スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2006.03.30 (Thu)

そごうバレエスペシャル

先日速報でお伝えしたそごうバレエスペシャル24、25のレポホームページにアップしました。何分、記憶が既にぼやけていてトークの再現って難しい。録音しとくんだったー。以前、在宅ワークの勉強の初めにテープライターの勉強をしたので、書き起こしの勉強にもなるし…。覚えているかぎりでのおおまかな輪郭は再現したつもりですが、もしこれに参加されてこんな事言ってなかったよという方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
こちらからどうぞ。
http://kyon4211.fc2web.com/index.htm
スポンサーサイト

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

01:51  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2006.03.27 (Mon)

そごうバレエ・スペシャル

3/24(金)~そごうバレエスペシャル~ディアギレフからベジャールまで~そごう大阪店にて開催。
東京バレエ団ベジャールディアギレフ公演に先駆けてと題してのイベントがありました。昼の部鑑賞無料イベントは世界バレエフェスティバル秘蔵記録映像上映会。世界のバレエ特別展示。第11回世界バレエフェスティバル出演者の写真パネル展示。歴代バレエフェスティバル参加者の寄せ書きサイン展示。
夜の部「トークショー」『だからバレエはおもしろい』講師、佐々木涼子さん。3/24『ロマンチック/クラシック・バレエの世界』ゲスト斉藤友佳里さん。3/25『ディアギレフとバレエリュスの時代』に参加しました。26日の『ベジャールの時代』ゲスト上野水香(ボレロ実演)は予定があり残念ながら参加できませんでした。残念。
とてもおもしろい興味深い内容でしたので、詳しくレポを書きたいと思いますが、速報として、いくつか。
世界バレエフェス秘蔵映像、1時間くらいのもので第1回(1976年)マーゴ・フォンティーン&イワン・ナジーの「ロミオとジュリエット」から第10回ギエム&ル・リッシュの「優しい嘘」まで各回から全22演目の短いハイライトシーン。印象深いものだけでも、第2回プリセツカヤとジョルジュ・ドン「レダ」第3回ドンの「ボレロ」ハイデ&クラガン「オネーギン」。ギエム&ルグリの「グランパクラシック」第5回の特別プログラムオールスターキャストによる「白鳥の湖」全幕。コジョカル&コレーラの「チャイコフスキーパドドゥ」他。なんといってもすごかったのが、モニク・ルディエールとパトリック・デュポンの「ドンキ」。デュポンのすごいこと。思わず笑ってしまうほど回るわ回る。超高速シェネで舞台からはけていくとき空まで飛んでいってしまうんじゃないかと思った。
あと、トークショーもすごくおもしろくて貴重な体験でした。
1日目、DVDユカリューシャよりマチュー・ガニオくんとの「ラ・シルフィード」を少し見た後斉藤さん登場。ロマンチックバレエを踊る時にどういうことを考えながら踊るかなど、思い入れたっぷりに語って下さいました。まだ、「ジゼル」を踊ったばっかりでジゼルをひきづったままなんですー。と、とても浮世離れした感じでまさにロマンチックバレエを体現してらっしゃいました。美智子妃が見に来てくださって終演後お話した時のことも語っていただいて感動してしまった。
それと、クラシックバレエの改訂版の例としてこの2月の東京でのマラーホフ版「眠り」のグランパドドゥも少し見せて頂きました。
2日目。ビデオでパリ・オペラ座の「ペトリューシュカ」「薔薇の精」(ルグリ)「牧神の午後」(ジュド)を少し。
あと、なんとうれしいサプライズ、首藤康之さんの「ビデオインタビュー」あり。企画段階では首藤さんがゲストで出演していただくということでご本人も楽しみにしていたらしいのですがリハーサルで忙しく出演は断念で、ビデオでの出演となったそうです。このビデオも本人のお気に召さなかったようで、流さないでもいいですよと首藤さんがおっしゃったとのこと。でも、みたいですよねーと佐々木先生のふりのあとビデオを見ました。壁を背に黒か紺のブレザーにボタンダウンっぽい薄い色のシャツを着た首藤さん。胸から上の結構アップでカメラに向いて立っている。インタビュアーは写らずに横からぼそぼそと質問をする。それに首藤さんはカメラに向って答えるというもの。首藤さんは少し髪の毛が後ろのほうとかぴんぴんっとはねていたりして、かわいかった。そんな感じのインタビューでずっとカメラ目線に緊張しつつ、たまに目線が泳いだりしていて思わず応援したくなる。印象的だったのは「ニジンスキーはどういう存在ですか?」の問に「男性ダンサーにとっては永遠のあこがれでもあるし、永遠のライバルでもあります。」と。ライバルというのはすごいと思った。なんだか、うれしくなった。内容は既にうろ覚えですが、後日もう少し詳しくHPにアップ予定ですのでお楽しみに。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:54  |  バレエ鑑賞  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2006.03.17 (Fri)

