スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.31 (Mon)

服部首藤パートナーシップhs06

本日待ちに待った、服部有吉、首藤康之パートナーシッププロジェクト「hs06」大阪公演、行ってまいりました。初日の29日は都合がつけば当日で行ってしまおうとさえ思っていましたが、仕事の納期が苦しい状態で泣く泣く最終日30日の1回のみの鑑賞となりました。
ロビーには、昨年共演した宝塚の蘭寿とむさんより他多数のお花が届いていました。
そして、
チラシの中に速報!「服部有吉コラボレーション決定」シンフォニックバレエ音楽とダンスの完全融合。オーケストラとダンサーそしてコンダクターが音楽的視覚的にとけあう。音楽指揮、金聖響。演出・振り付け・出演 服部有吉。ピアニスト松永貴志。2007年6月、梅田芸術劇場メインホール、bunnkamuraオーチャードホール。を発見。
来年からは6月になるのかな?ハンブルクを離れたらやはりいつものメンバーでは来ないのかな?ハンブルクのいつものメンバーが良かっただけに今回でこのメンバーが最後かなと思うと寂しい気持ちに…。
でも、プログラムの服部君の言葉にすごく嬉しくなりました。
ハンブルクを離れることに触れて「10年、15年先の自分を見据えて、将来、総合的に舞台芸術をプロデュースする為の勉強をしたいと考えての移籍です。今年の作品を含め、今は挑戦、模索、研磨の時期だと思います。今後の活動も暖かく見守っていただければ幸いです。」ということでした。まだ25か26歳で今の安定したところから新しい世界へ踏み出すことにもすごい心意気を感じますが、総合的にプロデュースする為の勉強とはっきり自分の将来図を描いていることにも尊敬さえ感じます。今日の舞台を見て、彼のその言葉がただの漠然とした希望では決してないことを確信しました。絶対にそれが可能な才能を意欲を持ち合わせた人です。舞台を見終わって帰りの電車でこの文を読んだ時、心から嬉しく思い、涙が出そうになり、ずっと彼のことを暖かく見守ることを決意しました。本当に見守るだけしかできませんが。
今日の舞台に関しては、これから東京公演なので殆どの方がこれから見るという珍しい状態ですので、あまり詳しく言及しません。固定観念を持たず、まっさらな気持ちで見てほしいと思うから。私の解釈は続きを読む以下に書きますのでこれから見る方は見てから、どうぞ。
1部ホモサイエンスは、本当に実験的な作品。見終わった瞬間はうーん、どう理解したらいいのか?という気持ちでしたが、あとからじわじわそういうことか、でもこうも考えられるな、とか受け手によっていろんな感じ取り方ができる作品でした。服部君の意図どおりにできあがっていると思います。もう1度か2度見たかったなー、またいろんな風に感じられたかも。
2部は、服部君の持ち味が最大限に生かされたとっても楽しめる作品でした。昨年のRハッターでも感じましたが、服部君は大衆の心をつかむ才能にたけています。おじいさんゆずりかな。それに、人を笑わせる才能もすごい。くすっと笑わせる、演出家としても、演じ手としても。表情とかタイミングが絶妙!!まわりを固めるダンサー陣も本当に息が合っていてそれも大きな要因だとは思います。これぞ有吉!!というのを存分に見せてくれて、有吉ファンには大満足の作品。
最後は、暖かい大拍手でカーテンコール場内明るくなってからも幕が開く。服部君は真ん中には立たず、端から2番目。でも、最後は服部君が前へ出てお辞儀。服部君にはひときわ大きな強い、暖かい拍手が送られる。会場の半分くらい?がスタンディングオベーションを送る。感動的。私ももちろんスタンディング。私のように「服部有吉ファン」が多いんだなという感じがした。服部君は大きな拍手に感無量の表情で胸に両手を当てて心を込めてお辞儀してくれた。こちらも胸が一杯に。
服部君やはり、あなたが好きです。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

00:56  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.29 (Sat)

マリンスキーバレエキャスト決定!!

