スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.10.16 (Mon)

ルジマトフのシェヘラザード

10月15日(日)「ルジマトフ&インペリアルロシアバレエ」シェヘラザード
新宿文化センター大ホール 15:00開演 二部構成 終演17:30頃
昨日は、夢にまで見たルジマトフの金の奴隷を見に新宿へ行きました。
その前に、新国立劇場のビデオライブラリーへ行って新国立公演映像を見ました。吉田都&ウヴァーロフの「ドンキ」と吉田都&ヨハン・コッポ(このように表記されていてちょっと受けてしまったが、本当の発音はコッポなのか?)の「ラ・シルフィード」どちらも最高に素敵でした。この感想はまたいずれ。こういって結局流したままのものがかなりありますが…。早く、昨日の興奮を書きたくって!
まずは、「もうたまりませ~ん」という感じでしたね。大満足の舞台でした。
しょっぱながいきなり、マハリナの「プレリュード」。ガラ公演でしょっぱなにこういう静かな作品で、しかも一人の舞台でちょっと難しいところですが、さすがの貫禄です。会場の空気をマハリナ色に染めたという感じ。一気に世界に引き込まれました。どういう内容の作品なのか、よくわかりませんでしたが、踊りの中にさまざまな感情を織り込んでいたように感じました。大切な人との別れがあり、それでも踊らなくてはならない。踊りに集中できずぎこちなくなる。でも、踊っているうちに踊りの世界に入り込んで自分を取り戻す。とかそんな風に感じる部分がありました。なんにしても、とても雰囲気があり美しく切なく素敵でした。
「ダッタン人の踊り」すみません。ほとんど覚えてませんので省略。
「アダージェット~ソネット~」ルジマトフ
なんだか、ものすごーく不思議な感覚を覚えました。
なんか、催眠術にかかっていたかのような時間でした。真っ暗な中に明るくなると舞台中央に頭をこちらに向けて仰向けに寝ているルジさま。首を曲げて顔がさかさまにこちらに見えた。腕を上に上げて合わせるたり、離したりと動かす。なんかこの日本の腕が独立した生き物のように見えた。上半身裸に黒のぴったりパンツ。この姿のルジさまは何度も見ているがそのたびに違うものを見せてくれる。最初のうちは何を表してるのかな?などと考えていたが、そのうちそんなこと考えるよりも「無」になって見よう!と思った。そっからは身動きもできずルジさまの動きをただただ見つめていました。なんか、ほとんどそれからは記憶がないのです。最後の方に何かが彼の元から逃げて行き、それがふ~っと空の方へと飛んでいってしまった、みたいなところがありましたが、そこでふっと我に返りました。あ~行ってしまったと心から感じた。何が行ってしまったかはわからないけど。
ルジさんはこういう踊りではいつも自分の内面を全てこちらに差し出している感じがするのですが、今回は私も自分の内面を全て差し出してしまったような感覚でした。見終わった後、あの自分を全て出し尽くして空っぽになってしまったルジさんと同じようになった。一体なんだったのだろうか。もう、ぐったりでした。
というわけで、次のマハリナの「瀕死の白鳥」あまり印象ありません。疲れ切っていたので。でも、なんか強い白鳥に見えました。
ここで一部終わりと思い込んでいたのでまだ、「ワルプルギスの夜」があることにショックを受けました。ごめんなさい。もういっぱいいっぱいです。この演目は思いっきり休憩させてもらいました。次に備えて…。
さて、お待ちかねの「シェヘラザード」
生ザハロワも初めてです。とってもキレイ。手足がながーい。王様も素敵です。
私が感じたストーリーはこんな感じ。
ゾベイダは若く無邪気な王妃。王様に愛されて、彼女も王様のことを愛していて、幸せだわーと思っていたら、王様の周りには美しいハーレムの女たちがいつもつきまとって、王様もその女たちをかわいがる。ゾベイダは与えられた宝石をうっとりと眺めながらも他の女に目移りしている王様を見て、とっても寂しそうな表情をしていた。私のことはもう愛していないのかしら?と不安になっている。
