スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.21 (Sun)

ワールドクラシックス「くるみ割り人形」

ワールドクラシックス@シネマ
「くるみ割人形」ロイヤルバレエを見てきました。
アンサネッリとヒリストフという
これまで主役では見たことがない二人の主役ですので
どうかなーと思いながら見ましたが、やはり
くるみ割りは楽しいですね。
金平糖の精は都さんのが基準になってしまうので
どうしても、都さんならこうなのにーと
思いながら見てしまう部分があったのですが、
都さんのは誰にも真似できないものなので、比べるのは
誰にとっても酷な話ですよね。
アンサネッリも十分きらきらしていて、すてきでした。
ヒリストフも華やかなタイプではないですが、
好感の持てる王子ぶりでした。
クララのイオーナ・ルーツも前回の日本公演で
シルヴィアでは、山羊。眠りでは猫、と動物ばかり
踊る人との印象でしたが、どれもとても軽やかなステップで
身のこなしもすてきだったので、そのとおりの
とってもキュートなクララでした。
くるみ割り人形のリカルド・セルヴェラは
日本人好みの男前で好きなダンサーだったので
期待通りの踊りで大満足でした。
ドロッセルマイヤーのギャリーもすごい存在感で
音楽と見事に一体化した動きですてきでした。

あと、前回引退の記事を載せた佐々木陽平さんも
花のワルツで登場され、あいかわらず端正な踊りを見せてくれていて
うれしい限りです。同じところには蔵健太さんも。
平野くんも、がんばってたし、小林ひかるさんも花の精で登場。
日本人ダンサーはロイヤルの中ではなくてはならない存在になっていますね。
次にプリンシパルになるのは、誰か楽しみです。
私の予想では、ユフィちゃんかな~?
大きい画面でバレエを見るのはとにかくとっても楽しかったです。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

17:15  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02.05 (Fri)

佐々木陽平さん引退

今、ロイヤルバレエの蔵健太さんのブログを見てショックなニュースを発見。
長年ロイヤルで踊っておられた佐々木陽平さんが
1/23付けでロイヤルを引退されたとのこと。
突然のことで残念です。
日本公演まで待って、都さんとともに引退を日本で
送りたかったのに。
佐々木さんの踊りはコジョカルの眠りのDVDでの
ブルーバードでも見ることができますが、
本当にこれぞロイヤルスタイル!というのだろうな
という、本当に丹精で派手さはないものの
ジェントルマンな感じの優しい踊りで
うっとりとさせられます。
ロンドンのファンにも愛されていたと思います。
蔵さんもいつも陽平さんの背中を見て目標にしてきたので
寂しいと語っておられますが、
若いダンサーたちにとっても、その姿勢がお手本となったと
その踊りから想像できます。
佐々木さんのブルーバードと踊るフロリナ王女のサラ・ラムの
踊りからもパートナーに対する信頼感が伺えました。
都さん、佐々木さん、二人の日本人でありながら
ロイヤルスタイルを見事に体現されたお二人が同時期に
ロイヤルから離れるということは寂しい限りです。
でも、ロイヤルには日本人ダンサーも蔵さん、平野さん
小林さん、ユフィちゃん、と主役をはれるダンサーがたくさんなので
あとを受け継いでほしいと期待します。
でも、個性でいうとみんなそれぞれの個性があるのでまた違った
彼らのあとを受け継ぐというのは違うでしょうが。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:08  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。