ずっと気になっていた、マリンスキーの日本公演キャストやっと発表になりました。
一応、関西公演もあるので大阪とびわこのみチケット確保していましたが、やはり一番のお目当てだったロパートキナは東京のみでした。
薄々予想はしていたけど、やはりショックです。
せめてもの救いはゼレンスキーは大阪でジークフリードとびわこでアリをやってくれるのでよかった。
うーん、こうなると東京での白鳥ロパートキナ&ゼレンスキーに強く惹かれるのですがどうしましょう。ロパートキナは絶対に見たいと思ってたのですが…。
詳細はこちらへ。ブログも開設されるようで楽しみです。
http://www.japanarts.co.jp/

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

00:03  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.26 (Wed)

レニ国シークレットプレオーダー

eプラスからレニングラード国立バレエ冬公演のシークレットプレオーダーのお知らせメールが来ました。
紹介メール文が笑えました。
>そして、何といってもおなじみのルジくん(ファルフ・ルジマトフ)も登場します。
十八番である「海賊」と、近年の個人プロジェクトでも見られる演技・表現の面が最大に生かされる「ジゼル」も見所でしょう。もちろん「白鳥の湖」にも出演します。

ルジくんって!!初めて聞く呼び名です。私にとってはルジ様ですから。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:47  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.26 (Wed)

豪腕コーチング見逃した~

24日の豪腕コーチングカレンダーにもチェックして楽しみにしていたのに見逃してしまった~(涙)
10日間でオーロラのバリエーションを踊れるなんて、超興味があったのにー。どうしたら早く上達するのか、には最適なアドバイスが見られたのではないかな~?どんなレッスンだったのでしょうか?
もちろんポワントを履くのですよね?10日でそこまでいけるなんて信じられないほどすごいことです!来週もあるけど絶対録画しとかないと。
先週木曜のレッスンに行った時、隣のスタジオでは「これから始めるポワント」というクラスをやっていた。大人になってからバレエを始めてある程度上達してからポワントに挑戦するクラス。今指導を受けている先生からお許しが出たら、受講できるとのこと。驚いたのは、結構年配の方がいらっしゃったこと。年配といっても私もまもなく40なので、もっと上で、50歳以上だと思われました。それを見て、私でもまだこれから挑戦できるかなーと勇気が沸いてきました。今は、まだ無理だと思うけど、あと1年ほどしたら挑戦できるかなーとやる気が出てきました。
なので、この番組はすごく興味あったのにー。ともかく、来週楽しみにしていよう。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

10:25  |  バレエレッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.19 (Wed)

