スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.22 (Fri)

ロイヤル西宮公演チケットゲット!他いろいろ

前回の記事から、東京遠征、仕事とバレエレッスンなどが
続いて更新できませんでしたが、日々元気に頑張ってます。
本日は、ロイヤルバレエのロミオとジュリエット西宮公演
会員先行予約の日で、10時から電話リダイヤルをしまくること
約40分でようやくつながり、無事にチケットゲットできました。
久々の電話での予約で、これほどかけ続けたのも久しぶり。
東京遠征があるので、こちらは席代をけちってC席にしましたが
この会場は狭いので3階でもそれほど遠くではないのでまあまあの
席がとれました。今日は、振り替えレッスンがあったので
家を出るタイムリミットぎりぎりにつながりラッキーでした。

1/8にオーチャードホールのルジマトフ最後のバヤデルカを
見に行きましたが、色々複雑な思いがあり、感想をなかなか
書けずにいます。芸術監督の職について以降、たぶんルジ様の
踊りを見ていなかったような気がするのですが、
そのことによって彼の踊りも少し変化していたのか
想定外の演技、踊りにかなり戸惑ってしまいました。
そのうち簡単な感想を書きたいと思います。

それと、1/11には誕生日を迎え、なんと43歳になりました。
1/17は、あの震災から15年の日を平和に迎えました。
長い様であっという間の15年でした。
今年は15年目の節目ということで、震災関連の番組もあり
神戸新聞ではいろんな連載記事もありました。
それらを見ると、あの朝のまさに悪夢のような光景と
あの日の絶望的な気持ちを思い出して、涙が出てしまいます。
身近な方を亡くされた方々の記事を読んで、
私は、身近に親しい人で亡くなった人がいなかったけれど
そのことが不思議なくらいで、本当に紙一重だったと思います。
翌日に、自宅から西宮北口駅まで8時間くらいかかって歩き
やっとの思いで電車に乗り、奈良の実家までたどりついたのですが
今では、毎週その西宮北口まで電車に乗ればあっという間の30分で
行くことができて、そこにバレエのレッスンを受けにきているという
あの日から考えると夢のような日常を送っています。
あのときは確実に神戸は終わった、と思いましたが
今はそんなことも忘れて、神戸で日常生活を送ることができています。
もうだめだ、と思っても、想像もできなかったこんな幸せが先にある
っていうこともあるんだな、と今改めて感じます。
今は不況でつらい思いをしている人もたくさんいると思いますが
先には、どんな幸せが待っているかもしれないと思って
希望は捨てないでいてほしいなと思います。
復興のシンボルとして建てられた西宮芸術文化センターで
ロイヤルバレエを見ることができるのも素敵なことです。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:30  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.06 (Wed)

ロイヤルバレエ西宮公演

7月3日のロイヤルバレエ団西宮公演について
先行予約、一般発売の予定、主役が出ていました。
いつもは、東京公演よりかなり遅れての発売なのですが
今回は、東京よりも発売自体はかなり早いですね。
1/22(金)会員先行発売、1/24(日)一般発売です。
キャストは私の予想を裏切り、都さんではなくて
ロベルタ・マルケス&スティーブン・マックレーでした。
東京公演ではマルケスはロミジュリにキャスティングされていないので
貴重ではありますので、見る価値はありますね。
しかし、マックレーは東京で都さんとロミジュリ2回踊り、
リーズも初日にマルケスと踊り、西宮で計4回と
今回の日本公演で最多の出演です。
そういう意味では、西宮公演も楽しみです。
NBSからも案内が来ているので、
どの組み合わせで買うか検討しなければなりません。
都さんの回は、とにかく押さえなくては、ですが、
私のように地方からの人は日曜の回、関東の方は
最終の火曜日狙いでしょう。火曜日の回が
とにかく、都さんのロイヤルとの最後の舞台になるので
伝説の舞台になることでしょう。
値段と回数を考えると、出費を抑えるために安い席も
考慮に入れたいのですが、エコノミー席ってどうなんでしょう。
今まで、購入したことがないので謎です。
4階の後ろの端の方とかなんでしょうね。
でも、見えたらいいっていうか、都さんの最終公演なら
その場にいることができたら…っていう気もするので。
滞在費用と、往復旅費を考えたらロンドンにも行けちゃうのでは?
という感じですね。とほほ。

芸術文化センターのリンクはこちら
http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/asp/01_calendar_kouen.aspx?hid_KouenID=4220811108

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

12:04  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.01.01 (Fri)

あけましておめでとうございます

2010年が幕をあけました。
皆さん良い新年をお過ごしのことと思います。
暖かい日が続いていたのですが、大晦日、元日と
ものすごーく寒くなり、強風が吹き荒れてました。
我が家には主人の父が鹿児島の南の島からと妹が鹿児島本土から
やってきています。よりによって寒くなってしまって
かわいそうなのですが、寒い中昨日は神戸の港めぐり
本日も初詣に行きました。
なので、昨日の兵士の物語も今日のウィーンフィルも
録画で、まだ見ておりません。
落ち着いてからゆっくり見ようと思ってます。
結局、兵士は再放送で普通の映像、大晦日はウィルカメラで
録画しました。ちょっと見たけれど、まったくウィルだけ映ってる
わけではなかったので、十分全体の流れはわかるようになっていたような
気がします。もっと、ウィルオンリーな感じかと思っていたので。
3日はNHKニューイヤークラシックコンサートも放映があるので
こちらも予約済みです。
新聞の番組欄にも、「吉田都ジュリエットを踊る」と出ていました。
あと、首藤さんの美しくなるバレエは見ましたが、
とっても素敵な映像になっていました。
なんか、イメージビデオっぽくて、首藤さんファンにはこたえられない
ものでしょう。私も首藤さんファンですが。
あんなに、優しい柔らかい声で指導されたら、
とろけてしまいそうです。女性に対してどんな指導をされるのかと
興味がありましたが、とっても丁寧に、照れて遠慮することもなく
熱心に指導されていました。ああ、やはり首藤先生の指導を
受けてみたいと思いました。すごく、指導する表現を工夫されているようで
自分が普通にやってきたことを、大人から始めてそれが自然にできない
人にどう伝えれば理解してもらえるかを、考えてくださっていますね。
私の先生方もみんなそれは考えてくださってますが、
そのボキャブラリーが、また独特な気がしました。
なんか詩的という感じ。
続きも楽しみです。
では、本年もこんな稚拙な文章で、個人的な感想のブログですが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。

テーマ : 日記 - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。