ウェルカムトゥージャパン ローリングストーンズ

今朝のめざましテレビを見て驚いた。
ストーンズのメンバーがもう日本にやってきた!!
いらっしゃいませ、お待ちしておりましたよ。
しかも、初めての4人揃っての来日です。
いつも、ミックとチャーリー、キースとロニーという感じでばらばらにやってきたので一度の来日は追っかけの皆さんにはうれしかったでしょう。ストーンズが来日するたびにいつも、関東在住の方たちがうらやましくなります。
やっとこさ、チケットが手元に届いて上京の交通手段も手配した所で、もうあと1週間ないのだなーと今朝考えていたら、来日とのニュース。ファンのサイトでは昨日来日のニュースは流れていたけど、昨日は見ていなかったので…。
あいかわらず、チャーリーは素敵でしたね。私は、ストーンズのメンバーの中では最年長のチャーリー・ワッツが一番好きなのです。
初めてストーンズのライブをワシントンDCまで見に行ってから、かれこれ17年。あの頃はストーンズ一筋で、初来日時は東京ドーム10回の内会社を休んで5~6公演見たかな?もちろん独身でした。2度目は、子供が2歳で子連れで東京ドームへ行き、見たのは1回だけだったかな?3度目でやっと大阪へ来てくれた。4度目はAMPのスワンレイクと同時期の来日で、アダム・クーパーとストーンズが今思うとちょうどすれ違いだった。いつアダムが出るかわからないし、ストーンズ大阪公演とスワン大阪公演が重なってやきもきしていた。上手い具合にアダム大阪登場はストーンズが終わった後でよかった。その時を境に、私はバレエ街道まっしぐら、家で聞く音楽はバレエのクラシック音楽。バレエを習い始めコンサートホールへ行くのはバレエを見る為。お嬢様ファッションに身を包みヒールの靴でお出かけ、が日常になってしまった。
久々のロックライブでしかもストーンズ。瞬発力がなくなった今日この頃、体力が持つか少し心配。でも、今回はなんと初日東京ドームと最終日名古屋ドームのみの2回。いつもはチケット争奪に間際までオークションとにらめっこの毎日でしたが、今回はオフィシャルファン倶楽部できっちりだぶることなく行く分のみ押えてなんと落ち着いていることか。
でも、来日のニュースを見てやはり、そわそわしてきた。
まだ、ストーンズのライブを見たことがない皆さん、是非、一度行って見て下さい。かっこよいですから。
バレエファンの方々もどうぞ、足を運んでください。
チケットはこちらから。なお、オークションではニセチケットが出回っているそうですので、ご注意を。
ザ・ローリングストーンズ ア・ビガーバンジャパンツアー

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

22:41  |  ローリングストーンズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.03.08 (Wed)

バレエの美神感想やっとアップ

1ヶ月たってやっと「バレエの美神」感想をアップしました。
いまさらだけど、ルジ様の「レクイエム」をやっと書けて良かった。
一ヶ月たってみてやっと自分なりに表現できた。
http://kyon4211.fc2web.com/watch_ballet_index.htm
バレエの美神に関連して、「スパルタカス」を踊ったタチアナ・レドフスカヤとドミトリー・ザバブーリンのご夫婦が3/19(日)大阪フェスティバルホールにて行われる「畑節子 BALLE TFORUM'06 」公演の「阿修羅」に主演されます。何を隠そう私の習っているバレエの先生がこちらのバレエ団所属の先生で、たまに来てくださる大先生がこの畑節子先生です。「美神」を見た後のレッスンの日、いつもの先生にこのお二人の舞台を見てきましたと話をしたら、丁度その日から3日間今度の舞台の振付にいらっしゃってますよということでした。今度の舞台はクラシックでなく、コンテンポラリー系でしかも、阿修羅というタイトルからわかるように日本風?な題材で阿修羅という魔物をお二人が演じるとか。初めは直前に来て振付をする予定だったけど丁度、日本に来ているので前もって振りを覚えたいということでいらっしゃったそうな。これは、お二人にとっても挑戦とも言える舞台で興味深い舞台になりそうで楽しみ。是非、皆さんも足を運んでみて下さい。いわゆるバレエ学校の先生の舞台ではなく、本物の公演なので、お子様方がうじゃうじゃというものではないと思いますので安心してどうぞ。ダンマガにも国内公演のところに出ていたので結構すごいもののようです。チケットぴあで好評発売中です。
畑節子 BALLET FORUM 06
http://www.eonet.ne.jp/~hataballet/

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

23:00  |  バレエ鑑賞  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.03.08 (Wed)

クラッシュ絶対見て欲しい!!