王様が出かけると、若くてたくましく美しい奴隷たちを部屋に入れる。先に他の女たちの相手が出てくる。それぞれお相手が決まっているようなので、いつもこんなことをしているみたいです。そして、ゾベイダが最後に鍵をあけると、じゃ~ん!と思いっきりかっこよく金の奴隷の登場。思わず拍手。この衣装を着けるとあら不思議。さっきは細く華奢に見えたルジさまの体がたくましくマッチョな男の体に見えます。いつも、あまりの美しさに、その体から男らしさは感じることがないのですがこのルジさまはまさしく男!でした。ああ~。(意味不明)
ゾベイダは奴隷とじゃれあいながらも焦らす。完全に主導権を握り奴隷をもてあそぶ。王妃と奴隷なんだから当然なんですが。でも、一緒に踊っている時は奴隷という感じはしないのです。ぴったり寄り添って、奴隷が王妃を堂々とリードしている。そこで完全に奴隷は王妃は自分のものと思い、でも一応奴隷なので、足元に、寄り添う。すると、王妃はまたさっきのダンスがなかったことのようにさっと逃げていく。そのたびに、奴隷は「なんでですか~?」という表情をする。ゾベイダはその表情を見てとっても嬉しそう。もっと、男らしいとこを見せてみなさい、と言われて「これでもかー!」とばかりに男らしく踊ってみせる。ダイナミックにそして、のびのびと踊ってみせる。もう、普通の女ならメロメロになるところだけど、それでも、また、一緒に踊ってはさっと逃げる。そのたびに「えー、これでもだめなんですか~?」と情けない表情をするのがたまりませんでした。なんてかわいらしい人でしょう。ゾベイダはきっと、奴隷をメロメロにすることで自分の女としての自信を取り戻したかったのでしょう。王様に飽きられていると思って自信をなくしていたから。だから、奴隷をかわいいと思っているけど本気にはなっていない。思いっきり遊ばれている奴隷。でも、奴隷もそれを結構楽しんでいる感じ。「まだ、だめよ」と言われて頑張る姿にも悲壮感はない。奴隷といってもそれほど虐げられている奴隷でなく、結構普段はよい待遇を受けているんではないかと思わせる奴隷。かわいい王妃に利用されていることを喜んで受け入れている。二人は良い関係を保っているんだなーとほのぼのしていたところへ、悲劇が…。
王様が帰ってきて家来が、男たち女たち次々刺し殺していく。最後に残った金の奴隷が剣をジャンプしてよける。ここが美しかった。でも、あっさり刺される。後ろ向きに倒れているので顔が見えません。それを見てゾベイダは取り乱す。王様にごめんなさい、許してくださいと懇願する。本当に愛しているのは王様だけです。と泣いて訴えると王様もそうだったのか、と許す気持ちになる。ところが、王様の剣を抜いて奴隷を刺した男を刺そうとする。よくわからないけど、これは王の弟?こいつはいつもあることないこと、王様に告げ口する嫌なやつでゾベイダのことをよく思っていないので、日頃からこいつがいなければ!と憎んでいたゾベイダにとっては天敵。今回のこともこいつの策略に違いないと思い、刺そうとした。でも、失敗してはっと我に返るともう私はおしまいだわ、と思い、王様に私を殺して下さい。と訴える。王様はゾベイダを試すつもりで、そんなに悪いと思うなら自分で死ね、という。すると本当にゾベイダが自分でお腹を一突きにして死んでしまい、王はそんなまさかー!と嘆き悲しむ。このラストは思いがけなく涙を誘った。こんなに悲しい気持ちになるとは思っていなかった。
大盛り上がりのカーテンコール。ルジさん、ザハロワは割りと早く笑顔になる。ルジさんは、初めはいつもの片方の口角を上げてそこだけで笑う感じだったけど、いつもよりも目が笑っていた。それから、顔中の笑顔になっていった。こんな笑顔のルジさんを見たのは初めてでは?と思う。まだ、5回目の生ルジさんだけど。ザハロワもとても嬉しそうな笑顔。二人とも満足のいく舞台だったようだ。二人のパートナーシップは安心して見ていられてとても素敵だった。ルジさんものびのびと踊っていたように思う。コンディションも上々だったように見える。いつも、苦悩を抱えたとかそんなのが多かったので、この役は苦悩と言うより本能のまま踊れるのでこちらも楽に見られるしほんとに楽しめた。
