スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.06.27 (Wed)

ラプソディインブルー その2

明日といいながら、止まらなくなったので続けます。
こちらにはダンス部分の感想を。
ラプソディインブルーはとにかく楽しい。ストーリーで見せるのも楽しいけれど、単純にテクニックだけを楽しむのもやはり好きです。一人ずつ自分の得意技を見せていくところで一番会場が沸いたのは、大貫真貫さんのガブリオール?だったかなんだったかなんかいろんな技をつなぎあわせたようなので覚えてないのが残念なのですが、とにかく舞台中央でものすごーい大きなジャンプで豪快でした。一番の笑いを誘ったのが服部君。舞台上手でみんなの注目を浴びている服部君。右足前の5番で手はアンバーで準備。左足を横へタンジュして左手もアラスゴンドに。何をするのかと期待していたらその左足を前に入れてまた5番、手もアンバーに戻してきれいな左足前の5番にしてポーズを見せる。そして、よっしゃきれいにきまったとばかりに思いっきりのガッツポーズ。それが、きれいだったのが余計笑えました。さっきの舞台を作った人とは思えないほどのユーモアを見せてくれる。服部君は暗さも持ち合わせていながら、踊りで笑いをとるのがすごく上手です。無茶苦茶踊ったりへんな動きをするんでなく、笑わせるセンスが抜群です。それと、彼の特徴はそのリズム感。パンフレットの彼の話でダンサーが音楽を聴かなさ過ぎることが残念と書いてありますが、彼ほどの音楽への鋭い感覚を持っている人はそうそういないと思います。びっくりするくらい音楽と一体化しています。音楽というよりリズムが踊りそのものに染み付いているのです。やはり、服部家の血でしょうか。付け足しておきますが、服部君の技は5番だけではもちろんありませんでした。さすがに5番だけでは、みんなからブーイングが出て、冗談だよとばかりにお得意の200度開脚をしっかり見せてくれました。
横関雄一郎さんはローザンヌガラでも前に見ましたが、さすがのクラシックダンサーぶりでした。安定していて、機を衒ったところがないけれど、好感が持てる踊りでした。
そして、大貫さん。さすがコンクール入賞常連者。平成11年全国洋舞コンクール、こうべ洋舞コンクール優勝。そして、今年の全国洋舞コンクールパドドゥ部門で眠りを踊って優勝とクララ最新号に載っていました。もちろんローザンヌも。コンクールで優勝するのって短い部分だけで自分を表現して印象を残さないといけないし、魅せることに長けていないといけないと思います。彼の踊りにはそれがあります。実際の体よりも踊ると大きく見えて、手足、体を最大限に大きく使えています。この踊りの大きさ、伸びやかさが魅力です。そして、何より自由に楽しそうに踊っていました。shevaさまのサイトにかきこみさせていただいたのですが、彼は16才のときインタビューでバレエは色々な習い事の一つだったが、ラスタ・トーマスの舞台を見てバレエが大好きになり、バレエで生きていこうと思った。好きなダンサーとして一番にラスタの名前をあげていたのです。その憧れの雲の上の存在だと思っていたラスタと舞台で競演できるなんて、どんなに幸せを感じているか想像しながら彼らの踊りを見ていたらこちらまで感動して涙が出てきてしまいました。母親でもないのに…。こんなことってあるんだなーと思うと夢を持ち続ければ本当にいつかかなうこともあるかもって思えてきました。
ラスタですが、実際に初めて彼の踊りを見ました。もっと、マッチョ系の筋肉ダンサーだと思っていたら、意外にしなやかな踊りをする人でした。あんなに筋肉がついていてもやわらかく踊ることができるなんてうらやましい。それに、踊りに表情があるというか、ダンスでいろんな表現ができる人です。服部君の難しい振り付けも彼の体を通したからこそ、ここまで明確に伝えることができたんだと思います。また、他の演目で見たいダンサーです。でも、ばりばりクラシック古典の王子を踊るのは想像できませんが。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:57  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.06.27 (Wed)

ラプソディインブルー名古屋公演

遅くなりましたが、6/22(金)愛知芸術劇場での服部有吉公演「ラプソディインブルー」を見てまいりました。
開演午後6時半、終演午後8時40分ごろでした。
間に20分間の休憩有。
まずは、一言で言うと最高に素晴らしい公演でした。
あと残すは6/30(土)大阪梅田芸術劇場での昼・夜2回を残すのみですのでもし迷われている方は、是非是非見に行ってください。
改めて、服部君の才能に感服しました。
子供から老人まで楽しめる舞台を作りたいという服部君のポリシーですが、前半のストーリー部分はちょっと難しい部分もあるかと思いますがラプソディインブルーは文句なしに子供から老人まで楽しめる舞台になっていました。その前半のダークな部分との、思いっきりのギャップがまた楽しませてくれました。
ほんとによくできた構成だなと、彼のプロデュース能力にも感動を覚えました。
あとは、ネタバレありなのでこれから見ようかなという方は見てからお読みください。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