昨日、バレエのレッスンのあと、アカデミー賞作品賞を受賞した
「クラッシュ」見てきました。受賞作がその時映画館で上映中って日本ではあまりないことですよね。いつもはアカデミー賞とる映画ってあまり興味のないものが多いのですが、これはおもしろい役者さんがたくさん出ているし、ちょっといつもの受賞作とは違うという話だったのでレディースデーだし早速受賞翌日に行きました。
小さい映画館だったので案の定一杯。もちろん立ち見も。
あまり、内容について触れてしまうとこれから見る人の楽しみ半減なので語れないけれど、すごくいい作品だった。作品賞にふさわしい作品だと思う。これを作品賞に選んだアメリカに拍手を送りたい気持ち。
この映画を是非是非多くの世界中の人たちに見て欲しいと思った。
今上映中というタイミングもあり、確実に観客動員は増えると思うのですごく喜ばしいことです。
役者さんについて語ると、まず、ドン・チードル。彼は最近たくさんの映画に出ているが、私が最初に知ったのは「ER」にゲスト出演したとき。カウンティ病院に研修にやってくる医学生の役で、パーキンソン病をわずらっており、たまに動けなくなったり、体が自分の意志とは関係なくびくっと動いたりというハンデを背負いながらも外科での研修をする。すごく印象的でどきっとするような表情をする。感情の奥深くまで表現していてすごい役者さんだなーと注目していたら、いろんな映画に出ているのを見て、やっぱりと思った。もともと映画俳優でテレビにもゲストとして出たということらしい。この映画に出てくる人たちはみんな何か心に闇を持っていて良い人、悪い人とわかりやすくくくることができない。実際の人間とはみんなそうだよね。彼も、やはりすごく奥深い演技で見せてくれた。彼の同僚で恋人役の女性、よーく知っているんだけど誰か思い出せなくて帰ってからネットで調べて納得!!「スピンシティ」にステイシー役で出ていた彼女だった。すごくおもしろい人で大好きだった。全然違う役なんで気付かなかった。
それと、助演男優賞候補になっていたマット・ディロン。私たちの世代には懐かしいブラットパック代表するアイドルだったマットがどんな演技を見せてくれたか楽しみだったが、うまかった。昔から演技派だったが複雑な役をおおげさでなく普通に見せてくれて共感できた。
でも、俳優陣の中で一番よかったと思うのはライアン・フィリップ!!
奥さんのリーズが主演女優賞で彼女を影でささえる男になっちゃっていたが、彼が助演男優賞をとっても全然おかしくなかったのに、ノミネートもされずに残念。さぞや悔しかっただろう。あんなにいい演技をしているのに…。授賞式後のパーティーでも最後までリーズのお供をして健気な夫していたのが余計に哀しい。ライアン、素晴らしかったよ!私から賞をあげましょう。これからも頑張ってね。彼のシーンで思わず「あっ!」って声をあげてしまったよ。
暗い映画のようだけれど、見終わった後に前向きな明るい希望を感じることができる映画だった。よくできているなーと感心した。
今までならこんな映画がアカデミー賞にノミネートさえされなかったと思う。アメリカがこれではいけない、今なんとかしないと!と気付いたということだろうか?でも、アメリカだけの問題じゃなく日本もこのまま行くと必ずそうなっていくと思う。世界中の人たちがこうなりつつあるということに恐怖を感じて何とかしようと思えばいいのに。
みんな、これではいけないと気付きつつあって、そこから這い上がるきっかけを待っているのだ。この映画を発信したことがアメリカから世界へのメッセージだと思いたい。明るい希望を持たせてくれた素晴らしい一本です。決して暗くならないのでみんな大切な人と見て欲しいです。

テーマ : アカデミー賞/映画賞関連 - ジャンル : 映画

18:57  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。