スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.08.20 (Wed)

オリンピック閉会式にROHダンサーが

本日は、徹子の部屋に吉田都さんが出演ですね。

今日の新聞で知ったのですが、北京オリンピックの閉会式に
次回オリンピック開催地ロンドンのアピールのために
ロンドンの市長はじめ、ベッカム、
そしてジミー・ページと今話題のあのレオナ・ルイスの共演(これって楽しみですね)
ROHのバレエダンサー数百人も登場するそうです。
数百人って、そんなに団員がいるとは知りませんでした。
主役級の知っているダンサーも出ると楽しいのですが
当日のお楽しみにしておきましょう。
録画してチェックしなければわからないくらいかも。
以前トリノオリンピック開会式に出たボッレは
全身タイツでほとんどわからない状態でしたし。(笑)
この夏は、オリンピックと初の発表会でわくわくしていたのですが、
オリンピックも主要競技が終わり、なんかすっかり淋しくなり
発表会もあっという間に終わり、もう夏は終わったなと
すっかり、秋モードになっています。
でも、外はまだまだ暑いけれど。
また、新たな目標に向かって一から再出発しなければ。
発表会はとっても楽しく終わりましたが
そのうち感想をアップしたいと思っています。
ダンサー気分を味わえてちょっといい気分でした。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

11:08  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.08.02 (Sat)

ABT「海賊」大阪公演 続き

「海賊」感想続きです。
DVDのABT「海賊」スティーフェル、アンヘル、ケント、ヘレーラ、マラーホフという
超豪華メンバーの映像を予習として見てから行きました。
しかし、このメンバーは最強ともいえるものなんで果たして満足できるかと
不安も感じながら、しかし、ニーナとカレーニョならまた違う趣で見られるとも思っていました。
配られたキャスト表にはホセ・カレーニョとなっていたので直前に降板が決まったようですね。
しかし、ニーナとゴメスが見れるならそれくらい十分許せます。
ゴメスはずっと見たいと思っていたのに、いつもキャンセルになってきて
やっと見ることができました。

まずは、ゲンナジー・サヴェリエフ@ランケデムの市場での踊りから
かっこよく始まりました。
これは映像版と同じだった。
そして、海賊一味登場、サッシャ・ラデツキー@ビルバント登場。
センターステージでの美しい踊りを見てからお気に入りだったので
今回大きな役で活躍する彼を見られるのは嬉しい。
相変わらず、美しい足さばきで落ち着き、安定感を増していて
安心して見ていられます。かっこいいです!
お次はゴメス@コンラッドの登場。拍手。
やはり、ひときわ大きくて逞しい。しかし全く重さを感じさせない。
豪快なジャンプを決めても、やわらかーいプリエで着地するため
足音は全くしない。回転でも、常に高い所に体をキープできているのが
はっきりわかります。これなんですよねー。とっても、美しいです。
最近私がチェックポイントにしているジュテアントルラセも
と~っても美しい。後ろに上げる足が長く高く上がっています。
空中での静止ポーズが常に美しい人です。期待通り。
メドゥーラがおみこし?みたいなのに乗せられて顔見せ。
顔のヴェールをとる前から拍手が起こる。
大阪公演にはめずらしくよく知っているお客さんが多いようです。
ABTファンの遠征組かABTには固定ファンが多いのか?
満面の笑みのニーナ。きらきらオーラ。
コンラッドは一目ぼれ!それも納得の華があります。
メドゥーラはその様子を見てしめしめという感じで花を投げます。
花をナイスキャッチして、コンラッドは大はしゃぎ。
ビルバントに「ほらほら、あの子俺に気が有るんだぜ!すっげー、やったー!」と
無邪気に自慢して、ビルバントに呆れられる。「からかわれてるだけだよ。ばーか。」
ゴメスかわいいです。こういうキュートな演技ができる人なんですね。
映像で見たのは、フェリとのオセロとかスワンレイクのイケメンロットバルトとか
シリアス調のしか見たことがなかったので、新鮮でした。
そして、アリにここへ彼女を連れて来いと命令。

アリは既に登場していたが、アリちっちゃーい。陰のうすーい目立たないアリ。
でも、考えてみれば奴隷なんだから陰の存在であるのが正しいとも言えます。
いつも見慣れているアリは出てきただけでものすごい存在感で
あのお辞儀をするポーズがむやみに美しく見とれてしまう。
奴隷と言ってるけど、いったい何者?ただの奴隷ではないんちゃう?と
かんぐりたくなるアリ(その代表はもちろん当代一のアリ、ルジマトフ様ですが)
それって別に必要ないと言えば必要ないんですよね。