20:18  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.06.15 (Fri)

はなまる吉田都さん

6/13(水)はなまるマーケットのはなまるカフェに吉田都さんが出演されました。おめざではマンダリンホテルのアフタヌーンティーセットでスコーンを紹介されていました。スコーンの自分のこだわりのクリームの塗り方を伝授されました。スコーンを本気で食べてらっしゃって、スコーンをもぐもぐされているのに、話を始められてしまい焦っていた都さんがかわいかったです。スコーンの食べ方でかなり時間をとってしまい、お話がかなり急ぎ足だったのが残念。なんと日本で結婚式をあげられたそうでそのお写真も公開されていました。これは超お宝です。チャペルのような所で、ウエディングドレスにベールをかぶっての姿が遠くから映っていたのですが、とても美しく改めてよかったなーと思いました。最初の写真がポワントの写真で年間ものすごい数を履きつぶすという話題でした。ポワントのことをバレエシューズと紹介されていて、それはポワントでバレエシューズはそれじゃないよーとつっこみながら見ていました。でも、一般の人にとってはバレエシューズとポワントの区別がつかないのが普通のようでして、私も周りの人に「もうすぐトゥシューズはけるんだー」と話したら、「え、じゃあ今は何履いてバレエしてんの?」といわれてしまいました。あのトゥシューズをはくのがどんなに大変か、どんなにすごいことかってわかってもらえないんです。私も、自分で履く様になってどんなものか初めてわかったのですが。あのシューズの中で足の指を伸ばしているとは思ってませんでした。足の指を曲げて立つんだと思ってました。だって、あの足の指の先で全体重を支えるなんて考えられないですよね。自分に合うポワントに出会うのが大変だという話が身に浸みます。私たちのような素人ダンサーと違い毎日のようにリハ、舞台で履くのだからものすごい数が必要なんですよね。最近バレリーナさんの写真を見る時ポワントにものすごーく注目してるんですが、ポリーナセミオノワがすごくぼろぼろのポワントを舞台で履いてるのを見てちょっとびっくり。これがお気に入りの一足なんでしょうね。
都さんに話を戻すと、今回の海賊の舞台映像が流れ、そこからスタジオの都さんにカメラが戻るとなんと都さんは顔をゆがめて、あちゃーというお顔をしてらっしゃいました。きっとその自分の踊りが気に入らなかったのでしょう。ちょっと、体の角度が悪かったかな?とか私なりに分析してしまった。ピケターンへの入りがちょっとぎこちなく見えたようにも思えて、都さんといえども不調の時もやはりあるんですね。数少ないその場面を写されてお気の毒です。私の勝手な推測だったらすみません。素敵なロンドンのご自宅の写真も見られて嬉しかったです。とにかく、ドンキにも出演が決まったようなので体のメンテナンスをしっかりして少しでも永く踊り続けて下さいね。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:36  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2007.06.03 (Sun)

恋愛睡眠のすすめ

先日、第5週でバレエレッスンがお休みだったので久々に映画館で映画鑑賞。
ガエル・ガルシア・ベルナル&シャルロット・ゲンズブール主演の「恋愛睡眠のすすめ」
結論からいうと、とーってもかわいくて、笑えてほのぼのとして心がほっこりする映画でした。私の中で今年のナンバー1(まだ始まったとこですが)、人生の中でもベスト10に入るくらいの大好きな映画になりそう。わかる人にはものすごく楽しめるけど、??という人もいるかもしれない映画ではあります。だけど、あんなに笑った映画はひさしぶりでした。心がほっこりしたい人にはおすすめです。
ガエルのダメダメぶりがものすごく情けなくてかわいくて、喜んで「髪をなでて」あげたくなっちゃいます。
シャルロットもいつまでも少女の透明感を残していて不器用だけど一人で立っている感じがすごーく魅力的でした。今時みないようなだぶだぶセーターにジーンズというあのスタイルがすごくかっこいい!普通の人ならダサーイ感じになりそうなんだけど。
この二人の組み合わせってどんな感じ?と見るまでは想像できなかったのですが、すごくいいコンビネーションでした。
そして何より気に入ったのがシャルロット演じるステファニーの作るフエルトの作品の数々。一番気に入ったのは茶色のフエルトで作ったタイプライター。ざくざくぬった感じがなんともいえずかわいいのです。あの白い船もなんてことないけどかわいくて、セロファンの海に浮かぶ船の中の白い森素敵でした。思わずフエルト買って作ってみたいと思ってしまった。
あまり、ストーリーは語りたくないですが、バレエを好きな人は好きなんじゃないかなーと思います。バレエを感じるのには想像力が不可欠なので、そんな想像力とメルヘンチックな面を持っている人は是非見て欲しいですね。DVD出たら買いたいと思った久々の作品。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

22:22  |  映画  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。