スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.04.25 (Sun)

「オペラ座は生きている」

4/24 BSジャパン10周年記念番組
「オペラ座は生きている」見ました。
貴重映像もあり、オペラ座の魅力がよくわかる番組でした。
特に、カール・パケットとデルフィーヌ・ムッサンの椿姫の
舞台映像は重要なシーンを結構長い時間見せてくれて
かなり、嬉しかったです。
是非、全部見たいなーと思ってしまいました。
ムッサンも日本公演で見たジゼルですっかり
ファンになってしまったので、感情表現の実力はわかっているので
絶対に素晴らしいに違いないです。

それ以外には、バレエで言えば、ドロテとマチアスの
ジゼルのレッスンシーンも素敵でした。
ドロテの素晴らしいこと。彼女の日本でのジゼルはかなり高評価
でしたが、納得の踊りです。
彼女は前回パキータで見ましたが、元気で若さにあふれたという
イメージだったのですが、すっかり大人のしっとりした
ダンサーになっています。
全ての動きが美しく、アームスのラインも完璧に美しかったです。
マチアスは先生の指導に「おっしゃるようにはできません」って
言うのに驚きました。「できなくてもしようと努力しなさい!
あなたにできないなんて言わせないわよ!」って突っ込みたかったです。
あと、スタジオでの全体レッスンではマチューの姿が見えました。
合間に後ろで誰かと談笑するマチュー、美しくグランジュッテアティチュードするマチュー。

あと、オペラ座の建物の中を隅々まで見られたのもおもしろかった。
建物のどこに何があってとかの説明もよくわかって
よく見るレッスンスタジオがあそこにあってあんな形なんだともわかりました。
舞台がない昼間は建物内を自由に見学することができるんですね。
立派な博物館のようで、バレエを見に行っただけではそこまで見られないので
昼間の見学には行く価値ありですね。
しかし、オペラ座の建築にあたっての苦労はものすごいものだったようです。
改めてその大きさと建築の複雑さと、機能性も素晴らしいものですね。
その歴史の重さもひしひしと伝わってきました。
今まで、オペラ座にはそれほど行ってみたいと思ってませんでしたが
絶対にここでバレエを見てみたい!という夢を持ちました。
ロンドンでロイヤルオペラハウスでバレエを見るぞ!という夢は
ありましたが、やはりパリオペラ座でも見なくては!と
強く思いました。バレエの聖地の名にふさわしい舞台ですね。
この劇場で椿姫を見る牧瀬里穂の映像を見てたら
こんな空間で見たらどんな舞台でもものすごく
特別な素晴らしい感動を感じるだろうなと思ってしまいました。
それが、本当に素晴らしい舞台ならどんなにすごい
感動を味わえるんだろうかと考えただけでも
鳥肌がたってしまいました。
BSジャパンさま、素敵な番組をありがとうございました。
あの椿姫の映像をなんとか全編見たいものです。
難しいことはわかりますが、なんとか。
スポンサーサイト
22:36  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.04.12 (Mon)

アメリカンアイドルシーズン9

いよいよトップ11まできたアメリカンアイドルS9ですが
前回は、なんとずっとなぜないのかと待ちわびていた
テーマ「ローリングストーンズ」の曲でした。
12→11という微妙なところでの登場は少し??でしたが
多くの出場者が残っている段階での方が、
多くの人の歌が聴けて楽しかったのでまあいいか。

ストーンズの曲はストーンズ以外が歌っても
(プロであっても)満足できることが少なく
やっぱり、ミックのボーカル、ストーンズの演奏でこそ
かっこいいんだなと再確認してしまうほど、難しいので
少々心配もしていました。
が、みんな思ったより良くてやるもんだなーと思いました。
ただ、みんな「うまくまとめた無難な出来」程度で
インパクトがあったのは、シヴォーンの「黒くぬれ!」くらいでした。
もっと、インパクトのあるパフォーマンスをして私たちを
驚かせてくれることを期待していた私にはもの足りない回でした。
みんな、パワー不足な感じで、結果発表の回で披露された
デヴィッド・クックさまの「ジャンピングジャックフラッシュ」で
やっと、これだよねー!という気がしてしまいました。

・アンドリューの「ギミーシェルター」はアレンジがかっこよくて
いいなあと思いましたが、やっぱりもう一押し欲しかったなー。
・クリスタルの「無情の世界」はクリスタルワールドで
自分のオリジナルになっていて力みもなくかっこよかった。
・マイケルの「ミスユー」もアレンジが決まっていた。
・ディディの「プレイウィズファイヤー」も渋い選曲で
なかなかのでき。
・リーの「ビーストオブバーデン」も彼らしくアレンジされていて
リー節を聴かせてくれてよかった。
・レイシーの「ルビーチューズデー」も
彼女らしい歌声を聴かせてくれていてよかった。
・ ケイティの「ワイルドホースィズ」は選曲を聴いたとき無理でしょ
と思ったけれど、かなり良かった。やっぱり歌うまいんだなと
本戦に入って初めて思いました。
・シヴォーンの「黒くぬれ」は私も
まったくアダムランバートと重なりました。
あの絶叫も!絶叫はいらなかったと思うんですが、エンディングはよかった。
・一番がっかりしてもったいないと思ったのはケイシーの「イッツオールオーバーナウ」
ストーンズの初期の名曲(カヴァー)をそこらへんの何でもないポップスにしていた。
ケイシーなら、もっとかっこよくインパクトあるブルースロックをやって
みんなの度肝を抜いてくれるかと少し期待していたが、それほどのパフォーマーでは
なかったのかも?
・今回唯一大失敗と思ったのはティムの「アンダーマイサム(邦題オレの指図で)」
のレゲエバージョン。「僕にはミックのようには歌えない」とはまさにその通りなんだけど
それにしても、もっと他にいい曲はあったろうに…。
以上は全員オリジナルとテイストを変えてきていたが、
オリジナルバージョンに近い形で真っ向勝負に出たのは
・アーロンの「アンジー」これはまさにオリジナルのまま。
しかし、正統に歌い上げてこれだけ聴かせられたのは素晴らしかった。
・ペイジの「ホンキートンクウイメン」もアレンジなしで
かなり良かった。ペイジも本戦でいいと思ったことはなかったけど
初めて、うまいんだなーと思った。楽しそうに歌ってたのがよかった。

でも、みんな、せっかくのストーンズで度肝を抜くチャンスだったのに
本当にもったいなかったなー。
至上最強のロックンロールバンドなのに、気持ちいいロックを誰も
聴かせてくれなかったのが非常に残念。
みんな若いのでストーンズの曲を知らなかったのでは?と思いました。
ストーンズの曲のかっこよさを知らなかったのでは?とも思います。
今回の候補者はものすごいレベルが高いという審査員評でしたが
みんな、小さくまとまりすぎでうまく歌うことに気をとられすぎている気がして
あまりおもしろくなくなりつつあります。
前回落選のアレックスが大化けしてくれそうな予感があり
楽しみだったのに非常に残念です。
ともかく最後まで行方を見守りたいですね。

21:56  |  ローリングストーンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。