しかしアリは密かにやり手であっさりメドーラをここに連れて来る。
コンラッドとメドゥーラの爽快な踊り。
二人ともとても大きく踊るので見ていて気持ちいいです。
サポートもパートナーリングもばっちりで安心して楽しめます。うっとり。
メドゥーラも男らしくも優しいコンラッドに惚れてしまいます。
これは惚れるでしょう。納得。
ランケデムがやってきて引き離される。
「彼女は俺のもんだ」と勝手なことをいうコンラッド。
ここは市場なんですけど。我儘な海賊の頭です。
パシャが登場して、ビルバントは「金づるが来たぞ」と喜ぶ。
パシャの前で三人のオダリスクが踊る。
踊りながらパシャの方へ行ったら、パシャに媚を売るように流し目をする。
芸が細かいです。気に入られようとしたのに、いらん、と言われ悲しそう。
映像版でジリアン・マーフィーがしていたアティチュードからピルエットを続けて
斜めに進んでいくところは、さすがにジリアンのようにたくさんは回りませんでしたが、
確実に1回転ずつ丁寧に決めていきました。これでも音楽に合わせていくのは
十分難しいでしょうね。無難にこなしていました。
そして、ギュリナーラ登場。
パシャは「わーい」と喜んで「早く顔を見せて見せて!」と大興奮。
ギュリナーラのミスティ・コープランドは小柄でとっても筋肉質なダンサー。
ふくらはぎの筋肉がものすごかった。左右二つにくっきり割れてるのが見えてた。
悪くはないが、無難にこなしていた感じ。これといった印象は残らず。
あの体を見ると身体能力はあるはずなので、もっと自分の個性を出して、
強く踊ってもいいかなと思う。これからに期待します。
それよりも、ここはランケデムの踊りでしょう。
ランケデムの最大のお楽しみと思っていた
最初の大きく跳んで大きなプリエで着地するのが別の振りだったのが
ちょっと残念だったですが
噂の540見せてくれましたよ。540の1周すごかったですね~。
会場がどよめきました。連続ザンレール前進みもキレイに決まり
最後にもまた足を上に振り上げるようにしながら回るマネージュの
ラストに大きな540を決めてポーズもばっちり決まりかっこよく大盛り上りでした。
これでは、ギュリナーラもかすんでしまうのも無理はないですよね。

次はメドーラをパシャに売り込む。
メドーラを見て、パシャはあまりの美しさに気を失って、後ろに倒れる。
爆笑。パシャの演技はかなり吉本的でわかりやすく笑えました。
メドーラと一緒に踊るのですが、足をきれいに上げてキープしてたり
結構美しく踊れててそれがまた笑えました。

パシャがメドーラとギュリナーラを大金積んで買取り、
連れて帰ると、コンラッドがアリに彼女を奪って来いと命令。
作戦を練っていたけど、そんな単純な作戦だったのか。
そんなに簡単にいくの?と思ってたらアリはやはりすごい腕を持っている。
あっさりメドーラを奪って、ランケデムまで捕まえてくる。
やはり、只者ではないアリでした。

そして、お楽しみの2幕。
洞窟でのパドトロワ。
これまでひたすら腰が低くひたすら命令されていたコルネホ@アリやっと見せ場です。
やはり、ソロになるとすごいですね。
突然、待ってましたとばかりにはじけました。
とにかく、飛んで回って、ぐるぐる回る回る。いつになったら止まるの?
っていうくらいのピルエット。コレーラ君にも負けてません。
客席も大興奮で一気にヒートアップです。
ニーナもとっても素敵です。回転もものすごく早く、フェッテでも楽々。
手拍子が起こり、普通のダンサーの場合タイミングが狂って回りにくいだろうに
と心配になりますが、ニーナはそんなことおかまいなしに軽々と手拍子に合わせて回ります。
シェネも超高速。最高にきれいです。
パドトロワのラストのレヴェランスはDVDではコンラッドは後ろで立って見ていて
アリとメドーラが二人で拍手に応えていて、コンラッドこれでいいのか??と
思っていましたが、今回はゴメスがニーナをサポートしながら拍手に応えていた。
アリは、横に立ってお辞儀。この方が自然です。
そして、ゴメスの見せ場。大きなかっこいいソロ。
さっきのアリ、に負けじと張り切っていました。
とってもかっこよかった。大技を見せるというのはなかったと思うけど
とにかく、一つ一つのポーズ、空中でもう一度上に伸び上がるような感じで
その静止する瞬間の形、つま先の美しさが印象に残ります。
そして、ソロが終わって両手を大きく上に広げてのポーズで決めてから
もう一度その手でこぶしを作りどうだーとばかりに突き上げてのガッツポーズ。
口も大きく開けて「ハーッ」!っていう感じでした。
そのガッツポーズでさらに拍手が大きくなり、笑いが起こり、
そのあとは、横を向いて駆け足用意!の時のように両手をくの字に曲げてグーにして
大きく振りながら「やったぜー!」という感じで全速力で走って退場。
ガキ大将みたい。爆笑でした。とってもキュートなゴメスでした。

