スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.12.13 (Tue)

顔見世

先日、京都南座で生まれて初めて顔見世興行を見てきました。
今年は、生まれて初めて生の歌舞伎の舞台を見て、三度目の観劇で、ついに京都南座まで、たどりつきました。
三度とも片岡仁左衛門さん出演のものでしたが、すべて素晴らしく、素敵でした。
顔見世は夜の部で、元禄忠臣蔵の内蔵助役でした。上演されたのは仙谷屋敷の場。討ち入りが終わり、大目付にその報告をし、後の沙汰を受ける為に全員が、仙谷屋敷に揃って、事の次第を述べるという、ほとんどが、座ったままで、仁左衛門さん演じる内蔵助と大目付役の三津五郎さんの台詞のやりとりで進んで行くという、地味なもの。ともすれば退屈な舞台ですが、二人の絶妙の間合いでのやりとりと、仁左衛門さんの心から発せられる心情、その人となりがひしひしと伝わってくる語り口調、その気持ちをしっかり受け止め尊敬の念を持って対する三津五郎さん2人の見事な演技に思わず引き込まれて涙してしまいました。
長いセリフを淀みなく語るのも、仁左衛門さんの代名詞ともいわれる、口跡の良さが活きていて、必死で聞き取ろうとしなくても、すんなり入ってくるので、気持ちが伝わり易かったです。
男前の仁左衛門さんを見たい気持ちもありますが、今はこういう役をやるのが、ご本人的にはやりがいがあるのでしょう。
仁左衛門さんで私のツボだったところは、
お辞儀している時の、ピンとまっすぐはったお背中。
そしてツルツルの綺麗な足の裏。
花道のすぐ脇の席で、最後に三津五郎さんに声をかけられ、座って深くお辞儀された場所が私の真横で、足の裏が、間近に見えたのですが、素足に草履の足の裏のきれいなこと
あのお年であれほどきれいな足の裏には、惚れ惚れしてしまいました
他の演目も見応えがありました。
我當さんは貫禄ある五右衛門で、とてもいいお声でしたし、秀太郎さんもほんの短い出番でしたが、さっそうとしてかっこよかったです。
実盛も大どんでん返しで、みんな人間味のあるキャラクターで、
子役くんが一生懸命でかわいかったです。
あと、花道を馬に乗って去って行く菊五郎さん花道入口が低いのにどうやって、入って行くのかと心配しながら見送ると、入口の間際で、さっと上半身を低くして、うまく入って行かれました。色々と工夫されているんだなと感心しました。
最後のらくだは、ただただおもしろく、大笑いしてしまいました。
愛之助、翫雀、両関西人の関西弁のやりとりは、息もピッタリで、掛け合い漫才のような見事さ。
二人ともノリノリで、楽しんでらっしゃったようで、客席もドンドン大きな笑い声が出て、それで、さらにのっていくという、いい感じの一体感に包まれた、楽しい幕切れでした。
辛いことがあった今年ですから、笑って年を終えてほしいという、皆さんの気持ちがあったのでしょう。
ほんとに楽しい一日でした。
スポンサーサイト
11:35  |  日々のできごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.11.30 (Wed)

最近の状況

だんだんとこのブログの更新が滞りつつあります。
バレエの公演を見る回数が少ないのですが、
なんだかばたばたして、時間ができたら
録り貯めたドラマなどを見て過ごしています。
ギエムのホープジャパンツアーは東京へ
見に行きました。
ムッルを見るためです。
久々の生ムッルはやはり素晴らしかったです。
わざわざ遠征した甲斐がありました。
田園のできごとは、全キャストとも完璧で
本当にすごい迫力の舞台でした。

ムッルとギエムの表現は言うまでもなく
すごかったですが、
小出領子さんのヴェラが驚きの素晴らしさでした。
ギエムとの対決の場面は二人の感情がむき出しで
ドキドキしました。
ギエムが思わず手を上げたくなるのも納得の演技でした。

次に見る予定は、また東京バレエ団の公演で
ザ、カブキです。
この作品は実は見るのが初めてなので楽しみです。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

16:05  |  日々のできごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.04.18 (Mon)

