スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.13 (Thu)

バレエ2年生&プリマダム

ひさびさの記事。
ストーンズ来日中の余韻をひきずりまるまる一週間ほとんど
仕事をしないでいたので、その追い込みで今週はがんばってたので
なかなか日記も更新できませんでした。
昨年の4月からバレエを始めてまる1年たちました。
あきっぽい私なので、続くかどうか?と思いながら始めましたが
あっというまに1年たちました。休んだのも1年で5~6回くらいだったと思う。よくがんばったと思うけど、まだまだこれからという感じです。
1年たってできるようになったことは、床でのストレッチで足を前に伸ばしたところから両足を左右に開いていってそのままぐるーっと後ろまで回すの。始めたころは腕で思いっきり上体を持ち上げてそれだけでも無理で片足ずつやっとという感じでしたが、今は手を軽くついて上体をほんの少し持ち上げるだけで足を後ろに回せるようになりました。
でも、ルルベでバランスでは、軽くバランスを保てる時もあるけど
未だに軸が決まらず前や後ろにふらふらする。
バットマンは横は結構あがるようになった。でも、やはり左右の関節の柔らかさに差があり5番でプリエをすると左右不対象のひしがたになってしまう。ともあれ、こつこつとまたがんばります。
さて、昨日から楽しみにしていたドラマ「プリマダム」始まりました。
仕事をその時間までで終え、テレビの前に。
いきなりスワンレイクの舞台があり、この会場どこかなーとか思いながら見ました。会場狭かったですね。どきどきしながら見ていると、いきなり、白鳥の群舞から?今始まったのになんでー?と思いながらもまあ、ここからの方がわかりやすいかと納得。しかも、その幕でいきなりブラボーでスタオベ。ちょっとずっここたけど、まあテレビ上仕方ないですか。小林紀子バレエ団の舞台でした。
それと、驚いたのが小林十市くんがパリオペのダンサーという設定。パリオペではちょっと雰囲気が違うでしょう。しかも、神田うのが空港で出会い、パリで彼の舞台を見てきたというから、現役の設定??
しかも、そんなダンサーがあんな場所の小さいスタジオでスクールを作るって、Kバレエスクールと違いすぎ。
そんな人が、あんなところで指導してくれるならものすごい生徒が集まるでしょうに。
一番声を大にして言いたいのは、レッスンシーンもみんな上手すぎ!!
いきなりあんなにできませんって。あれは経験者のクラスですか?
どう見ても初心者クラスじゃありません。もっと、初心者からここまでできるっていうとこを描いて欲しいなー。あんなの見たら、ほとんどの人が自分には無理ねって思うんじゃないかなー。もっと、私もやってみようかなーと思えるようなレッスンシーンを期待していたのに…。
それと、はるぼう小さい頃からやってるはずなのに5番が出来てないのは不自然。そこそこは頑張っていたと思うし、そういう子をキャスティングした製作側の責任で彼のせいではないからかわいそうだけど。若いのでこれから頑張って上達してくれるでしょう。
主人公の旦那許せない!!あの黒木瞳に向ってお前は女として終わってるなんて、日本中の主婦を敵に回したと思う。どう見てもキレイですって。私はどうなるのよーって思ってしまった。あんな旦那なら私なら即離婚ですね。娘もバレエなんて「ださい」ってショックな一言。
なんか、他人事と思えずにがーんとショックを受けたり怒ったりしながら見ていました。
この日一番のハイライトは十市君のバーガーショップでのアラスゴンド32回転。「うーんここではちょっとねー」と言いながら立ち上がると
きれいに椅子とテーブルが片付けられて不自然に空間があった(笑い)
そこで、回転を始める。おもしろすぎ。でも、さすがに美しかったです。彼の生舞台を見ることができなかったのが残念。体に負担をかけずに踊れる振付をしてくれれば踊りたいと前に言っていたからそれが実現するのを楽しみにしています。ベジャールさん是非お願いします。
十市君の演技はものすごく自然で安心して見られた。よかった。
明菜の演技は、今回はまだましだが、やはり苦手。来週も楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

12:43  |  バレエレッスン  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2006.04.03 (Mon)

名古屋ドーム行ってきます

この2週間ほどなんだか幸せな気持ちです。ストーンズのメンバーがまだ日本にいてくれると思うと…。今回は私自身は見に行くのが初日と最終日の2回だけと過去日本公演で最少。今まではチケット争奪も大変で、まずは徹夜でチケットぴあやセゾン並びに始まり、いろんな手段でチケットを入手し、それで満足できないとオークションで少しでも良い席を求めて、自分の余ったチケットも売り、と直前まであわただしくしていました。ですが、今回はオフィシャルファンクラブのみでチケットをとり、チケットを余らせることも無く穏やかな気持ちで来日公演を迎えました。大阪では比較的がんばれば、アリーナ最前列も手に入り、前々回2列目、前回ツアー最前と2列目で見ることができて、夢のようでした。一回そのような幸せを味わったからか、今回は、どこから見ても全然関係なく素晴らしいライブだとつくづく思った。
今回は、ライブ始まるまであまり気分的に盛り上がらず、今までのように燃える事が出来るかと少し心配があって望んだ東京ドーム初日。もう、涙もののセットリストということもあり心から燃える事ができました。帰りの深夜バスの時間があり最後の方時間が気になってアンコール終わった途端ダッシュで会場を出ないと行けなかったのが残念だったけど。それから、ラストの名古屋まで2週間もその気持ちのままいられて本当に幸せ。そのためなら仕事も必死でがんばりました。とはいえ、その間にそごうバレエフェスもあり、8月の吉田都さんのくるみ割りのチケットイープラスでプレオーダーしたりとバレエも忘れてはいませんが…。バレエを見るようになり、ライブの見方、体が資本のパフォーマーの年令とかのことなど色々考えるようになりストーンズに対しても違った見方をするようになりました。
ともかく、5日は楽しんできます。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

21:31  |  ローリングストーンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。