初めての振り替え&フロアストレッチクラス

先週の火曜日は仕事が納期に間に合いそうになくて、レッスン振替制度を初めて利用した。同じレベルのクラスなら他のクラスのレッスンに振り返られるのです。初心者クラスは平日夜か、土、日午前中しかないので行くことができず、休んだら1回お流れにしていたけど、今週は日曜時間があったので日曜のクラスに振り替えた。ところが、次の日曜までだとかなーり日が開いてしまうので、体がなまってしまうと思い、木曜のフロアストレッチ&バーレッスンのクラスも受けに行った。
このクラスも一回受けてみたいと思って気になっていたのですが行ってみた。
ストレッチなので、体を伸ばせていいかなーと思っていたのだけど、予想以上にきつかった。フロアに寝転んで足を上げて、つま先伸ばしたりフレックスにしたり、と普段のレッスンのストレッチには似ているが背中全体を床にぺったりつけたまま浮かないように、そして、息を胸に入れずに横隔膜は閉じたままでお腹に入れるように注意される。でも、足を上に上げてフレックスにしたら背中が浮いて、息が横隔膜に入ってしまう。背中つけたままは無理ですー。なんか、体を気持ち良く伸ばすよりも変なところに力が入ってしまって、筋肉痛になってしまった。バーレッスンもほんのちょっとでなんか不完全燃焼。このクラスはあんまり…。
お次は日曜のクラス。人数も多く、私のいつものクラスよりも年齢層がすこーし若いかなー。先生と見本を見せてくれる助手の方がいて、フロアの両端で見本を一緒に振りをしてくれるので、どちらを向いても見本を見ながらできるので振りを忘れてとまどうこともなく、良かった。
また、先生が一つ一つの動きに対してこの部分を意識して、とか重心をこのように動かしてとか詳しく丁寧にとても分かりやすく説明してくれるのでなるほどーと納得しながらできた。この先生は、みんなと一緒にずっと見本を見せてくれているので、一人ひとりに手取り足取りもっとこうして!とか直してくれることはしない。注意する時も全体に対して声をかけるので、自分がそれをできているのかいないのか、どこか悪いところはないか?と少し不安になることも。いつもの先生は、手取り足取り、形を直してくれたり、○○さん足の付け根をもっと伸ばしてーとか名指しで注意してくれる。なので、私にはそれが嬉しい。
クラスの雰囲気もいつものクラスは割と笑いがあったり、次はこれね。と言われ、それがむずかしいことだったりすると「え~」とか言ったり和気藹々というか和やかというかわがまま?先生と掛け合いが多い関西系レッスンって感じ。日曜のクラスは先生も至って真面目で、生徒さんも至って真面目、全く私語はなし。レッスン内容も火曜クラスは本当に基本の動きを一つ一つ丁寧にキレイにできることを第一にという感じ。日曜は基本的なものに少し組み合わせて少し上を目指す感じ。センターレッスンが高度で驚いた。火曜はワルツステップばかりまずやって次は手をつけて次はアラベスクを加えるとか徐々に動きを増やしていくという程度。日曜はいきなりワルツステップで手の動きもそれぞれ変えていって前に飛んでパドブレで方向変えて逆方向とか、火曜クラスのゆるさに慣れている私にとってはいきなりそんなに色々って!という感じがみんな普通にやっている。えーって思ったけど、なんとなくできたような、でも、手の動きがむずかしかった。一人ひとりを見て注意とかされないのでなんかできたような気にもなってちょっと高度なことができ嬉しい!という感じ。なかなか楽しかった。このクラスは是非また受けてみたいなーと思いました。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:55  |  バレエレッスン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.15 (Sat)

マリンスキー大阪公演先行

遅くなりましたが、本日午前10時よりマリンスキーバレエの大阪公演、「白鳥の湖」「ヴィシニョーワのすべて」のフェスティバルホールサイトでの先行抽選販売受付が始まっています。http://www.festivalhall.jp/top.html
「白鳥」キャストは以下のメンバーから決定します。ウリヤーナ・ロパートキナ、ヴィクトリア・テリョーシキナ、アリーナ・ソーモワ、ダリア・パヴレンコ、イーゴリ・ゼレーンスキー、ダニーラ・コルスンツェフ、アンドリアン・ファジェーエフ、イーゴリ・コールプ。
「ヴィシニョーワ」
「ヴィシニョーワのすべて」
出演/〈詳細未定〉以下のメンバーより決定します。
ディアナ・ヴィシニョーワ、ヴィクトリア・テリョーシキナ、ダニーラ・コルスンツェフ、アンドレイ・メルクーリエフ、アンドリアン・ファジェーエフ ほか
演目/「ジュエルズ」より“ルビー”
振付/バランシン 音楽/ストラヴィンスキー 「<スワン>家の方へ」
振付/ミロシニチェンコ 音楽/デシャトニコフ
「バヤデルカ」第2幕  振付/プティパ 音楽/ミンクス
「フォーサイス振付作品」 ※演目未定(ヴィシニョーワは出演いたしません)
とのことです。
一般発売は22日(土)です。イープラスは明日まで、ぴあでもプレオーダー本日からです。
2公演セット券あり。S席、31000円、A席26,000円とかなりお得になっていますが、セット券は22日からフェス直接のみのようです。
チケットぴあでのマリンスキーバレエ大阪公演詳細はこちらからどうぞ

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

20:42  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.13 (Thu)