ガーデニングしてます

あれから、あっという間に日がたっていきました。
結局、都さんのシンデレラは予定どおり、上演されましたが、
私は、東京遠征は断念しました。
東京方面も落ち着いて、交通もそれ程混乱なく、普通どおりな様子なようですが、関西にいたら、そんな情報もわからず、混乱してるのだろうと思っていました。
親戚でもいればそんな情報もあったんでしょうが、テレビや新聞の情報しかない者にとっては、
混乱状態の報道はさんざん見せられ、そのままあとの報道はないので、その状態が、続いている印象を持っています。
テレビ自体が、東京から発信してるので、そこにいる人は、そんな情報をことさら発信する必要性を感じていないのでしょう。
でも、もう落ち着いて普通の生活になっています、と報道がないと、西の方から、東京へ行くのもやめたほうが、いいのでは?と思っている人が多いんじゃないかなて思います。テレビってショッキングな情報だけ、流して
あとはほったらかしってことが多いので、ちょっと問題だなと思ってしまいました。
徐々に戻るとは思いますが、この一ヶ月ほどは東京へ行く人も減って東京の経済も冷え込んでいるようで心配ですね。
バレエは来月BRB公演ですね。まだ予定してないけど東京遠征ありかな?
それと最近はベランダガーデニングに凝っていて、秋に植えたチューリップの蕾が、もうすぐ咲きそうで、桜がやっと一つ花開き、
苗から育てたワイルドストロベリーの花が咲き
秋に咲いた後枝だけになっていた百日紅に新しい芽が出てきて
春だなと実感してます。
今まで何を植えても枯らしていた私にも、ガーデニングができ、愛情持って育てれば育つんだなと嬉しいです。
子育てもほぼ終わり、思いきり愛情を注ぐ対象がなくなり、花たちに愛情を注いでいます。
10:54  |  日々のできごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.03.25 (Fri)

2週間がたって…

あの大地震から2週間がたちました。
テレビ番組も普通の番組を放送するようになり
関西にいると、すっかり落ち着いたかのような
錯覚に陥っています。
でも、被害に遭われた方々は、段々と現実に
目を向けざるを得なくなってきて、地震の直後よりも
つらい状況になってきつつあるのでは?と思います。
今は、本当にしんどいと思いますが、
規模の大きさは比べられないほどとはいえ、
今の神戸を見てもらえたら、自分たちも何とかなるかな?
と、希望を持ってもらえるのではないかと思います。

私も、来週3/31、吉田都さんのシンデレラを見ようと
チケットを購入していたのですが、
こんな状況で、神戸から東京への遠征が可能なのか悩んでいます。
というか、今回はあきらめるべきだろうなと思っています。
東京も、計画停電で電車が運休になったりしているので
土地勘のない私が、行くことに不安があります。
しかも、今回の会場は小田急新百合ヶ丘という
関西人の私には馴染みのないところで、夜なので
もし、帰りに電車が運休になっていたらどうしようもないですよね。
都さんは、ロンドンでチャリティー公演をされているし、
今回も日本のファンを元気づけるために、日本に帰ってきてくれる
だろうし、パートナーの方もロンドンから来てくれるであろうことを
考えると、見に行きたいなと言う気持ちもまだ捨てきれませんが…。
見に行かれる方は、精一杯の声援を都さんたちに送ってきてくださいね。

テーマ : バレエ - ジャンル : 学問・文化・芸術

19:32  |  日々のできごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.03.12 (Sat)

お見舞い申し上げます

いつものことですが、また久々の更新です。今回はたださぼってたのではなく、入院中だった義父が亡くなり、主人の故郷である遠方の島に帰ってその後、色々手続きなどもあり、やっと四十九日になるので、忌明けということで更新しようかと。
昨日は家で仕事中揺れを感じ、揺れは小さいものの、長く揺れたので、これは危ないと不安になり、ネットで見ると東北で震度7、テレビをつけると地震情報始まっており
東京も大変だったようです。
ずっとテレビを見ていますが、津波のおそろしさに、愕然とさせられました。
自分が経験した阪神大震災で怖いのは、地震よりその後の火災だと思っていましたが、津波の恐ろしさは、
想像を絶する光景です。
しかも阪神大震災の時は夜明け前でほとんどの家族が家に一緒にいたというのは、ほんとに不幸中の幸いだったと思います。
今回は、平日の昼間で恐らく家族バラバラで、それぞれがどこにいたかもはっきりしない状態だったでしょう。
しかも地形的に、探そうにも入れない場所が多く、どれだけの人が
不安な気持ちでいるかと考えると
胸がつまります。
私たちはいろんな情報を逐一把握できていますが、
当事者の皆さんがどんな状況なのか、わからず、どうすればいいか、家族の安否をどう確認すればいいか、わからず、ただ不安な気持ちが大きくなっているはずです。
私たちも、自分が被災して避難所にいったものの、一体何があったのかわからなくてとても心細い気持ちでした。
家族が無事で一緒でもそうだったのに、今回の被災した皆さんは
ほんとに過酷な状態でしょう。
一刻も早く家族の安否確認、救出されることを、
心から祈るばかりです。
当事者の皆さんには届かないですが、被災した時は、神戸はもう終わりだなと、真剣に思ったし、私たちの生活も元に戻ることを、想像できないほどの、喪失感を味わいましたが、今は幸せに生活できているので、諦めず、できることからぼちぼち、進んでいけると、希望を持ってほしいなと思います。
16:24  |  日々のできごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT

検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

おすすめサイト

おすすめバレエDVD

東京お勧め宿

最近のトラックバック

天気予報

FC2カウンター

カレンダー

おすすめバレエ本

おすすめバレエショップ

アフィリエイト

リンク

おすすめCD

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。