感じでした。
司会:では最初はロンドンでの生活は辛い感じでしたね。
都:そうですね。言葉もわからないし、私の他は全員イギリス人で、下から上がってきた
子たちがほとんどだったので、私ひとりぽつんという感じでした。
それに、みんなは同じ年なのにお化粧もきちんとして大人だったのに
私は子どもだったので、先生からもダンサーは見られる職業なので
身だしなみはきちんとしなさい、お化粧も髪もきちんとしなさいと言われましたね。
司会:このままだとすごく哀しい感じですが、その中で楽しみとかは見つけられましたか?
都:スタジオにいるときだけは落ち着きました。
ただ、そのうちに周りの子たちが、この子の面倒をみなくては!という感じになってきてくれて
話しかけてくれたり、仲間に入れてくれようとするようになりました。
週末は自分の実家に連れて行ってくれたりもして、それは本当に楽しかったですね。
司会:よかったです!さっきまでのお話だと心配しましたが。
そのあと運命の出会いを果たされるのですが、ある日レッスンに2人のおじさんがいらっしゃったのですね。
都:普段からレッスンにいろんな方が見学に来られたりしたので、私は特に気にしなかったんですが
周りはなんだかぴりぴりした緊張感がありました。終わってからわかったのですが、
そのおじさんが、ピーター・ライトさんでサドラーズウエルズバレエのオーディションだったのです。
そこで、ライトさんに気に入って頂き、サドラーズに来なさいと言われました。
司会:ライトさんは都さんのどういうところを気に入られたのでしょうか?
都:それは私にはわからないのですが、分からずにのびのびと踊っていたのがよかったのでしょうが
いったい私の何がよかったのか今でもわかりませんね。(笑い)
司会:入団が決まって、どのように思われましたか?うれしかったですか?
都:うれしいというよりも、1年がんばれば日本に帰れるとそれを楽しみにがんばっていたので
えー日本に帰れないんだー、という気持ちでしたね。
しかも、スクールの卒業公演が終わってすぐにサドラーズに入らなくてはいけなくて
卒業して、一時帰国もできずにそのままプロ生活に入ることになりました。
サドラーズはほとんどツアーだったので、わけのわからないまま移動して踊って…
というプロの生活が始まりました。当時は何の情報もなく、プロとして踊る、
ということも何もわかっていませんでした。
スクールのときは、日々レッスンをして、舞台は年に何度かの特別なこと、という
感覚だったのが、プロはレッスンがあって、舞台に立つというのが毎日のことで
舞台が日常になるというのが不思議な感じでしたね。
司会:そんな生活の中、お怪我をされて舞台に立てない期間があったそうですね。
都:入団して半年たち、やっとソロで踊るチャンスが来た、そのときに
ケガをしてしまい、本当に悔しかったですね。しかも、まだ仮契約中だったので
どうしようかと思いました。
長くなったので一旦区切り、その2へ続く

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:03  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.04.13 (Fri)

タマラ・ロホENBへ

みなさんもうご存じと思いますが、
タマラ・ロホがイングリッシュナショナルバレエの
芸術監督兼プリンシパルダンサーになることが
発表されていました。
ロイヤルにも籍を置きながらかなーと
かすかに期待していましたが、
ロイヤルからも正式に発表がありました。
ロイヤルバレエを離れ、ENBへ移ります。
現在予定されている役は全て踊ります。
ということです。

決まっている分は踊りきるというところが
ケガとかではないので、当たり前と言えば当たり前ですが、
ファンにとっては安心できるというものです。
今後のタマラの踊る日はチケット争奪が大変そうですね。

私は、タマラは最近まで食わず嫌いというか
ロイヤルの来日公演でも、見なくてもいいか、という位置づけでした。
が、前々回のロイヤル日本ツアーで、大阪での行われた
ロイヤルガラで、女王に捧げるバレエのクイーンなんとか~と
いうので彼女の踊りを見て、すごく好きになりました。
今まで見なかったことを後悔しました。

前回のマイヤリングは、これはタマラ&アコスタで見なくっちゃ!
ということで、初めて全幕を生で見ました。
出番は少なかったけれど素晴らしかったです。
インタビューを読んでも、すごく頭のいい人で
バレエに対して熱い思いを持ち、いろんな勉強をしている
姿は、本当に素敵だなと、その男前ぶりを
尊敬していました。
実際に会うと、とっても小さくてかわいらしい人で
ファンひとりひとりにとても誠実に接してくれて
何だか全てを兼ね備えた人だとますます惚れ直しました。
なんといっても、あの素晴らしい「足の甲」は
甲がまったくない私には憧れです。

ENBも今はなんだか大変そうですが
彼女の人柄とクレバーさでみんなをまとめてくれるでしょう。
応援したいですね。

そして、夏のバレエフェスで見るのがますます楽しみです。
全幕のドンキは、ポルーニンのお騒がせ発言で
チケットの売れ行きが鈍るかと思われましたが
タマラ見たさに、チケット争奪が大変になるかも?

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:15  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。