サッシャの海賊たちとのかっこいい踊りもとっても素敵で大きな拍手。
サッシャの踊りは最初から最後まで、普通の動きの時にも音楽に
ぴたーっと合わせていて、ぞくぞくするほどでした。
いつでも、美しいつま先、美しい足のラインで素敵です。

そして、打って変わって寝室でのメドーラとコンラッドのしっとりした踊り。
大人の落ち着いたムードで、サポートもひたすら美しく優しいので
ニーナも安心して踊っている感じ。見ているほうも安心してムードに
ひたれます。会場中にしっとりした空気が漂い、みんな息をひそめるように
して二人の愛の踊りをうっとり眺めていました。
本当にため息物の美しさでした。
ラストのメドーラまっさかさまも美しく決まりました。

あれこれあって、パシャの宮殿。
パシャが眠いから寝床を敷いてと頼み、
よっぽど眠かったんでしょう(笑い)その寝床の所にバタンと倒れこむ
そこでも、笑いが起きました。

生ける花園のとこもきれいで満足。正直あまり覚えてないですが。
ニーナはグルジアバレエで来日した時よりもかなりボディがしぼれていて
体のきれ、柔らかさもあったように思えました。
やはり、舞台をこなすことでダンサーは体ができてくるものです。
ギュリナーラのミスティはこういうやわらかい踊りは苦手なようです。
腕が硬い感じできびきびした踊りになってしまうみたい。

それからまた、あれこれあってラストへなだれ込む。
連れ去られたメドーラたちを追って行くパシャがまた笑わせてくれました。
お腹をゆっさゆっささせながらも女のためなら必死で走る。
そのあとを細いのに走るのが遅い家来がもう無理ーって感じで追いかけてるのを
パシャはその家来の手をがっしと掴み思いっきり引っ張って全速力で走る。
パシャはかなりうけてました。ヴィクター・バービーさんという方です。

忘れてました。最後のコンラッドのソロはゴメスちょっと疲れてたのか、気を抜いてたのか、
ジュテアントルラセの後ろ足が甘かったです。残念。最後までこっちは見てますよ。
しかし、このラストはとってもアメリカ的ですね。
船が難破して、コンラッドとメドーラは二人とも助かりめでたしめでたし。
なんですが、アリ、ギュリナーラはどうなったの?ととっても心配。
別にただの物語なんだからそこは気にしないでいいのだろうけど
良かったねーとは素直に思えないんですよね。
アメリカの映画って結構そんなとこ良く感じるのですが、
「沈黙の~」シリーズとかもみんなどんどん死んでいって最後は
主人公とヒロインだけは生き残って良かったね、みたいなことが多くて
私はそこにいつも引っかかって素直に楽しめないんです。
ギュリナーラなんか、パシャのとこでかわいがってもらってて
おいしいものも食べられただろうし、そこそこ幸せにしてたと思うんだけど
なんかわかんないけど、助け出されてまあ自由になるのだから
悪くないか、と思ってたらこんなめに合って死んでたとしたらなんてかわいそう、
って思う私は、皮肉屋さんなんでしょうか。
どうせなら、全員無事一緒に流れ着いてめでたしめでたしに
してくれたらこんなに悶々とせずに済むのに。

まあ、そんなこと悩まなくてもいいんですけど。
とにかく、これぞABTという舞台楽しめました。
終演後、デマチはものすごい人でした。ABTのファンという人って多いのですね。
みんな、手早くサインをしてさっさとお迎えのバスに乗り込んでいきました。
ゴメスは、白地にストライプのシャツで下は短パンというきっちりしてるんだか
ラフなんだかわからないいでたち。でも、やはりかっこよかったです。
ニコニコ素敵な笑顔でした。そして、ただ遠くから眺めていたくてぼーっと
見ていた私ですが、よそ見をしていたらバスに乗る彼の邪魔をしてしまっていて
後ろから私の肩に優しく手をおいて、「すいませーん」と優しい声で言ったのは
なんとゴメスその人でした。噂どおりスイートな人でした。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

17:33  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。