カーテンコールは何回あったかわからないほど会場大熱狂。
ルジさんは両腕を上に上げて交差させながら首のところまで持ってきてのレベランスを微妙に形を変えながら繰り返す。すごく素敵です。これだけでも見ごたえ有。
数回してから、緞帳が下りたままその前にザハロワとルジさま二人で出てきてのが何度も何度も。最初はザハロワが花束をもらい、そこから一輪のバラを抜いてルジさんに差し出す。それを受け取ったルジさんは恭しくひざまずいてザハロワの手にやさしーくキス。キャー。なんて絵になる二人でしょう。何度目かでは最前列の方がさっと一斉に立ち上がり花束を持っている。思わず会場がどよめく。それを見て、ザハロワはわーすごーいって感じで笑顔でルジさんを見る。恥ずかしそうに笑うルジさん。そして、一つ一つ花束を受け取る。ラスト前の時は引っ込む時美しいグランジュッテを一つ見せてくれた。キャーッと歓声が上がる。
あーとっても楽しい舞台でした。思いっきり満足させてくれました。
ありがとう、ルジさま。いつまでも踊り続けて欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:29  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2006.10.04 (Wed)

首藤康之特集プリンツ21

首藤さんのサイトで告知されていた「prints21(プリンツ21)2006冬」やっと見つけて入手しました。普通の町の本屋さんでは置いていないようなアート系の特殊な雑誌のようです。ネットでも年間購読のサイトでは販売ありましたし、プリンツ21オフィシャルのサイトではバックナンバーの販売はありましたが、まだ、この号は出ていませんでした。
やっとのことで、ジュンク堂で見つけました。はじめアートや、写真のコーナーで探しましたがなくて、あきらめてバレエ書籍のコーナーを見ていて、イチバン下の棚に奥の方に隠れて首藤さんの耽美的な写真がちらっと目に飛び込んできました。えーっと思い見てみるとその表紙が表になって、置いてありました。ただ、だいぶ売れてしまっていたからか、それが奥の方に引っ込んでいました。しかも、一番下の段だったもんでこれは気づかないよーと、突っ込んでしまいました。残り、4冊くらいだったでしょうか。ジュンク堂三ノ宮店には。お近くの方はお急ぎを。バックナンバー常備店として、ジュンク堂梅田店、関東ではリブロ渋谷店、リブロ池袋パルコ店、リブロ吉祥寺店、町田久美堂ハンズ、リブロ名古屋店、リブロ江阪店、福岡福家書店、ヴィレッジヴァンカード岡山ビブレ店、ジュンク堂広島店。など載っていましたのでおそらくこれらの書店には置いているかも。これは、すばらしいですよ!!
内容は、首藤さんの幻の写真集の美しすぎるグラビア(全て裸!)。まだ、ざーっとしか見てませんが本当に盛りだくさんで超贅沢なものです。首藤ファンはぜ~ったい買うべき!と断言します。首藤ファンでなくても、バレエファンの方なら興味深い記事もたっぷり。これで1500円は絶対にお買い得。首藤さんの舞台の写真もたくさん、首藤康之トリビア的なものもあり、あまり知らなかった首藤さんの細かーい人となりなどもよくわかります。
嬉しかったことは、ビートルズよりもストーンズ好きで、テレビドラマ「フレンズ」が好きだってことです。私と同じ好みです。Beタロウでストーンズマークつきのニットを着ていたのでそんな気がしていたのでやっぱりーと嬉しくなった。フレンズも今またケーブルテレビで再放送をやっていて、また見ていますがやっぱりおもしろいんですよねー。あとは、首藤さんのオフィシャルサイトの名前の由来のヒントなど。私も常々SAYATEIって何?と思っていたので…。でも、答えはまだ解けていませんが。これからじっくり読みます。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:47  |  首藤康之  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。