Happy Birthday Mattew Hart

本日7月13日は愛しのマシュー・ハートのバースデイです。
34歳におなりです。
アダム・クーパーの「オンユアトウズ」で彼のダンスに一目ぼれしてしまい、東京、大阪と何度もでまちしてしまい、サインをもらい、写真をとり、あげくに手紙まで渡すという大それたまねまでしてしまうほど、入れあげていました。毎回ダンスを見て、素顔の彼に会うたびにどんどん好きになってしまい完全にアダムよりも上にいってしまいました。
あの時は、マシューボーンのスワンを踊りたいと言っていて、次のスワン候補かも?という期待もしていて、最後の公演の日に「また日本に来てください。」「イエース」「スワンレイクで?」と返すと指をクロスさせてにこっと微笑んでいた。その後、スワンもなく、シザーハンズのエドワード役にボーン氏自身がマシュー・ハートかウィル・ケンプをと日本での佐藤友紀さんのインタビューに答えていたのを読んでほんとにうれしかったのに、それもお流れに…。本当に残念でした。
あれ以来日本で踊ることもなく、寂しい日々ですが、ロンドンを拠点にヨーロッパで引く手あまたで、日本になど来る暇はないようですね。活躍ぶりを遠い日本からうれしく見守っています。
先月の「ゴースト」再演ではふくらはぎケガのため出演できなかったということで心配しましたがもう大丈夫でしょうか。
今日はロンドンで、素敵な誕生日を過ごしているといいのですが。
とにかく、おめでとう。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:22  |  マシュー・ハート  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.09 (Sun)

岡本太郎

金曜日夜日本テレビの岡本太郎「明日への神話」修復公開特番を見た。偶然何かおもしろいテレビやってないかなーと新聞を見て何気なくチャンネルを合わせてみた。首藤君がBe-TARO出演ということで太郎記念館へ訪ねているのをネットで見て改めて岡本太郎という人に興味を持っていたし、首藤君も出るのかなーというくらいで。
でも、見るうちにすごく引き込まれていった。太郎の養女だった敏子さんのドラマを間に挟みながら、太郎の生涯と、太郎の最高傑作というべき「明日への神話」がどのようにして、闇に葬られていき、どのようにして発見、修復への道をたどったかということを紹介していた。
岡本太郎といえば、「太陽の塔」、「グラスの底に顔があってもいいじゃないか」「芸術は爆発だ!」でおなじみではあったが、変わったおじさん、という認識しかなかった。
太郎記念館の映像を見てなんか首藤さんがいうように拒絶されている感じ、というのがこの小さい画面からも感じることが出来たし、作品にすごいパワーがあるなーと改めてすごさが少しわかってきた。
「太陽の塔」は今はエキスポランドという遊園地になっている所にあるので、そこへ遊びに行った時何度か、普通に見てきた。子どもが小さい時にあそこでウルトラマンフェスティバルがあり、行った時はフェスティバル会場が塔のすぐそばにあったので初めてすぐそばで見たらものすごーく大きくて驚いた。こんなに大きかったんだーと一寸感動した。
でも、今見てみるとその作品の圧倒的な力に驚かされた。太郎と敏子のドラマにも心引かれ、思わずアマゾンで岡本太郎関連の本を探して1クリック購入してしまった。太郎の両親岡本かのこと一平のことについては本で読んだりして、この不思議な夫婦関係の子として育った太郎はどのような人だったのかなーとは思っていたが、やはり、太郎と敏子の関係も他人には理解できない不思議な関係だったようだ。どちらも外から見たら納得できなくても本人たちは幸せだったのだろう。
来月東京へ行くので、是非「明日への神話」見に行こうと思った!
「太郎記念館」も勇気を出して行って見たいです。

テーマ : アートイベント - ジャンル : 学問・文化・芸術

17:13  |  日々のできごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.07 (Fri)

ドイツ語講座

7/5(水)23時30分よりドイツ語講座に服部有吉君出演。
後半の10分くらいだったかな?ドイツ語を使って活躍している日本人を紹介するコーナーの第1回で、第1回にふさわしく素晴らしい人選。
思ったより内容の濃いものですごくおもしろかったです。
服部君が町の果物やさんでバナナを買っていた。もちろんドイツ語で。
「バナナを2本くらい。」って、おじさんが入れようとしていたのをこっちの方を下さいって言ってた。バナナを1本単位で買えるのっていいなって関係ないけど。
それから、昨年の宝塚との舞台の椅子に座って踊ってたやつがちょっと映った。詳しく服部君の経歴も紹介あり。
バレエ団でのバーレッスンの風景もちょっと。服部君テレビを意識して恥ずかしかったのかちょっと笑いをこらえながらレッスンする。かわいい。ハンブルグバレエスクールの寮を訪ね、この廊下の長いすでみんなでパジャマ姿でよく話をしたなーって思い出を語る。ドイツ語はまったくわからなかったが、必ずその場にいてみんなの話を聞いていた。少しずつ話しができるようになるとみんなが間違いを教えてくれたり発音を教えてくれたりしたそう。すごいなー。そして、ドイツに来てからの彼をずっと見ていたという団の専属カメラマンのおじさんに会う。寮の彼がいたという部屋も訪れた。部屋が2人部屋だけどすごく広くて明るくてすっきりしていたのが印象的。ドイツってくらーいイメージがあったがこの部屋には驚いた。きれいな所にいないときれいな踊りはできないからなんだろうなー。
ずーっとその中で服部君はドイツ語を話している。ドイツ語を話す服部君を見たのはもしかして初めてかも?
ドイツ語は全くわかりませんが、番組の講師の方の話によると日本人ぽいなまりは全く無くてネイティブと同じきれいな発音だそう。音楽家の家系なので耳がいいんだろうなー。それに、とっても魅力的な話し方ですね!だって~。やっぱり人柄が出るんだ~と嬉しくなった。
その国の言葉を学ぶには日本人とのつながりを絶つこと、だそうです。
服部君って何だか不思議な人だ。見た目はとても少年っぽくて、きらきらした目をしていて透明感があるけど、その反面すごく大人っぽさも感じる。確固たる自分を持っているし、自分をよくわかっていて、それに対してゆるぎない自信を持っている。その自信をひけらかすことはないが、そこはかとなくにじみ出ている。来シーズンから新しい環境で、また新しい可能性を見出すことが出来ると信じています。頑張ってくださいね。毎年、日本に来て踊ってくれることを切に願います。

テーマ : ことば - ジャンル : 学問・文化・芸術

21:08  |  服部有吉  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2006.07.03 (Mon)

バレエ・フォー・ライフ 大阪フェスにて

7月1日(土)7:00PM 大阪フェスティバルホール
イッツ・ア・ビューティフル・デイ:カンパニー
フレディ:ジュリアン・ファブロー
タイム/レット・ミー・リヴ:カンパニー
ブライトンロック:カルリーヌ・マリオン
ヘヴン・フォー・エブリワン:ステファン・ブリ
天使:ヴィクトル・ヒメネス
ボーン・トウ・ラブ・ユー:エリザベット・ロス
モールアルト「コシ・ファン・トゥッテ」
カインド・オブ・マジック
モーツアルト「エジプト王タモス」への前奏曲
ゲット・ダウン・メイク・ラブ
モーツアルト「協奏曲第21番」:ティエリー・デバル、カルリーヌ・マリオン
シーサイド・ランデヴー:カトリーヌ・ズアナバール
テイク・マイ・ブレス・アウェイ:ルース・ミロ
モーツアルト「フリーメーソンのための葬送音楽」:ジル・ロマン
Radio Ga Ga:ドメニコ・ルヴレ
ウインターズ・ワルツ:オクタヴィオ・スタンリー
ミリオネア・ワルツ:那須野 圭右
ラヴ・オブ・マイ・ライフ-ブライトン・ロック
ボヘミアン・ラプソデシ:ジュリアン・ファブロー、カンパニー
ブレイク・フリー(フイルム):ジョルジュ・ドン
ショー・マスト・ゴー・オン:カンパニー

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

18:46  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。